「私は私」という生き方に対する批判について

最近、大リーグへの移籍が決まったことで何かと注目されている野球選手D様 :smile3: 注目されたその契約金のデカさは、平民の私なんかには、一体何が買えるか想像もつかないほどの、宇宙的数字にも思えたりなんかするわけですが、同時にかなりの注目を浴びたのが、S子夫人との離婚問題と、彼女が希望する養育費の金額 :gaaan1: :ooo: 平民の私なんかには、一体どんな養育をしたらば、お子様に対して毎月それほどの金額が必要なのか全く想像もつきませんが、セレブであれば当然必要な金額なのかしらん :roll: :ooo:

それにしても、そのS子さまが最近ご出版なさったご本ですが、Amazonのカスタマーレビューが炎上するほどの凄い騒ぎになっているという噂を聞いて、ちょっと覗いてみることにしました(笑) 

S子さま初のスタイルブックであるというこのご本は、『タレント、プロデューサー、そして二児の母と様々な顔を持ち、女性の支持を集める』というS子さまが、『パリで撮りおろしたファッションフォトや、ちょっぴりヌーディなショットで、独自の美意識を表現。』なさっておいでなのだそう。 また、『私服や自宅のインテリアなどを公開するプライベートショットを満載。 おしゃれや美、ライフ全般に渡ってオリジナルなスタイルを発信します。』ということで、実際にその評判のご本をご覧になった方々の印象や評価とは・・・。

これがまぁ、私の想像をはるかに超える、噂以上の酷評の集大成と言いますか、これでもかというほどのみなさんの批判的なご意見の一致し具合が、これまたある意味見事なもの・・・(上手く伝えられないので、興味のある方は実際ご覧になってみて :nageyari:

これは本の内容の評価や文面の感想とか、「スタイルブック」としての出来栄えに意見を述べるというよりも、S子さまご自身のライフスタイルや、生き方考え方自体を問題視するご意見であるように感じたのは私だけだろうか・・・ :nageyari:

つまり、「アンタ、言うとることとやっとることが真逆やないかいっ :angry: :ikari: 」という、お怒りのご意見がほとんどであるような気がして、これは世の中で正しい心を持つ皆さん方の、『間違ったことや、いけない考えはきちんと正しましょう』という、世直し活動というか、ある意味、社会改革の意識に近いものを感じたほどです :su2: (「おおお、そこまで言うか :poke-: 」とお思いになった方は、しつこいようですが、まぁ実際にご覧になってみて :ooo:

だけどさぁ、ならば世間の既婚男性の中で、常日頃、「娘ってホント可愛いんだよ~ :happy: ウチの娘はそんじょそこらの男には絶対に渡さんぞ~ :smile3: 」と言ってるくせに、ご自分はちゃっかりよそんちの大切なお嬢さんにチョメチョメなことやっとるおとっつぁんとか、「オレはこんなに汗水たらして働いてるのにウチの女房ときたらなっとらん :max: 」とか何とか、妻の主婦業の怠慢ぶりに不満を述べながら、ご自分はちゃっかりよそんちの奥さんと昼間っからラブホでチョメチョメなことやっとる旦那はんなんかも、「アンタ、言うとることとやっとることが真逆やないかいっ :angry: :ikari: 」と、社会からもっと正当な非難を浴びてもよいのではなかろうか・・・などと思ったりもするわけです。

あるいは、ご自分のお子さんの携帯電話の請求が高すぎることに苦言を呈しておられるお父様が、ご自分の携帯ではこっそりエッチなサイトを覗いてみたり、携帯ゲームで秘かに異性との出会いを検索しちゃったり、あるいはちゃっかりよそんちの大切なお嬢さんに、「今、何してますかあ?」とか、「ご飯食べにいきませんかあ?」とかいう迷惑メールを送りつけたてみたり、「今、会議が終わりましたあ。 疲れたでしゅ。」なんて、知りたくもないご自分のナウを送りつけたりすることに対しても、世間はもっと「コラ~っ :angry: :ikari: 」と正当に非難してもよいのでは・・・などという気がしないでもなかったりするのですが・・・ :nageyari:

まぁ、あれかな、それでも世間のおとっつぁん達は、浮気やエロサイトのチョイ見などをあからさまにはしないけれど、S子さまの場合は「私のセレブ生活をご覧あそばせ :happy: :kirakira: 」とばかりに公開したことが、かえってみなさんに、「おいこら、ちょっと待て :su2: :!: 」という感情を持たせ、世直し的な集中砲火を浴びる原因になったってことなのかな 8-O

