女のくさったような…

「女の腐ったような…」というのは、具体的にどういうものかというと、大辞林によれば、「ぐずぐず言って態度のはっきりしない男をののしっていう言葉。」なのだそうだ :su2:

今日のタイトルに、「女の腐った…」と書こうとしたら、どうもグロテスクな怪しい感じがして、不気味で、なんか犯罪の臭いがプンプン漂うイメージになったので、あえて、ひらがな表記にしてみた(笑) それにしてもだ、「腐った女」っていう言い方なんだけどさあ… :su2: :ooo:

これって、昔の日本の「男尊女卑」的思想が顕著に表れてる言葉だと思うのよね、だって順番からいうとあきらかに、
一番:男
二番:女
三番:女が腐ったみたいな男
ってことだから、女は男よりも下。 だけど、「ぐずぐず言って態度のはっきりしない男」は女以下だぞ、という意味なんですもん :su2: :ooo:

だけど、「女よりもヒドイ男だ」という、「男と比べると、女はもともと出来が悪いもの」だと言わんばかりのこの表現、なんとも腑に落ちない :su2: 何でシンプルに、「腐った男」じゃダメなのだ? :su2: :hatena: 私には、男性と比べて女性がみんな、「ぐずぐず態度がはっきりしない」とは思えないんだけど。 

男性以上に行動的で、サバサバと決断力のある女性を私はたくさん知っている。 むしろ、世間には、なんか煮え切らない態度ばかりをとる男性って、意外と多いような気がするんだけど… :su2:

ちょっと喩は悪いかもしれないけれど、思いつく例を挙げるならば…離婚を潔く決断した女性を大勢、私は知っているけれど、それにくらべて、自ら離婚を決断する男性は、格段に少ないような気がする。 家庭や妻の態度には大いに不満があるといつも「ぐずぐずと」こぼしながら、家庭と不倫相手の女性をけして両方手放そうとしない煮え切らない男性を、(失礼!)私は結構知っている :su1:

これは、「家庭に対する責任感」と言ってしまえば非常に男らしく聞こえるけども、単に「ぐずぐず言って態度のはっきりしない」とも言えるのではないか? しかも、両方握って手放そうとしないなんて、ある意味ズルくて卑怯だぞ?(笑)

あ、でもでも、これってあくまで、離婚を推奨している意味はありませんよ 8-O :!: ましてや、今日の話題は、不倫への肯定や否定についてのお話しでもなく、今日は「女の腐ったようなヤツ」について語っております :smile1:

何が言いたいかと言うと、男性がみな常に強くたくましく、弱音は吐かず、病気にもならず、決断力が高くて行動的で、高い身体能力と強靭な精神力を持っていて、仕事の能力も女性に比べて格段に高いわけではないような気がする。 個人差があるにしても、そこを女性と比較したら、必ずしも女性が劣るってことは、ない気がするのよ…。

私はけして、声を嗄らして男女同権を叫ぶ気はありません、昔からずっと。 むしろ、男と女は別物だから世の中が楽しくなるんだと思ってます。 男性と女性が同じじゃおもしろくない。 考え方も生き方も、男女それぞれの特性があるわけだから、それぞれがその役割を果たすことがベストなんだと思う。 だからこそ、そもそもどっちが上ってもんではないんじゃないかと…。

「男勝り」って言葉があるけど、これは、「女なのに」気が強くて、男性を圧倒するほど活発で行動力がある女性に対して言う言葉。 何だかこの言葉には、「女のくせに」というニュアンスを強く感じて、これまた「女は男と対等ではない」ことが前提となっている気がする。 

確かにガサツで乱暴で、人を押しのけようとしたり、自分が勝っていないと気が済まないっていう女性も世の中には存在するけども、一般的に活発で実行力ある威勢のいい女性は、ヘタレな男よりよっぽど魅力的だし、セクシーな人だなって感じる人が多い気がする。

何が言いたいかと言うと、「男は男らしく」、「女は女らしく」それぞれの良さを発揮できるように努力すればいいわけで、何もどっちが優れてるとか、どっが上か下かってことに持って行かなくてもいいんじゃないのかなって思うのよ。

