悪気のなさの再確認

ウォルマートで真剣にワインを選んでいたら、素敵なオジさまに「ワインが好き? だったらこれを是非飲んでみて :smile3: リーズナブルなのに味は保証するから、ゼッタイ :wink: 」とウインクされた :smile2: :heart:

アントニオ・バンデラスばりのセクシーオヤジにそう言われたんじゃ、そりゃもう二つ返事でYesYesでしょう :su2: それよりなにより、見てよこのお値段 :!: 3ドルもしないなんて、300円程度のワインよ
:smile2: :kirakira:

セクシーオヤジのアドバイスに従って、早速このリーズナブルなカリフォルニアワインを買って帰りました :smile3: ワインに限らず言えることだと思うのですが、高いものが良いのは当たり前、安くて良いものををセレクトできるっていうのが本物の大人のカッコ良さだと思うのです :smile2:

それにはたくさんの物を、安いものから高いものまで知り尽くした経験知が必要だし、たくさんの失敗も必要だしね :smile1: そんなたくさんの経験を身に着けて、たくさんの知識を持っていて、ものの良し悪しや価値の判断ができる人って、ホントに素敵だと思うんです :smile2:

高いものが良いのは当たり前のことなんです。 良いものにはそれなにの理由があります。 手間ひまや莫大な時間、そこに携わる人の手や愛情、作りあげられるまでにかかる様々な費用など。

もの作りって、そういうものだとおもうのです。 価格に見合った価値が判断できる目ってとても大事。 そして、使う側の条件に見合った価値と価格の判断ができることって、すごく大事なことですよね。 

さて、セクシーオヤジのウインクつきのおススメワインですが、早速お部屋の冷蔵庫で冷やしてテイスティング :smile1: お部屋のキッチンの引き出しにはいっているワインオープナーを使って、するすると栓を引き抜きます。 

思えば私がまだ駆け出しの子猫だった頃、ワインのコルクを自分で抜くことができなくって、一人ではワインを飲むことができませんでした(遠い目・・・ :roll:

その当時、私がワインに興味をもつきっかけと、入門の知識をレクチャーしてくれたとても素敵な殿方がいらっしまいました。 その方に、「彩ちゃん、自分で開けられないならワインを飲む資格はないんだよ :smile1: 」といわれたのですが、すぐに子猫の前足でも簡単に開けられるドイツ製のワインオープナーをプレゼントしてくださいました :smile2: :heart:

そのお陰で、わたしは自宅でもワインを楽しむことができ、そうして今にいたっているわけです :nikoniko: 今では本格的なソムリエナイフを手に、簡単にワインのコルクを抜くことができるようになりました :happy: これもまあ、大人の女性のたしなみってやつです(笑)

で、このワインを実際にテイスティングしてみて、もうビックリ!! こんなシャルドネワインを飲んだのは、人生で初めてでした 8-O スッキリとした酸味のある、どちらかというと軽やかな味わいが特徴のシャルドネワインなのですが、これはものすごくパンチの効いた濃厚な味 :!:

印象としては、ペリエのつもりで飲んだら、オロナミンCだったってくらいの衝撃で、「こんなの、初めて~ :iyaiya: :!: :!: 」としか言いようがないってカンジです(笑) 美味しいとか不味いとかいう評価のレベルではなく、私の知るシャルドネの常識を完全に振り切った感じ :su2: :!:

つくづく、人の好みって様々で、自分の知識や経験の範囲などほんのわずかなもので、世間って広く、未知の部分って無限に広いのだと言うことを学びました :kirakira: サンキュー、セクシーおやじ :smile2: :heart2:

さて、恒例の私達姉妹のハワイステイですが、特別な満月のパワーチャージという大きな目的はあるものの、忙しい毎日からほんのひととき抜け出して、リラックスして、新しいエネルギーをチャージするというのも目的です。 そのために、渡航前には普段にもまして寝る間を惜しんで頑張ってきました。

特にBeBeはこの期間、「オフです :smile2: :onpu: 」とみなさんに告知しているので、彼女にとってもほんのひとときの貴重な稀少なオフタイムなんです。 だけど、こちらに来てみたらやはりなかなかそうはいかない :nageyari: 緊急のご連絡やご相談は仕方がないとしても、別に今ではなくても良いようなことの対応もあって、結局ゆっくりは休めないのが現状なのかなってカンジです。

早朝からのチャージを予定しているのに、こちらの時間での深夜に渡ってメールの対応をしていると、結局ほとんど寝るまもなく出かけなくちゃいけない状態で・・・。

せっかくのハワイだから、雑多な用事に煩わされることなく、何も考えずにリラックスして、しっかり充電してもらいたいな~というのが姉ゴコロ :smile1:

そういえば、以前、私の知人の女性から、「魔女っ子BeBeちゃんは元気?? :smile3: 」って聞かれて、一瞬固まってしまったことがあります。 明らかに私の表情が固まっちゃったと思うので、異変は相手にもわかっちゃったかも・・・というのが、BeBeは昔から「魔女」呼ばわりされるのが大嫌いなのを、私はよく知っているからなんです・・・。

あの子は小さな頃からちょっと変わった子でした。 ちょっと妙だと思えるようなことを口にしたり、どうかするとそれを「気持ち悪い :angry: :ase: 」というような人もいたりして、だからBeBeは「魔女」という言葉にとても敏感です。 それで小さな頃から、とても嫌な思いをたくさんしてきたから。