Amazonのカスタマーレビューを見た限りでは、「ママタレって言いながら、自分では子育てなんかしてないくせに :max: 」とか、「結局、旦那様のDさんが稼いだお金でしょ :muki-: :!: 」というご意見がほとんどであったような気がするので、みなさんの反感の原因は、自分の努力で正当に得た結果でないものを見せびらかしたことに、お怒りを感じておられるのかしら、という気がしたりなんかしたわけです :su1:

「私は私。 周りが何と思おうと、みんなに何といわれようと関係ないの :su2: 」という考えは、それだけを聞くと潔さを感じ、世間の目にとらわれないカッコ良さを感じますが、ある意味とても危険を孕んでいるような気がします。 いくら自分が傷つくことは平気だって言っても、他人までを傷つけてよいわけではありませんしね :su1: :ooo:

Amazonのカスタマーレビューの中に、「ルールにとらわれないことと、ルールを守れないことは違う :!: 」というご意見があって、なるほどなぁと大きくうなづいてしまったのですが、自分を信じて突き進むことに周りが賛同して応援してくれるか、反感を買うかの違いは、他人の目から、その生き方と努力が無駄かどうかと思われるかではなく、正当な努力だと評価されるかされないか、ということなのかもしれないって気がしたわけです。

旦那さまがお仕事をより良い環境で頑張れるようにと、これまで献身的に支えているような姿勢が、世間から全面的に評価されていれば、どれほどのセレブ生活ぶりを見せびらかしたとしても、「素敵ね~ :smile2: 」「羨ましいわ~ :happy: :heart2: 」と、本当の意味で「女性の支持を集めた」かもしれませんね。

本当はどれくらい主婦業やママ業を徹底して頑張ったのかは、私は知らないので勝手なことは言えないけれど、どうやら世間的にはこれまでに、正当な努力をしていたという評価を、あまり受けられていなかったのでは?って思えます。 

昔から、「お天道さまはちゃんと見てくださっている」というけれど、健気に頑張ってる姿を見せれば、やっぱり世間の人たちはきちんと評価してくれて、応援してくれるものではないかしらっていう気がしました。

無駄と思えても真面目に地道にコツコツと頑張ることって、やっぱり大切なのかも :smile1: ならば正当な努力と頑張りを続けて、幸せを勝ち取ることは、けして間違ったことではないし、世間も認めざるを得ないってことかもしれないわね :smile3: :heart2:

私も頑張るっ :-D :!: だから今日も「ぽちっ」としてください :iyaiya: :!:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

miyuki2月 8th, 2012 at 8:15 AM

自分が満たされていて幸せなら、人様にたいして物申すなんて、そんな偉そうな気分にならないような(笑)
自分や家族や周りを大切にしている人って、悪口も陰口も言いませんよね。
大切な人たちが、されたら悲しいからとも思うし。
良いことも恥ずかしいこと、全て、自分はもちろん神様は見ているし(笑)
なんて、私の考えです。
いろんな人がいるから、私は大丈夫かなと気をつけるようになることもあり
こちらでは、ステキなレディになれる言葉の数々に出会い感謝しています♪

Aya2月 9th, 2012 at 2:02 AM

miyukiさま

なんと、もったいないお言葉・・・恐れ入ります :smile2:

よそんちの芝生は青く見えるって言いますが、
青かったら非難したくなるというこの現象は、やっかみだけではないってことなのでしょうか・・・ :nageyari:

そっか、他人と自分を見比べる時は、「自分は大丈夫かな?」っていう
尺度で見れれば、非難や優劣とか関係ないってことですね~ :smile1: :kirakira:
私も、「神様が見てる」って思うと、思わず背筋が伸びます :smile1:
周りの人や大切な人に恥ずかしくないように、背筋を伸ばして生きたいですね :smile2:

しの2月 9th, 2012 at 11:08 AM

Aya様

…最近、男女間のトラブル多発ですよね~…ワタシだけ??
何だろう??トラブル起こした方はどなたも
「軽率な行動・発言」
が多い気がして。そして人間関係悪化させる…みたいな。

この女性の方も…欲やプライドを満たそうとしたから批判された気がしますが。

好奇心が動いたワタシも、人様の事言えないかぁ~(笑)

Aya2月 9th, 2012 at 12:54 PM

しのさま

うんうん、おっしゃる通りですよね :smile1:
良きにしろ悪しきにしろ、ここまで評判になると、どんなご本か
買って読んでみたくなるって~のがヒトの心理(野次馬根性?? :nageyari:

でも、レビューには「買うな、ブックオフで充分 :!: 」という
親切(??)なアドバイスもあり(苦笑) :nageyari:
ほくそえんでいるのは出版社さんだけかしら?なんて思ったりして・・・。
そういう意味では見事な戦略かも、ですよね :(

Leave a comment

Your comment