ひとつだけ(ブレスに頼む願い事の数)

とても小さかった頃、寝る前に「何かお話しして :smile3: 」と父にねだると、父はよく、お釈迦様の話しをしてくれました :smile1:

お釈迦さまは生まれてすぐに、七歩歩いて右手で天を指し、左手で地を指して、『天上天下唯我独尊』とおっしゃったという有名なくだりから始まり、やがて出家を決意して、一人の家来をお伴に従え、カンタカという名前の仲良しのお馬さんにまたがって、パカパカと旅に出るのです :smile1:

それからお釈迦様の修行が始まるわけです・・・と、だいたいこのあたりで眠くなるので、続きはまたのお楽しみ・・・ということになるわけでした。

さて、お釈迦様の誕生についてですが、母君のワキの下から生まれたということを、私が知ったのはずいぶん後のことでした :su2: 私がとても小さかった頃には、父はそのことについては語らなかったからです。

おそらく父なりに、不自然であると思われる部分を意識的に伏せていたのだと思います。 幼いわが子が、「じゃぁアタシもワキの下から赤ちゃんを産む :nikoniko: :!: 」 と決心することを恐れたのかもしれません :nageyari:

私たち姉妹がまだ小さかった頃、父は仕事が忙しく、帰宅するのは子供たちが眠ったあと、ということも多かったので、当然ながら釈迦の壮大なスケールの物語を最後まで聞くのにはかなりの日数がかかりました。 続きを語ってくれる機会がめったになかったのです。

さて、いよいよ釈迦の最期の時。 私はこのお話の中で、ここの部分が一番好きでした :su1: なぜならお釈迦様との別れを嘆き悲しみ、たくさんの動物が集まって、お釈迦様の周りを囲んで泣いたのだと言います :sad:

「動物がみんな集まったんだよ :smile1: 」 「スゴイ :nikoniko: キリンも? 象も? :iyaiya: 」 幼い私は知っている限りの動物の種類を挙げ、父が「来たよ :smile3: 」 と答えると、非常に満足したのでした。

後で考えると、カンガルーなどの有袋類は、おもにオーストラリアに生息し、インドにはいなかったはずです。 しかし、ことがことですから、やはり無理をして駆けつけたのかもしれません。

ところが、1匹だけ来なかった動物がいました :angry: :ooo: それがヘビです。 「だから、ヘビはみんなに嫌われるようになったんだよ :smile1: 」 

ふ~ん :poke-: でも、なんでヘビはお別れに行かなかったんだろう :su2: イメージ的には似ているけど、ミミズやウナギはきっと行ったんだな :su1: だから悪者じゃない :su1:

幼いころ聞いたそのお話の影響か、大人になっても、ものすご~く嫌なヤツがいると、思わず 「アイツ、ヘビみたいだ・・・ :angry: :ase: 」 とつい思ってしまうので、今更ながら幼児教育の奥深さを実感してしまうわけです。

でも、ヘビを神様だと祀ったり、大切にしているところもあるのです。 「そうか、思いこみや先入観を押し通すのもイカンものだな :su2: 」 そのように、大人になってから学ぶことも多いものです。

出生の秘密の部分は伏せられた釈迦の話し以外では、貧しいけれど誠実で善良なニンゲンに、ある時神様が 「ご褒美に、お前の望みを一つだけ叶えてやろう :su2: 」 というお話しもありました。

「ひとつだけか・・・ :gaaan1: :ooo: アタシだったら、何をお願いしよう :confuse: 」 これは究極の選択でした。 小さい時からとても小さかった私は、「大きくなりたい」 ということを切望していましたが、大きくなったら大きくなっているかもしれないわけです :nageyari: 「うむ、ここに使ってはもったいないかもしれないな・・・ :su1:

しかし、なにか一つに決めろと言われると、本当に難しいものです :gaaan3 :ase: 結局 「神様に聞かれなくてよかった :su1: うっかり聞かれないようにしとかなきゃいけないな・・・ :poke-: 」 そう思いながら大きくなったのでした。

