構ってちゃんを脱出する方法

ハワイは今日は日曜日 :smile1: 午前中早めにBeBeとブランチを一緒にとってから、それぞれの今日の予定をこなすことにしました。 私はビーチ側の道をのんびりお散歩しながらお部屋へ戻ることに :smile1: 日曜日なので、通りはいつもより何だかにぎわっています。

市内観光のトロリーバスに、「頑張ろう、ニッポン」の文字が見えました。 

「頑張ろう、ニッポン」の横断幕を取りつけたHISのトロリーバスです。 意外に目を引く配色の、白地に赤の日の丸ボディーでワイキキの通りを走り抜けてゆくトロリーバスに、眉をひそめる人なんかもちろんここには誰ひとりいません。 街中の人たちが日本に向けて暖かいエールを送ってくれているのを感じます。

ワイキキは、東に行けば行くほど静かになってくるのですが、表通りから一本裏通りに入るとさらにひっそりとして、こんな感じのカワイイ民家があったりします。

ハトをはじめとするたくさんの小鳥が集まっているお家です :smile1: 庭先の日蔭では小さな小鳥がたくさん休んでいます。 

途中でネコさんにも会いました :cat: 私に気がつくと、じっと顔を見つめてから、おもむろにそばに寄ってきてくれました :smile1: :heart2:

のんびりお散歩を楽しみながら、海側から一本内側の広い通りに出ると、私の少し前を20才前後のカップルが歩いていました。 彼女はやたら彼にちょっかいを出しながら歩いているのですが、黒人の彼は飄々としていてとてもクール :su1: その辺りを歩いている他の若いカップルにありがちなように、彼女の肩に腕をまわして抱きよせることもなく、ただ黙々と歩いています。

彼女はとにかく構ってほしくてたまらない様子・・・ :nageyari: 必死で彼にちょっかいを出し続けていたのですが、彼にかまってもらえないことにイラついたらしく、何と、彼が頭にのせているサングラスをひょいと取り上げたかと思うと、いきなり道端に投げつけたのです :angry: :ooo:

これにはサスガに彼も反応しました。 「Hey :gaaan1: :!: 」と一言大声をあげ、慌ててサングラスを拾い上げた彼は、傷がついていないか素早くチェックをしました。 きっと、お気に入りの大切なサングラスだったのでしょうね :hun: そしてそのサングラスを頭に乗っけると、また黙ってすたすたと歩きはじめてしまいました :ooo: :su1:

それを慌てて追いかけて、小走りになる彼女・・・ :su1: 「あなたが冷たいからいけないのよ~ :max: :ase: ねぇ、構ってよ~ :iyaiya: :!: 」 そう言っている彼女の声が聞こえたような気がしました :ooo:

でも・・・彼の大きな背中は、「もう、いい加減うんざり・・・ :ase: 」と、彼女への愛がどんどん覚めてゆくのを語っているようで、この二人のテンションの違いに、なんともやるせない気持ちになってしまいました :su1: :ooo: :ase:

構ってちゃんの彼女・・・。 彼はもともと、自分の気持ちを表現するのが苦手な男の子なのかもしれません。 彼女は彼女で、いつも気にかけてもらって、いつも構ってもらわないと、どうしようもなく不安になってしまうタイプの女の子なのでしょう。

お互い、何か惹かれあうものがあったはずの二人だと思うのに、傍からみてもこう、気持ちが上手くかみ合ってないのって、どちらにとっても不幸なことです :ooo:

でも、こんな構ってちゃんの女の子は、結構どこにでもいるものです。 こんな女の子は、彼の愛情を確かめる方法として、いつも彼に何かとちょっかいを出してみたり、心配してもらいたがる傾向にあるように思います。

具合が悪いとか、ここが痛い、ここが辛い・・・などと、いつもどこかの体調不良や痛みを訴えてみたり、体の不調だけではなく、人間関係がこんなに辛いとか、耐えられないとか、きついとかしんどいとか、とにかく自分が大変、自分はこんなにかわいそうなんだいうことをアピールすることで、他人に気にかけてもらおうと思ってしまうみたいです。

