いよいよ情報解禁‼ 姉妹コラボの全容です

いよいよ情報解禁です♬ 本当に、久しぶりの姉妹コラボ企画となります。

ハワイでスペシャルパワーチャージをした石に、ハワイで選んだパーツをプラスしました。

来週から、いよいよ受付開始予定です♬

ハワイチャージのパワフルなストーンを組み込んだ、特別な意味のあるブレス。 そしておそろいのデザインのピアスのセットを、それそれ彩モデル、BeBeモデルとして仕上げた2タイプのグットラックジュエリーです。

なんと、BeBeのマナカードによるパーソナルスピリチュアルメッセージをカードにしてセットにしてお届けするという、豪華企画です。

あなたのお悩みに対し、BeBeがワンオラクルのガーディアンメッセージをお届けします。 あなただけのオリジナルメッセージは、イタリアはフィレンツェで古くからの製法で丁寧に作られた、美しいカードに記されて、あなたの元へとジュエリーと一緒に届きます♡

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

処暑(しょしょ)と薬膳

今日は二十四節気の中の処暑(しょしょ)です。

「処」には止まる(留まる)という意味があって、お盆を過ぎたこのころ、ちょうど暑さが落ちついてくる時なのですね。

昨晩、深夜にまたベランダに庭ねこシロちゃんが遊びに来ました。 このところ、毎晩のように屋根に上って二階までやってきて、窓越しに控えめに「にゃぁ」と私を呼ぶのです。

今朝は空が明るくなってきたころに、再び「コトン」と音がしたと思ったら、ベランダからシロちゃんがのぞいていました。

今朝は久しぶりに、朝方「涼しいなあ」と感じて、足元にたたんで置いているブランケットを肩までしっかりかけました。 「そうか、今日は処暑だ!」と思い、これから秋に向かうんだなぁ…と、なんだか季節の移り変わりをいち早く感じた気がしたのでした。

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

嫉妬深さのマイナスポイント

今日は、午前中から、ある飲食店の素敵な女性オーナーとのお約束が入っていたので、朝のうきわちゃんとのご挨拶もそこそこに、お出かけをしてきました。

自分と全く違う業種の方とお話をするというのは、本当に学ぶことがたくさんあって、とても有意義です。

この方は、とくにお店の食材の安全性にとてもこだわった方で、良いものを良い形で摂り入れたいとなさっているので、そういうお話を聞くのもとても楽しく、しかも、風水との関連でお勉強した薬膳とも通ずる部分があるので、余計に興味深かったのでした。

風水的に、土地のものを体に取り入れることで運気アップできる方法があるので、ご自身の吉方位の食材や料理を摂り入れる開運法を、今後提案していきたいな~と思っている私にとって、良いものを良い形でというお考えにも、とても共感できる部分が多くて、学びの深い一日でした。

女の子らしいランチセットをいただいたけれど…。 サラダがメインでした。 それで体重が減ってないって、一体どゆことっ‼ でも、外食って、お野菜の切り方ひとつも、おうちご飯の参考になりますよね。


(続きを読む→)Read the rest of this entry »

8月のお香

お盆を過ぎても暑い日が続いていますね。 最近、不思議なことに、何か探し物をしていたり、物が転がって行って、その場を探さないといけないというようなとき、必ずその場所のお掃除が行き届いてなくて、綺麗にするきっかけになるんです。

毎日、必ず掃除はやっていても、毎日するからこそ、毎日大まかにやり過ごす場所って、決まってきちゃうんですよね。 そういう場所って、やっぱりホコリがたまってたりするんです(汗)

その場を特に丁寧にお掃除したら、かなり気分がすーっとします。 私はその時に、必ずお香を焚くようにしています。

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

ほおずき(鬼灯)の秘密

赤く色づいたほおずきの、鮮やかな朱赤と、あの軽やかでキュートなフォルムを目にすると、私はいつも「お盆」の頃の夏を感じます。

福岡の老舗のお菓子屋さんには、このほおずきをそのまま使ったお菓子があるの。 その名も「ほおずきボンボン」

ベリーのような味のする食用のほおずきを、ベルギー産のビターチョコレートでコーティングしたお菓子です。 ほおずきの皮もそのままついていて、羽子板の羽みたいな可愛らしい形をしています。 指でつまんで食べられるところもお洒落でしょ。

20080528_65251

とても珍しいので、お菓子がお好きな方で、よその県にお住いの方への贈り物に時々使わせていただくことがあるのですが、洋菓子なのにどこか和の雰囲気も兼ね揃えていて、お味もまた、甘さと酸っぱさが同時に広がる不思議感覚なお菓子です。