ブレスのオーダーを頂いた際、「パワーストーンに託したいお気持ちを知らせてください」 とお願いすると、「あれと、これと、それからあれも、このことも・・・そして金運と健康運と・・・」 とお知らせ下さる方がいらっしゃいます :smile1:

私は神様ではないので、「たったひとつだけじゃ :gaaan1: 」 なんて初めから申しませんから(笑) 思いつくことを知らせてくださることは構いません。 ご希望にそった効果がある石を、出来るだけ上手く組み合わせ、またそれぞれの種類の石が仲良くお互いの力を発揮しながら、そこで相乗効果も期待しつつつ石をセレクトするわけです。 大変ですがやり甲斐があり、ここが私の腕のみせどころだ! と思っています。

と言っても実のところ、そのセレクトに難航して、石を選ぶだけにも数日かかってしまうこともあります :hun: それはあまりに頂いたご希望がとりとめがなさ過ぎて、優先するべきものがないような時です。

先日「絞るメリット☆」でもお話をさせて頂いた通り、「気持ちを絞る」 ことは、私を困らせないからではなく(笑)、実際にご自身にとってとても良いことだとは思います。

小さいころに、よく聞かされたり絵本で読んだあのお話は、もしかしたら 「常に自分の内面をしっかりと見据え、願望を絞り、精進せよ」 という教訓を与えるためのものだったのかも知れません。

ですから実際に、お手元にブレスが届いた時は、まずは気持ちを整理なさって、あなたの思いを絞って石に伝えて頂けたら・・・と願っています :happy:

「あれも、これも、それからあれも・・・」 では、石が迷ってしまうからです。 「どれも大した願いではないってことだな :su1: 」 と判断されてしまうでしょう :ase:

今回のコラボ企画で、Be-Beが協力してくれるマナカードのメッセージは、Be-Beから 「悩み事をひとつだけ」 と堅く言われていました。 でも、お知らせ下さるメールには釈迦の一生並みの長文に、煩悩の数ほどのたくさんの悩みが綴られており、まさかこの中から勝手に私がひとつだけを選ぶわけにはいかんだろう・・・ :deredere: という方もいらっしゃるわけです。

「あの・・・一つにしてください :nageyari: 」 とお願すると、一つの文にこれまた数多くの悩みが書かれたメールが届き・・・仕方なしに、何度もやり取りをさせて頂いて・・・ということがありましたが、「あれと、これと、それからこのことも聞きたいんですよね :smile1: お願いします」 といわれても、マナカードは答えようがないのです :hun: :ase:

ひとつだけ・・・難しい選択ではあります。 でも、一つに絞れば解決の道も見つけられると思うのです。 同時にたくさんの道を一度に走れと言われても、人は一本の道しか走れないわけですから・・・。

ひとつひとつを片づけてゆこう :smile3: そう思うだけで、多くの悩みが絞れます。 それは解決の早道ではありませんか? :happy: 開運の方法でもあるような気がします :kirakira:

ところで、下の枠は一つと言わず、両方ぽちっとして頂けると嬉しいです :nageyari:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

Be-Be9月 11th, 2009 at 12:59 AM

ごきげんよう♪お姉さま♪お父様の語るあのお話は私も大好きだったわ~ :nikoniko:
私達の父親って確かお坊さんになれるらしいよ,,,,
お姉様ご存知でした?

それと、お悩みは一つでお願いします…..一つに絞る事が解決の近道なのです :su2:

aya9月 11th, 2009 at 2:10 AM

Be-Beさん

ええ、存じてたわ :smile3:
もし父が出家する際には、2人で馬をプレゼントしましょうね :happy:
カンタカ2号 :smile1: きっと、ウキワちゃん並みに父になつくと思うわ :smile3:

Leave a comment

Your comment