本命におすすめのチョコレートブランド♫

久しぶりのお天気です :smile2: :hare: 気持ち良いあたたかな陽気・・・ :smile3: 春の予感でわくわくさせてくれるこんなお天気と、逆戻りのお天気を繰り返しながら、だんだんと季節は本当の春に向かってゆくんですよね~ :happy: :onpu2:

さて、昨日は午後からバレンタインのギフトのお買い物に出かけました :smile1: 普段お世話になっている方に、お礼の気持ちを伝える意味で、ほんのちょっとした心遣いを届けるのには、バレンタインデーって、とっても便利な日です(笑) :smile3:

私自身が、普段甘いものをめったに口にしないこともあり、自分の為にお菓子を買うことはまずありませんが、たま~にチョコを買いたくなった時は、普段買うことがない代わり、あえて見た目も美しくて、使っている素材も厳選されているものを選びます :smile2: ちょっと贅沢しちゃって「ボンボンショコラ」をちょっとだけ :smile3:

著名なショコラティエの作る、ちょっとした芸術品にも見えるほどの美しい「ボンボンショコラ」は、一個のお値段が、どうかすると有名なパティシエの作るケーキのお値段と変わらないくらいだったりもするけれど、私と同じで、「たくさん食べた~い :!: 」とは思わないタイプの方であれば、たまに自分へのちょっとしたご褒美として最高です(笑) チョコレートのために、わざわざ高価な紅茶を丁寧に淹れて、贅沢な時間を過ごすのは、めったにないことだけに、私にとっては特別で楽しいひとときなんですよ :smile2:

頭が疲れているときのチョコレートって、ほんとに頼もしい活力剤ですよね :nikoniko: 実際、質のよい素材で作られた本物のチョコレートは、体には上質な栄養にはなっても害にはならず、ましてや太るなんてことはないっていいます :smile3: 『本物の・・・』という言い方をしたのは、フランス人の友人が以前、「日本のチョコレートは偽物ばっかり :hun: :!: 特に何?あのコンビニのチョコレートなんて、あれはチョコレートじゃないよっ :-x :!: 」って怒っていたことがあったのです(笑)

ところで、『本命に贈るチョコブランドBEST5』を紹介しているサイトを発見しましたので、お買い物がまだの方や、「何処で選べばお洒落な女性だと思ってもらえるかしら??」とお悩みの方は、ぜひご参考になさってね :smile2: :heart2:

ちなみに、携帯でご覧の方で、わざわざ別のサイトに飛んで見に行くのはご面倒だとおっしゃる方のために、こちらでも1位から5位までのお店をご案内いたしますね :smile1:

1位は、1977年にパリにオープンした老舗「LA MAISON DU CHOCOLAT」(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)。 日本では表参道や丸の内に店舗があって、「チョコ界のエルメス」とも称されているらしいです :nikoniko: 大切な人には最高級のものを贈りたいという女性に・・・。 男性にも喜ばれる上品なパッケージも魅力だそうですよ :smile3:

2位は、パリに1号店のある「JEAN-PAUL HEVIN」(ジャン=ポール・エヴァン)。 確かに、ここのチョコはかなり知名度も高くて、どなたにでも喜ばれそう :smile1: 私の知るお洒落な殿方も、「実はチョコ好きなんだけど、特にここのチョコはもらって嬉しい :smile3: 」っておっしゃってました :nikoniko:

3位は、「patisserie Sadaharu AOKI paris」(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)です。 日本人でありながらフランスを代表するショコラティエ・青木定治氏のお店です。 ここも、チョコ好きには評判のお店ですね :smile1: 残念ながら私はまだ頂いてみたことはないのだけど :smile1:

4位は、ベルギーに本店を構える「DEBAILLEUL」(ドゥバイヨル)。 「バレンタイン限定」のロマンティックなパッケージが人気なのだそうですよ :smile1: こちらのチョコって、どれもホントに「食べちゃいたくなるほど」可愛い :heart: のですよね~ :smile2: 私も好きです :smile3:

5位は、大阪出身のショコラティエ三枝俊介氏がグランシェフを務める、「CHOCOLATIER PALET D’OR」(ショコラティエ パレ・ド・オール)。 大阪梅田と丸の内に店舗があるのだそうです。

あくまで、本命の方に差し上げるためのブランドとして紹介された、人気のお店ですから、こちらで義理チョコを買い込む方はあまりいらっしゃらないかと思いますが・・・(笑) 殿方は、あまり甘いものを召し上がらない方が多いですが、上質な素材の「本物のチョコ」なら、一粒か二粒を口にするのは、「疲れも取れるし大歓迎 :nikoniko: 」とおっしゃる方や、普段からおいしいお店をご存じの舌の肥えた方だとか、お洒落なものが大好きなダンディな殿方には、このあたりのお店のものを少しだけ差し上げたら、きっととても喜んで頂けるかと思いますよ :smile2:

私も、めったに甘いものを頂かないので、男性の気持ちがわかる(?)気がするんですが、たまにしか食べない分、上質で特別おいしいものをちょっとだけ・・・っていうことに特別に価値があるのかも :nikoniko:

ところで、世のオトーサン方って、たまにはちょっとドヤ顔しちゃって、奥様や子供さんに、「おとーさんだって、外では結構人気あるんだぞ :su2: :!: 」なんて小さなアピールもしたいみたいで、義理チョコって、そんなオトーサンにとっては結構嬉しいツールみたいです(笑) :smile1:

「わ~い、お父さんがチョコもらってきてくれた~ :nikoniko: :heart2: 」って喜ぶ、子供さんの笑顔が想像できるような方には、私も豪華な大人仕様のチョコではなく、小粒のものが可愛く並んで、数がそここそ入ったものを、あえて選ぶようにしています :nikoniko:

そういえば、さきほどご紹介したサイトでもチラリと警告されていましたけど、『手作りチョコ』は、かえって相手の方を引かせてしまう可能性が強いので、賢い女性ならば、あえて避けたほうがいいかも。 (そんなこと、あえて言うまでもないか :nageyari: ?)

もちろん、手作りであることをとても評価してくれたり、喜んでくれる男性もいらっしゃいます :smile1: でもそれは、本当に親密な関係で、お互いの信頼関係がしっかり整っているカップルの場合のみだと思います。 確かに、よく知りもしない人から渡された「手作りチョコ」を、喜んで食べることができる男性って、かなり「鈍感力」の高い方かもしれないわね・・・ :nageyari:

もしくは、手作りチョコをもらって、とっても喜んでいる男性がいたとしたなら、「ピュアなお方」という表現を当てはめられないこともないでしょうが、いわゆるモテナイ君で、女性に対する独りよがりな妄想が、異常に強い方である危険性が高いってことも考えられるかも・・・。 

最近は、たとえ中高生の男子であっても、イケメンで、そこそこ女の子にも不自由していないような・・・というよりフツーの男の子ならば、今どき手作りチョコなんか渡されようものなら、「キモっ :angry: :ooo: 」ってドン引きしちゃう可能性が大ですからね~ :su2: :ase:

AKBのメンバーにいそうなくらい、ムチャムチャ可愛い女子中高生から、はにかみながら渡されるのならば、少しは結果も違うかもしれないけれど・・・いえ、いずれにしてもやはりやめておいたほうが無難でしょう :su2:

女子の独りよがりな妄想で、手作りチョコの制作に夜な夜な励んでしまうのは、今どき手編みセーターを渡すくらい、まともな男性には脅威を与えてしまいかねませんから、くれぐれもご用心です :su2:

それではみなさま、どうぞ素敵な休日をお過ごしくださいね :smile3: 今日の応援もわすれないで~ :nikoniko: :onpu2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Leave a comment

Your comment