「魔女っ子BeBeちゃん :nikoniko: 」と言ったその人も、全くの悪気はないのです。 何しろBeBeの能力を信頼して、とても頼りきっていた人でしたから。 でも、あまりにBeBeの言うことがズバズバと的確で、知るはずのないことまで指摘され、それでご本人は「BeBeちゃんには助けられたわ~ :!: 本当に有り難いと思ってるの :smile2: :!: :!: 」と言いながら、BeBeのイメージと言うのは「魔女っ子」なわけです。

だから、彼女の能力に対して「怖い :nageyari: 」という言い方をする人に対しても、BeBeは敏感に反応します。 言っている側は「自分のことが何でもわかっちゃったら、なんだか怖いな~ :nageyari: 」って言う意味合いで言っていて、本当にBeBeに対して悪気はないのです。

でも、何も危害を加えるつもりもなく、仲良くしたいなと思っている人に、自分のことを怖がられて、いい気がする人なんていないと思うんですよ :nageyari: :ase:

「怖~い :nageyari: 」なんて無邪気に言われることで、BeBeは内心結構傷ついているのです。

感覚の違いと言えばそれまでです。 悪気がなくて、相手が傷つくとは夢にも思っていないから、無邪気に言っちゃってることや、相手が不愉快に感じるなんて全く想定外だから、無邪気にやっちゃってることって、じつは結構あったりするのかもしれません。

それが相手の心の中に、土足でどかどかと踏み入るようなことをしたり、無邪気に言ったりやったりしていることが、相手にとってはぐっと歯を食いしばる思いで辛抱してくれていることだとしたら・・・。

むしろ、親しい中にこそ、相手のことをわかってあげようとする配慮は必要で、相手にとってストレートに自分の感情を伝えるばかりがコミュニケーションではないのだということを、改めて再認識しなくちゃな、そんな気づきを与えてくれる、素敵なハワイステイです。

みなさんも、楽しい週末をお過ごしくださいね :smile2: :kirakira: 本日の応援、どうぞよろしくお願いいたします。

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

5月 25th, 2013 at 3:08 AM

あや様、

おいしいワインやおいしい食事で、素敵なバケーションを楽しまれてる思ったら、いろいろとお忙しそうで。。 :poke-: 電源きってしまえ〜 :onpu: :onpu2: って訳にはいかないのでしょうか。 :(

BeBe 様の力はすげ〜、かっこい〜!私も〜!と尊敬が止みません。。きっと、小学生の私でも感動していたでしょう。でも小さい女の子に「魔女」って言葉はキツいと思います。。言ってはいけない事、沢山ありますよね。そして言ってはいけない相手とか。。私の知り合いのばb、いえ奥様は、5歳の娘さんに旦那や姑を始めいろいろな人の悪口を言ってますよ。。それもあってか、娘さんは母親が帰ってくると嫌がってます。「お母さん、いや。なんで帰ってくるの」だそうです。

「怖〜い」って言葉、聞くと呆れてしまいます。。本当の「怖い」を知らないから軽々しく言えるのでしょうね。。

残りのハワイ滞在、楽しんで下さい〜! :wink:

Aya5月 25th, 2013 at 9:30 PM

明さま

そうですよね~、子供の間で、あだ名をつけること自体が差別やいじめにつながってることって多いらしいです。 

考えたら、ちゃんとした名前があるのに、なんでわざわざあだ名をつける必要があるのかなって気もしますよね :su1: :ooo:

辛い思いをしたから、BeBeも強くなったのだと思うんですけど、やっぱりいまだに「魔女」とか「怖い」って言葉には過敏です :ooo:

そう言えば、私の知人も母親が子供さんにさんざん父親の悪口を吹き込んでいる人がいます。 理由はご主人を悪者にすることで、子供さんを味方にしたいから・・・
何で家族で敵味方にならなくちゃいけないの???って思います。

毒吐きBeBeちゃん6月 2nd, 2013 at 2:49 AM

彩様&明様
ふたりともお優しい・・・ありがとうございます。
ふたりとも愛してるわ・・・・キモい?

お礼に今度、冷たい焼き飯を作ってあげる・・・(美味しくなさそうそれ・・・)

「魔女」って言った人は悪気ないと思う・・・とか、可愛い意味でいったんじゃない?的な事、きっとみんな思うんだろうけど・・・悪気ないのが一番悪いんだよね・・・悪気ある方が「謝れ〜!」とか「恨んでやる〜!」とか言えるからまだマシ!
そういうつもりで言ったんじゃない!とか悪気があって言ったんじゃない!とか・・・後になってフォローされても魔女にされる奴の身になってみろ・・・可愛く小さな”つ”と”子”をつけて魔女っ子にアレンジした所で・・・結局”魔女”付いてるじゃん・・と大人になってもまだ怒りは消えない修行不足なあたし。

Aya6月 3rd, 2013 at 8:47 PM

BeBeさん

他人から、「まぁまぁまぁ、あの人も悪気はないんだから :smile3: 」って言われるのも、あたくしとても不愉快な気持ちになりますのよ :su2:
「相手には悪気がないのに、怒るほうが悪い」といわれているようで、非常に納得がいきません :su2: :ooo:

悪気がなければ許されるという発想は、
大人の社会では本来通用しないものなはずです :su1:
人として、相手の気持ちまでくんで発言や行動をすることが当然なのですから…。

Leave a comment

Your comment