こんな人は、何かと他人に心配してもらいたがったり、注意を引こうとすることで、自分の存在を認めてもらおうとしているように感じます。 心配してもらえたり、他人の注意が自分に向いていることで何となく安心できるのではないかと思います。 「優しくしてもらいたい、優しい言葉をかけてもらいたい・・・。」 それをとても求めているように感じられるときがあります。

ところで、自分が構ってちゃんなことで悩んでいる人って意外と多いのです。 構ってちゃんであることに気づくこともなく、ひたすら「構って、構って~ :iyaiya: :!: 」と言い続けている「真正構ってちゃん」は、自分が構ってもらうことだけにしか興味がありませんから、人間関係の歪みにはそう関心を向けません。

でも、周囲とのコミュニケーションにも注意を払うことのできる、「気配り構ってちゃん」は、気の毒なことにどうしても、構ってほしい欲求と、周囲の人間関係との狭間で苦しむことになりがちな気がします。

構ってほしい、心配してもらいたい・・・そうされることで、自分が安心感と共に心地よさを感じられるので、無意識にそれを求めてしまうのですが、構ってほしいあまりに、相手についネガティブなことばかりを口にしてしまうことで、相手に対しての配慮もできる「気配り構ってちゃん」は、後でモーレツに自己嫌悪に陥ります・・・ :hun: :ase:

そして、相手に嫌われたのではないかと言う不安感も加わって、余計に落ち込んでしまうのです。

誰だって、誰かに気にかけてもらえていることが分かれば嬉しいし、安心できるものです :happy: 特に好きな人にはいつも気にかけてもらいたい・・・。 だけど、その欲求が過剰になりすぎたり、「心配してもらうこと」で注意を引くという手段に偏りずぎることが、「構ってちゃん」の困ったちゃんな要因ではないかと思うんです。

こういう方って、客観的に見ていると、どうも自己肯定することが苦手な人に多いような気がするんです。 自己肯定って、真面目な人や子供のことから自分に自信を持つ方法がわからなかった人には、すごく難しいことのような気がします。

世の中には根拠のない自信を持ち続けている自分大好きな困ったちゃんもいるものですが、こんなタイプの方と違って、どうにも自分を認めてあげる手段が簡単に見つけられない人がいます。 自分のやり方でいいんだ、自分は自分でいていいんだ、そう思えたり、自分を認めてあげることが出来なくて、どうしても自分に対して否定的になってしまうんですね :su1:

でも、誰かに関心を持たせること、心配してもらうことで自分を安心させるのではなく、自分自身の中で自分を認めてあげて、安心することが大事ではないかと思うんです。

こんな漠然とした言い方をするとまた、「自分に自信が持てるような素敵な環境にいた人にはわかりませんよ、彩さん :poke-: 」って誤解する方もいらっしゃるかもしれないなって思うと、ちょっと心配になってきちゃったので・・・この辺のことを詳しくお話ししますね :smile1: 先日のお話ではないけれど、自分に自信が持てるような何かを手にするのは、自分自身の努力でしかないと私は思うんです。

自信って、じっと待っていれば誰かが与えてくれるってものでも、自己アピールし続けていたらどんどんくっついてきちゃった、というものでもありません。

スピ系の方の心地よい言葉のひとつに、「大丈夫、あなたを輝かせる場所はひとつではありませんよ :happy: 」というのがあって、これは現状に苦しみもがいてる人がその場から逃げだすのに、とても体の良い言い訳文句になっていると思うんですよ。 でもね、自分を輝かせられるのは、あくまでもまず先に「自分を輝かせる手段をしっかりと身に着けたり、自分を輝かせる方法を何かしら会得してから」のこと :su1:

つぼみの状態で開花する場所を求めるならまだしも、どんな花が咲くかも自分でもわからない種の状態なのに、そんな言葉で安心させられたら、ずっと芽を出すことができないかもしれません。

