「食」の片付け

お片付けすることで、生活空間をでネルギーの流れを良くしましょう :nikoniko: :onpu: エネルギーの流れが良くなることで、開運につながっちゃうんです :happy: :kirakira: ということで、お部屋の中のものを大きく「衣・食・住」の3つのカテゴリーに分けて片付けていきましょうと、まず昨日は「衣」をテーマにお話しいたしました。

今日は「食」に関するものについて・・・ :smile1: これは結構幅広くて、実際に口にする食品から、お鍋やフライパンなどの調理器具、そして食器やカトラリーなどの細々としたものまで、「食」に関わる物にはいろんなものが当てはまりますよね :smile1:

まずはちょうど週末ってことで、とりあえず冷蔵庫のチェックをしてみましょう :smile1: 冷凍食品のストックなど、賞味期限が近付いたものは、早めにお腹の中へと片付けちゃいましょう :happy: :onpu2:

賞味期限といえば・・・私、これにはちょっとした思い出があります。 私がブティックマネージャをしていた頃のことです。 たまたま私が休みの日にお立ちより下さったお客様が、「みなさんでどうぞ :smile1: 」と、ある有名なケーキ屋さんのケーキをお持ちくださっていたらしいのですね。

その頃、東京でとても評判が高く、福岡にも支店が出来たばかりのケーキ屋さんなのですが、その当時は、そこのケーキを買うためには4~50分も並ばないといけないという、超人気店でした。 もちろんお値段も超一流 :nageyari: ただ、一口頂くと、その高価なお値段も許せちゃう納得のお味です :happy:

ですから甘いものに目がない方だと、きっと「並ぶなんてなんのその :su2: 」と思っちゃうのも納得だ~ :smile1: と思えるほどのとっても美味しいケーキでした :smile1:

ところが、新人のスタッフの女性が、「昨日、○○様がケーキを持ってきて下さったんですけど、賞味期限が昨日までだったんで、余った分は捨てときました~ :nikoniko: 」って、さも得意そうに言うんですよ :su1: :ooo:

捨てときました :happy: って・・・ :komatta: 思わず絶句してしまった私・・・ :su1: :ase: たまたま休んでいたために、自分の口に入る予定だったケーキを食べ損ねたから、ではなくて、(いや、それもあるけど :su1: )、あまりに当然のことのように「捨てときました :smile3: 」って報告されたことに、です :su1: :ooo:

「賞味期限」って、あくまで「美味しく食べることができる期限」ってことです。 「その期限内だと、出来たての美味しいお味として自信を持っておススメできるので、できればその期限内に食べてね :smile2: 」ってことでしょう? 少なくとも私はそのように理解していますし、「賞味期限」の正しい定義も、おおよそそのような意味合いのはずです。

しかも、「日付が変わればけして口にしてはなりません」 :!: なんていう法律はありません。 だけど、「賞味期限」に関しては、「期限を過ぎたら絶対に食べない :su2: :!: 」という方が結構いらっしゃるので、こんなことを申し上げると、「彩さんは人の健康を害するようなことを平気で奨めるんですねっ :angry: 」って抗議が殺到しちゃうかもだけど・・・ :hun:

でもさ~、自分で買うのはなかなか勇気がいるというか、ケーキとしては、「うぉぉ~清水ジャンプだっ :iyaiya: 」ってほどの高価なケーキだったんです。 いやいや、言いたかったのはそういうことはなくて・・・ :su2:

その美味しさを実現させるためには、お店の方の大変なご苦労があるでしょう。 卵やお砂糖、使われている果物をはじめとする材料にも、きっととってもこだわりをお持ちでしょう。 先日も同じようなことを熱く語ったばかりなんだけど、その材料ひとつひとつには、自信をもって提供しているそれぞれたくさんの方々の愛情やご苦労がこめられていて、それではじめてひとつのケーキが出来上がるわけです。 

お陽様の光や雨などの、自然の力の助けもあります。 食べ物のひとつひとつには大きな重みがあります。 手を合わせてから頂くという習慣は、そんな全ての力や自然の恵みに感謝する意味合いからでしょう。 だから大切に、心から感謝して頂かなければならないと、私は思っています。

しかも、何十分もお店の外に並んでまで、そのケーキを買ってわざわざ届けて下さった方のお気持ちだってこめられているんです。 それなのに、賞味期限ごときが一体何だっていうんだ :iyaiya: :!: そのために冷蔵庫があるんじゃないかっ :gaaan1: :ikari:

あれ? そうだ、冷蔵庫の中の物のお片付けの話しでした :su1: :ooo: そうはいっても、当然ですが明らかに期限を大幅に過ぎたものは、早く処分しましょう :nageyari: もちろんお腹の中ではなくて、残念ではありますが、ゴミ箱に・・・ :deredere:

冷蔵庫チェックって結構大事です :su1: 食品って旬のものですから、時間と共に新鮮な気が失われていくのは仕方がないことです。 冷蔵庫の整理のつもりが、かなりの豪華ディナーになっちゃった :happy: という、一石二鳥もあるかもです :smile3:

