ハワイの魔法の石の癒しパワーと、お願い事の仕方

突然の予定外のお泊り‼ それで、ハワイからお家に帰るのが1日延びちゃったのです。 (思いがけないその成り行き、是非アメブロをご覧になってくださいまし♬「突然のお泊りに動揺!」

昨日は5時起きで空港に向かい、ようやく帰国できました。 「まだ帰りたくないよ~」と思いつつ、自宅に戻って玄関を開けたら、ウキワちゃんの大歓迎を受けて、嬉しくなりました♬ 迎えてくれる人(犬)がいるって、お家に帰る意味と幸せなのかも。

それにしても…。 思ってもみなかった予定外のことが起こると、思わず「もう、ツイてないな〜!」なんて思ってしまいがちだけど、もしかすると本当は私が知らないだけで、見えない力によって守られたり助けられたりしてるのかもしれないなぁ…なんて、ふと思ったりしたのです。

予定外に起きたことで、さらに想定外のことが連鎖的に起こったとしても、もしかしたらそれによって、大きなリスク回避になっていたりするのかもしれません。

私達って、所詮、我が身に起きた事でしか物事を捉えられないし、自分の価値観でしか判断できないものですからね。 でも、「ツイてないんじゃない、守ってもらえたのかもしれない。」って思うだけで、嫌な気分が感謝の気持ちに変換できたりしますよね。 そのとたん、落ち込み気味だった気分が、ハッピーに変わる気がします。

さて、今回のハワイでも、とても素晴らしいパワーチャージができました。オアフ島のヘイアウ(ハワイに点在する、特別な聖地です)をはじめ、訪れるパワースポットは、いつもはあえて公開することを控えているのです。 別に教えたらもったいないとか、独り占めしたいってわけではないのです、そのわけは過去ログの「パワースポットのご紹介について」で詳しくお話ししております。

でも、今回はみなさんがハワイに行った時、どなたでもとても簡単に訪れることのできる、その割には意外と知られていなかったりする、特別なスピリチュアルパワースポットを、今日はラブスピ仲間のマナ友ちゃんたちに、ハワイからのお土産プレゼントとしてご紹介しようと思います。 何しろ、とてもパワフルなスピリチュアルスポットで、そのパワーはとても強いのです。

昔し昔し、ハワイは無人の島だったといわれています。 そこへ、タヒチなど、太平洋に浮かぶ大小の島々からなるポリネシア人たちが、手作りの航海カヌーで海を渡りやってきて、この素晴らしい楽園「ハワイ」に住むようになりました。 だから、いまでもハワイ語や、タヒチ語、サモア語などポリネシアの言語はとても似ているのだそうです。

伝説によると、16世紀にタヒチから、とても癒しの能力の高い4人のカフナ達(よく「祈祷師」と訳されていますが、医者であったり学者であったり、何か専門的な知識や技術、能力を持った人達のことです)がオアフ島にやってきました。 彼らはそこで、たくさんのハワイアンたちを癒し、その方法も伝えたのだそうです。

やがて、4人のカフナ達がタヒチへと帰る時、何千人ものハワイアンたちは、ワイキキから3キロ以上離れたカイムキというところから、4つの大きな石を人力だけで一夜にしてワイキキに運びました。 どうやってそんなことができたのかは、いまだに謎なのだそうです。

カフナ達は、それぞれの石に、自分の名前である「カパエマフ」「カハロア」「カプニ」「キノヒ」の名前を付け、ひと月以上もかけて石に「マナ(霊力)」を注ぎ込みました。 この4つの石は、今でもなお、人々の病を治し体と心を癒す、強いパワーを持ち続けているといわれています。

大勢の人たちが海水浴や日光浴を楽しむワイキキビーチの砂浜に、この「魔法の石」はあります。 今は黒い鉄の柵で囲まれていますが、実は以前は、ワイキキビーチ沿いの道路に近いところに、大きな4つの石が無造作なカンジに置いてあるって印象でした。

日中は、まぶしい太陽の下、ビーチに刺さったたくさんのカラフルなパラソルが賑やかな砂浜で、水着姿で思うままに寝転んだり、歩き回ったりしている大勢の人たちが行きかう中、ただ静かにじっとそこに佇む、黒々とした大きな石の不思議さは、私にとってはとても気になる存在でした。 私の石使いの心がこの石達に共鳴していたのかもしれません。

でも、とても大きな石なのにもかかわらず、けしてその存在を主張せず、むしろあまりに当たり前のようにそこにあったので、ワイキキビーチを訪れたことがある人でも、石の存在を気にしていなかったり、全く記憶になかったりという方も多かったかもしれません。

