不平等、不公平の不満

先週、ずっと胃腸の調子が悪かったのがようやく落ち着いてきて、ほ~っとして、「さあ、活動開始だ~!」と思ったとたん、今度はひどい喉の痛みに熱、そして咳…。 風邪だ~‼ もしかすると、これが全部、今回の体調不良の一連の症状だったのかも…‼

熱といったって、せいぜ38度程度くらいまでしか上がらないので、インフルエンザではなさそう。 しかもあまりに忙しくて寝ている場合ではないので、自宅の中でもマスクをして、重くつらい体を引きずりながら働く働く、ひたすら働く。

ここ数日、自分の仕事にはいっさい関われないほどに、自分の仕事以外のほんとにたくさんのことが、私一人に全部押し付けられていて…しかも誰も少しも手を貸してくれないという(涙)、あまりに理不尽な状態に、ただ黙々とひたすら歯を食いしばって耐え抜き、頑張り通してきたもので、ようやく昨日それがひと段落した時には、体調不良も手伝って、もうその場にヘナヘナとへたり込んでしまうくらいに疲れ果ててしまっておりました。

もうね~、机をでんぐり返して暴れたいくらいにうっぷんがたまった(笑)

といっても、暴れたところで改善なんかなされないことが分かっているし、我慢するしかないので、いっさい文句も言わずに堪えているのだけれど。 昔から思うのだけど、こういう我慢はたまりにたまったら、いったいどういう形になってどこにいくのでしょうか。

私、世の中って、本当に不公平だと子供のころからよく思うのですよ。 神様は平等に人を見ているんだよ、とおっしゃるかたもいるのだけれど、もちろん、それを真っ向から否定する気はなくて、おそらく何らかの形では(目にはみえないようなことで)きっと平等になっているのかもしれないんだけど、その人それぞれに起こる事象や、世間の処遇など、本当にまったく平等なんかじゃないよね。

極端な話し、同じ家庭の中に住む家族であっても、全然平等でなかったりするくらいだもの。

今日、ある方が、「うちの末っ子は兄弟の中で一番勉強はできないけど、性格は一番良いよ。」っておっしゃるのを聞いて、私、なんだか他人事ながら涙が出そうになりました。

どこのおうちの親御さんも、なぜか不思議なことに、たいてい上の子よりも下の子のほうが可愛いという方が多いのね。 3人以上子供さんがいらっしゃるところなんか、特に一番下の子が可愛い!と大多数の親御さんがおっしゃるの。 もちろん、私の周りの方がたまたまそうなだけかもしれないんだけど。

いいのいいの、かわいくていいんだけど、そういうおうちに限って、上の子供さんってわりと成績優秀で、物わかりのよい手のかからない子供さんだったりするもので、下の子供さんは、わりときかん坊だったり、お転婆お嬢ちゃんだったりして、なぜか上の子供さんよりは、お勉強が好きではなかったりする方が多い気がするのですよ。 これも、たまたま偶然にそうなだけかもしれないけど。

「手のかかる子ほどかわいい」とか「出来の悪い子ほどかわいい」なんて、昔から言われるものだけど、聞き分けの良い子のほうが可愛がられるというわけではなく、親というのはやはり、天真爛漫で、なかなか素直に「ハイ」とは言わないような子供に、「もう! 仕方のない子‼」なんて言いながら、特別に愛情を感じるものなのかもしれませんね。

親御さんの感情は、ちゃんと子供さんにも伝わるから、だから余計に上の子は親に対して大人の対応として、つかず離れずの距離を置こうとしたりします。

その点、下の子はいつまでも親に対して無邪気に接するから、余計に仲良し関係が強まったりするものです。

とは言っても、何かあった時に、親が頼りにするのは意外に上の子だってことが多くて、親とはいえども所詮、人の子なんだよな~なんて、客観的視点でいつも私はそんな風に思ったりするんですよ。

「わりと、どのおうちでも、親御さんは末っ子が一番かわいいって言って、なにかと特別扱いする方が多い気がするのよ、それだと上の子は損だと思うの。 お姉ちゃんのことも褒めてあげてね。 お宅のお姉ちゃんは、美人で優秀ですごいじゃない!」と言ったのだけど。 なんだかそこのおうちのお姉ちゃんがお気の毒で、自分が上の子の立場だから余計に身につまされちゃったのかもしれないけど、なんだかホントにちょっと悲しくなっちゃった。

そういえば、以前、あるテレビ番組をたまたま見かけたとき、「へ~、そうだっんだ~!」と思ったことがあったのですが、スケートの浅田姉妹のお姉さんの舞さんは、妹の真央ちゃんがスケートであまりに天才ぶりを発揮して、自分の居場所がなくなってしまい、グレてしまった時期があったのだそうです。

姉妹で何か同じものを極めようとする(させられる)と、その差がはっきりと表れてしまった場合、本人達よりもむしろ周りから、「勝ち負け」で判断されやすいものです。

そうなると、姉妹の間に無意味な優劣が作られてしまう。 それって、何とも不幸なことだと思います。

実は私達、Aya・BeBe姉妹の場合は、小さい頃から性格も、得意なこともまったく違っていました。 母は、一応私に習わせたお稽古事は、同じように全てBeBeにもやらせようとしたみたいだけど、言われたことに反抗せず、「はい。」と黙って従う姉とは違い、妹のBeBeは嫌なことは「嫌だ!」と言える性格でした。

姉の時と同じように、我が子にやらせたいことは自分が決めるもので、子供はそれに黙って従うものだと思いこんでいただろう母は、きっとあの当時、「一体どういうことなんだ、これは‼」と、下の子の子育てに混乱の連発だったに違いありません(笑) そういう意味では、母の教育をBeBeが行ったと言えるかも(笑)

それぞれの家庭の方針や事情があるので、表面的なことだけで言えるものではないのですが、はたから見ていて客観的に、どう考えても兄弟や姉妹が、親から不公平な待遇を受けているのでは…。 と感じられることがあります。 よその家庭のことなので、もちろん他人が口出しをする問題ではないのだけれど。

ひととき、よく浅田真央ちゃんのライバルとして比較されがちだった、韓国のスケート選手キム・ヨナさんは、聞いた話によると、以前はお姉さんもフィギアスケートをなさっていたのだけれど、家庭の金銭的な事情で、才能のある妹のほうにスケートをやらせようということで、お姉さんはスケートをあきらめることになったのだそうです。

兄弟で同じようにされた人が不幸な場合と、同じにされなかったことで気の毒と思われる人もいる。

真相は…。 本人にしかわからないことですよね。

本日の応援、よろしくお願いいたします♬

『マリナー・オブ・ザ・シーズ』上海フライ&クルーズパッケージのご案内です。

lovesp2

■ツアー概要
・出発 2016/5/6(金)横浜港
または 5/7(土)神戸港
帰国 5/10(火)または 5/11(水)

・旅行代金 95,000円~(※)
※1.旅行代金は、プランによって異なります。
※2.旅行代金とは別に諸税・船内チップ・燃料サーチャージ等がかかります。

お申込み、お問い合わせは「コチラ」からか、「Ayaにメール」から、いつでもどうぞ!!

今日の応援、よろしくお願いいたします♪

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Leave a comment

Your comment