それに、改めてチェックしてみると、「げっ :angry: :ooo: いつのだ?これ・・・ :ase: 」みたいなものが出てくるかもしれませんし・・・。 

食品をたくさん買い込むと 「安心する~ :happy: :heart2: 」というタイプの方には、まれに安心のため買いこんで溜めこんじゃう癖のある、危険な方がいらっしゃいます。 歴史的にも貴重なサンプルになるほどの、長期保存した食品を、うっかり冷蔵庫に貯蔵していないか、食べ忘れて放置されたものが残っていないかのチェックをしてみましょう :smile1:

ついでに、食品ストックもチェックしておきましょう :happy: ストックのパスタなども、うっかり使い忘れていて、古くなってしまったものがあるかもしれません :smile1: 調味料なども要チェックです :smile1: 古くなったものは処分です。 衣類と違って、古い食品は、リサイクルやリユースの対象にはなりませんからね(笑)

食に関するもの、例えばコンビニでプリンを買った時にもらったプラスティックのスプーンとか、コンビニのパスタに付いていたフォークとか、「何かに使うことがあるかも :smile1: :onpu2: 」と思って取っておいたものを、結構溜めこんでいたりする方がいます。 でも、何にも使っていないから溜まっているのです。 捨てましょう(笑)

カップ&ソーサーのセットで、カップをうっかり割ってしまって、お皿だけになってしまったもの :su1: これも、「何かに使えるかも・・・」と、大切に保管している方がいらっしゃいます。 でも、保管された状態ってことは、やはり何にも使われていないってことです :poke-: こんなものも思い切って捨てましょう :su2:

欠けているカップやお茶碗も、高価なものであればなおさら、なかなか捨てられなかったりします :hun: ですが、風水的にも、欠けたりヒビの入ったような食器を使うことは、運気を下げるといわれています。 もったいない :uuuum: と思う気持ちもわかりますが、心を鬼にして思い切ってみましょう :su2: :!:

捨てるものと一緒に、これでキッチンに溜まっていた古いエネルギーも出て行ってくれるでしょう :smile1: ダイレクトに私たちの体にエネルギーを取り入れるものが「食」ですから、これに関連するものをスッキリと片付け、新しいエネルギーへと入れ換えることは、開運の近道になると思います。

週末ですもの、早速トライなさってみませんか? :smile3:

ぽちっとして~ :deredere: :heart2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

12月 11th, 2010 at 7:42 AM

彩様、

こんにちは!読んでるだけでおいしさが伝わるようなケーキが。。。たかが1日の期限で捨てられたなんて。。。(T_T)
彩様がおっしゃるとおり、賞味期限って目安にするものだと思うんですよね。。。ってか、大人なんだからそれくらい判断能力が。。と思うのだけど。。賞味期限よりもにおいとか見た目で判断してますが、今まで賞味期限のせいでおなか壊した事ないです。

あ~それにしももったいない、おいしそう。。。って、私がもらうわけでもないケーキなのに。笑

aya12月 12th, 2010 at 12:51 AM

明さま

そう、それ! :poke-: :idea: 賞味期限って、あくまで美味しく食べられる目安ですよね :su1: :!:
一日でも過ぎた物を食べたら「死ぬ :confuse: 」くらいの勢いで、「絶対に捨てる :iyaiya: 」とか、「絶対に食べない :su2: 」と、それを徹底している人って、一体何のために??って思っちゃいます :su1: :ase:

私も、一度もお腹壊したことありませんけど、そこらへんは、自分であたりまえに判断できるものではないでしょうか・・・ :su1:

Sarah12月 12th, 2010 at 10:06 PM

食が専門です。

Ayaさま、ごもっともです。

賞味期限を気にし過ぎる人、過ぎたら絶対に口にしない、すぐに捨てるという人は、「消費期限」との違いも分からない、五感や体に働きかける事も自分で考える事もしない、ただのアホ(お金の無駄をしてるという意味で・・・)だと私は思っています。 (賞味期限の設定だって、結構適当ですし。。)

まだ食べられるうちに捨てるという行為は、「日本」という恵まれた国だから出来る事であり、他国では賞味期限が過ぎたものが路肩で販売されたりもしてますよね。 日本が輸入している「食」のどれだけを破棄しているか・・・ 考えただけで、他国に申し訳なく思います。

aya12月 13th, 2010 at 12:24 AM

Sarahさま

本当におっしゃる通りです :iyaiya: :!:
「賞味期限」が一日でも過ぎたら、絶対に食べない :su2: 捨てる :!: なんて自慢げに言う人は、正しい知識をお持ちでないことを残念に思いますが、食べ物を粗末にすることで、ご自分の心をどんどん貧しくしているように思います :su2: :ooo:

食材の基本となるような素材を提供している国がとても貧しく飢えていたりすることにも、やたらとフードマイレージが高い食品に対しても疑問や憤りを感じることがありますが、それ以上に「賞味期限」を基準に食べ物を「捨てる」ことを実行している人の多さについては、何とか改善への啓蒙活動ができないものかと本気で思います :su2: :!:

Leave a comment

Your comment