特別なスピリチュアルスポットであるにもかかわらず、観光客たちは、この石に寄りかかって写真を撮ったり、登って遊ぼうとする子供がいたり、荷物を置いたり、あろうことかここに脚をのっけて日焼けオイルを塗ったりする人までいたり(‼)と、良い言い方をすれば、人々とはとても近しい関係にあったのです。

ハワイが観光地として人気を集め始めたころから、世界中からたくさんの人たちがハワイの癒しのパワーを求め、ここへ集まってくるようになりました。 おそらく、その頃からだんだんと、ワイキキビーチに置かれた特別なこの癒しの石の伝説や意味を、知らない人が増えてしまったのでしょうね。

多くの人たちを癒し続けた魔法の石は、近年になってその歴史や存在の意味が改めて知られるようになり、4つの大きな石の周りには鉄の柵が作られ、何というか、ずいぶんと特別なカンジになりました。 だから今は、この石のことをまったく知らない人でも、「何か特別な意味のある石なんだな」と感じることかと思います。

正直なところ、以前のような親しみ深さはなくなってしまったのだけれど、その分、大切に守られ、今はハワイ州の許可を得た方が祭事の時にのみ、この柵の中に入ることを許されているのだそうです。 特別な石ですから、きちんと管理されて守られていることに、安心しますね。

このワイキキの魔法の石は、「カフナ・ストーン」とか「ウィザード・ストーン・オブ・カパエマフ」と呼ばれ、人々のあらゆる病気を治し、体や心を癒してくれるだけでなく、お願い事も叶えてくれるといわれています。 恋愛のお願い事や、生涯のパートナーに引き合わせてほしいという願い事など…。

もし、ここを訪れてお願い事をしたいと思う方がいたら、できればお花のレイ(首飾り)を捧げてくださいね。

ところで、この場所に限らずですが、スピリチュアルスポットを訪れ、お願い事をする時には、是非守ってほしいことがあります。

まず、けしてその場を荒らさないこと。 靴で踏み散らかす、ごみを残してゆく、嬉しくてはしゃぎまくってしまう…なんてことはやらないようにしましょう。

次に、けしてその場所のものを持ち帰らないこと。 これはほんの小さな小石ひとつだとしても、必ずお守りいただきたいことです。 「せっかく来たから記念に…。」とか、「ちょっとしたものを何か拾ってお守りにしよう~!」なんて自分勝手な気持ちにはならないでくださいね。

ただ、汲んで持ち帰ることでご利益があるといわれるお水や、そこにある何かを持ち帰ることでご利益があるといわれているものに関しては、もちろん持ち帰ってokです。 ただし、その時にはできれば必ず、お礼としてのお金(お賽銭というか、浄財)を置いて帰るようにしましょう。 これは、その場所がきれいに保たれ、地元の方々によってきちんと管理してもらえるという意味合いでも大事なことですし、訪れたご縁に感謝する意味でも、大人としての気配りとしても、是非忘れないでいただきたいことです。

最後に…。 お願い事をするときは、身勝手なお願い事や、人を傷つけたり不幸にするようなお願い事は、ご自分のためにも絶対にやらないようにしてください。

私達は、所詮、我が身に起きた事でしか物事を捉えられないし、自分の価値観でしか判断できないものです。 実際に目に見えたり、道理がきちんと説明できるものしか、現実のこととして考えることができません。 だけど、私たちが知らないだけで、本当は見えない特別な力によって、守られたり助けられたりしてるのかもしれないのです。

ハワイには特別な癒しの力があると、以前から私も身をもって強く実感しています。 だれもがその癒しを求め、世界中からこの素晴らしい楽園を訪れます。 そして、一度訪れたらまた必ずここに戻って来たいと強く望まずにはいられないのは、何百年もの間、ワイキキで人々を癒し続けている、この魔法の石の力なのかもしれません。

数日前、BeBeと一緒にここを訪れ、ご挨拶をしてきました。 私たちを通じて、ワイキキの特別な癒しの力をみなさまへお届けしたいと思います。 もし今、病気で悩み、苦しんでいる方がいらしたら、この石からのパワーによってすっかり治りますように…。 日々の雑多なことですっかり疲れている、あなたの体や心が優しく癒されますように…。

今日の応援、どうぞよろしくお願いします。 【人気ブログランキング】と 【天然石】のボタンをぽちっ!とお願いします♫ 今日のランキングは私の頑張るモチベーションになってま~す!!

彩のアメブロ『石つかい彩(Aya)のブログ-Seeds of Happiness-』も更新してます♬

鮑義忠先生のブログ

BeBeのブログ

■彩 監修 占いアプリ 【本気で“恋叶う”キセキの恋愛占い-彩(Aya)】

https://itunes.apple.com/jp/app/id1010573645

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Leave a comment

Your comment