先日ね、ある「ヒーラー」を名乗る人とちょっとした世間話をしたの。 この方が男性だとも女性だともあえて言わないけれど、この方は、自分と母親の関係は「カルマ以外の何ものでもない」とか、「あの人が母であることを受け入れ、許していくことで、自分が成長できるのだと思う。 でも、なかなか認めることができない。」とかと言っている人で、ご自身のお母さまとのけして円滑ではない関係を、常日頃から公言している人です。

で、ちょっとした世間話のついでに、「わかるよ~、母と子の関係って、きっと何か大きな学びを与えられてるんだと思うのよ。 私も、母と一緒に暮らしているからよくわかるけど、親も年をとってくると、それはそれでいろいろあるし、大変だなぁって思うことがたくさんあるものね~ :smile1: 」というようなことを言った。 確かに言った :su2:

そしたら、「彩さんったら、自分のお母さんのことを、そりゃ酷くののしっていたよ~ :roll: :!: 」と、言いふらされた :ooo: :angry: :ase:

おいおい、私は何もそんなことは全く言っていない。 そもそも、妹のBeBeを含め、私と私の家族の関係については、昔から、特に確執等の問題は何もないことなど、私や家族を知る人は、みなわかってくれていることです。 だから、その本人に訂正することをあえて申し出る気もないし、それを否定するのに奔走する気もないけれど。

ただ、少なくとも、「ヒーラー」を名乗るのであれば、「人を癒す」ために、「どうぞ私の体を使ってください :smile1: 」と体や能力を差し出せる人なんだと私は思っている。 (もちろん、そのために時間と体と能力を使うわけだから、料金が発生するのは然るべきです。) でも、そんな立場の人が、セッションの場ではないにしても、ちょっとした会話の内容を、さも私が悪意を持って語ったかのようにふれ回るって、いったいどういう神経なのかと、その人の人間性を疑った。 

「他人の心の闇を聞き取れる能力のある自分って、スゴイ :smile3: :!: 」とでも言いたかったのか、「彩さんって人は、母親の悪口を言うような、心の狭い女なのよ :smile3: :!: 」とでも言いたかったのか、真意のほどは私にはわからないのだけれど、いずれにしても、その人に対しては、正直失望しちゃったな。

つまり、男だからいいとか、女だからダメだとか、人間としての行動は何も関係ないと思うのです。 「人としてどうあるか」とか、「人として、他人とどう関わるか」ということが大切なんじゃないのかなあ。

とにかく、そういった人としての在り方、生き方や考え方が正しく、美しく、優しく思いやりがあって、まっとうに生きて行くことを目指すことに、男も女もないと思うのです。 男であろうと女であろうと、他人を傷つけることは良くない。 そして、本当の強さって、人に対する優しさが持てることであるような気がする。 そのためには、女だって、ある意味、男以上に強くなければいけないのではないのかしら?

 オヤジって言われても負けないぞ!!

今日の応援、よろしくお願いします :smile3: :!:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

ひろこ6月 6th, 2014 at 8:36 PM

負けないで!

ももおばさん6月 6th, 2014 at 8:36 PM

Aya 様

いつも楽しくブログ拝見させていただいています。

Aya様、頑張れ!!負けるな!!

本当に平気でうそをつく、人を陥れようと画策する人はいますね。
そして情報を泥棒する人もいます。
そんな卑怯な人の情報操作など気に留めず、素敵なAya様でいてください。応援してます!

そして、いつもの素敵な作品見せてくださいね。楽しみにしています。

Aya6月 7th, 2014 at 10:33 AM

ひろこさま

はいっ :iyaiya: :!: ありがとうございます :smile3:
怒りをあらわにジタバタするほうが見苦しいかなぁって…
その人を知る良い機会になったと思うことにします。

Aya6月 7th, 2014 at 10:41 AM

ももおばさんさま

ありがとうございます :sad2: :heart2: 頑張ります :!:

もうホントに… :ooo:
カタガキがヒーラーだとかって聞くと、安心するというか
「受け入れてくれるんだろう :smile1: 」って無防備になっていたかも… :ase:
はじめから人を疑ってかかるというのは残念なことですが、
疑うのではなく、冷静に客観的に人を見て判断することって必要なんですね~ :su2:
そういう人って、良く見ていたら、ちょこちょこ本性をのぞかせているかも :su2:
何だかとても勉強になりました~。

Leave a comment

Your comment