まずはしっかりと地に根付き、芽を出し若葉を出しながら空に向けて伸びてゆくことが大事だと思うんですね。 そのためには辛いこともあるでしょう、「この場所で頑張るのはもう嫌だ、他のとこに行きたいよ~ :sad: 」って泣きごとを言いたくなっちゃうときもあるかもしれません。

でも、芽を出して茎をのばし、葉を増やしてゆかなければ花を開くことができないとしたら・・・。 輝けるのはそこからだと私は思うんです。 まずは自分の中に一本の芯をしっかりと通すこと。 結果的にそれが自分の自信につながるでしょう :smile1: :kirakira:

「辛かったけど逃げなかったぞ :smile1: :!: 」という自分の中の達成感でもいい、「これだけは人には負けないぞ :smile3: 」と言えものを持つのもよし。 「これにはちょっと自信あるんだ~ :nikoniko: 」と言えることなら、何かちょっとしたことでもいい。 そんな自信が自分を認めてあげられることに自然とつながるような気がします。

自分は自分でいいんだな :smile1: そんなふうに自分を肯定してあげられることができれば、誰かの注意を引こうとすることで自分を安心させる必要はなくなるんじゃないかと思うんです。 

そんなあなたがまさに、キラキラ輝いているって言えるんじゃないのかな :smile1: :kirakira: その方法は、お金を払って誰かに気づかせてもらうようなものではないと思います。 ヒントはどこにでもあると思うんです。 自分が見つけようと思えば :smile1: 目をこらして注意して見つければ・・・そして、このブログからでも何かしら、ヒントのヒントの種でも見つけて頂けたら(げっ、そんなちっぽけなもの・・・?? :angry: )・・・ :nageyari: と、とにかく、何か見つけて頂けたら、本当に嬉しいなって思います :happy:

だからとにかく頑張って、自分の力で輝きましょう :nikoniko: :!:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

しの4月 19th, 2011 at 1:43 AM

aya様

誰しも「構って欲しい」って心はありますよね??
その感情に罪悪感を抱いてた事に気付いたら、キモチがラクになりました♪

今は、写真のネコちゃんの様にミステリアスな魅力を持った女性になりたいです(笑)
ネコってツンデレキャラですよね!!カワイイなぁ~っ☆

aya4月 19th, 2011 at 4:43 PM

しのさま

そうですよ、誰だって一人じゃ生きて行けないんですもの :happy: :ooo: 気にかけてくれる人がいる、心配してくれる人がいる、それってすご~く素敵なことだし、愛情は、人が生きていくうえで誰にでも必要なこと・・・。
愛情を確認できるって、誰にとっても素敵なことですよね :smile1: :kirakira:

それにしても・・・ネコの魅力って、まさにツンデレキャラですね~ :smile2: :heart:

Alma5月 26th, 2011 at 3:55 PM

彩さま、お久しぶりです!

これはまさに今求めていたものです。私もよくそうしてしまい、今はちょっと彼ともめた状態です。。。OTL (早く仲直りしたいんですが、連絡がつかない状態なので無理がある。。。)

確かに、自分に自信がないというのはあります。でも、良いところがいっぱいあることも知っています。だから少しずつ、でしょうか。自分に自信をもてたらプラスに運気が働くことを願っています。

ブログの更新、大変かもしれませんががんばってください!彩さまのブログに励まされている人はたくさんいますから♪ 素敵なブログ、いつもありがとうございます♪

aya5月 27th, 2011 at 2:16 AM

Almaさま

お久しぶり~ :happy: :onpu2: ・・・と思ったら、あらあら、もめちゃいましたか :uuuum:
でも、おっしゃるとおりですよ、ご自分の中の自信が、周りの方との関係も素敵にしてくれます :happy: :kirakira:

こちらこそ、励ましのお言葉ありがとうございます :smile2: :heart:

Leave a comment

Your comment