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

知らないと恥をかくマナー

「マナー」って言葉、ふだん私たちは何気なく使っていますけど、「マナー」と「ルール」との違いって何でしょうね。

簡単に言うと、礼儀作法の決まり事的なことがマナー、そして、法や法的に近い決まり事のようなものがルール・・・そんなイメージなのかなあって気がします。

いずれも、私たち誰もが日常の中で、誰かが不快な気持ちにならないよう、お互いが気持ちよく相手を気遣ったり譲り合ったりしながら振る舞うための、決まり事のようなものでしょうか。

例えば、いくら美容室で着つけとヘアアレンジをバッチリやってもらったからと言って、浴衣で一流のお店に入ろうとしたり、結婚披露宴には着ていかないことがマナー。 お店によっては、「浴衣での入店はお断りします」と、決められているというようなことがルール。

以前、ある男性が「昨日、キャバクラに行ったら、浴衣デーだったの‼ 女の子たちがみんな浴衣着ててさ~‼」な〜んて、すっごくウキウキと楽しそうに語っているのを聞いたことがあって、なるほど、昔は家着だった浴衣も、私たちの世代ではすでに非日常的な衣装です。色っぽい浴衣姿のキャバ嬢たちに迎えられて、特別嬉しい気持ちになっちゃったんだろうな~と思うと、ある意味それ、「おもてなし大成功」だよね、なんて思ったのでした(笑)

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

浴衣のお出かけマナー

先日、とても素敵な殿方にお食事にお誘いいたきました。 お約束前日の夜、「お店の場所が分かりにくいかと思うので、待ち合わせしてご一緒しましょう。 青い浴衣姿でお待ちしております。」と、ご連絡がありました。

「浴衣という点、改まった装いではないことを、どうぞご了承願います。」とのこと。 なるほど、確かに、浴衣は夏の究極のカジュアル着ですものね。

「それでは、私も失礼のない程度のカジュアルでまいりますね。」と申し上げて、私も浴衣で行くことにしました。 バランス的に、それが一番無難かと思って(笑)

浴衣…となると、お盆もすぎましたし、いかにも夏らしい柄は避けたいところ。 なので、花火大会にウキウキとお出かけするような、華やかな柄は気恥ずかしいし、もともと、私は和服は昔から古典的な柄が好きなんです。 和ダンスを開いて、数点の浴衣をならば、中でもとてもクラシカルで、落ち着いた柄の浴衣を選び、あえて二重の帯を締めてゆくことにしました。

「青の浴衣」と聞いたので、風水的に合わせて「水」の柄を選びました。 なにしろその方は、風水にお詳しい方でいらっしゃるのです。

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

パワーストーンブレスの石の効果について

先日、組み上がったブレスを旅立たせる瞬間に、「あ!」と思いました。

彩のパワーストーンブレスのオーダーをくださった方でしたら、すでにみなさんご存じのとおり、ブレスがお手元に届く際には、一緒にお手紙が届きます。 それには、石との付き合い方、浄化の仕方などをはじめ、ブレスに組み込まれている石たちの名前と、特徴、石の効果を記したものです。

「水晶」とか、「ローズクオーツ」など、石の名前を書いた横に、その石の形、大きさ、個数を手書きで書き加えているのですが、それを書き足すのをうっかり忘れて、封を閉じてしまったのです。

もうずいぶんと長くお付き合いをいただいているクライアントです。 とても優しい方で、丁寧で真面目なご性格でいらっしゃいますから、必ず律儀に「彩さん、到着しましたよ」のご連絡をしてくださいますから、「その時にメールでご案内しよう」と思っちゃいました。 それが今となっては…大反省‼

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

効果的な風水

暑さで頭がボーっとしてしまいます。 終戦の日は、とても暑い日だったと、お年寄りがお話になるのを幾度か聞いたことがあるのですが、本当に8月15日は毎年、すごく暑い…!と思うのです。 

今日は、毎月15日の神社参拝の日でもあるので、神社にもお参りしてきました。 境内にあるご神木の大木の枝をゆらして気持ちの良い風が吹き抜けてゆき、これほど暑くても、確かに季節は秋へと進みつつあるのだと感じました。

さて、先日アメブロのほうでご紹介した、「笑うブッダ」さんのお問合せをありがとうございます。

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

ご先祖様のお迎え

13日からお盆です。 ご先祖様がお帰りになる日。 我が家の周りは新興住宅地なので、いわゆる古くからの本家のお宅という感じのお家は見当たらず、玄関先に盆提灯が下げられたお宅をまれに見かけるものの、迎え火とかを炊いているお家も見当たりません。

地域によって、お盆の風習は様々ですが、私の自宅のあるあたりは、よそから越してきた方が多いし、もともとこの辺りの古くからの風習では、どんなお迎えをするものなのかはわからないんです。

我が家も、すでに祖父母の代には、お盆行事はわりと簡略化されてましたし、両親の代になっては、立派な盆棚をこしらえたり、盆提灯を灯したりなどはやっておりません。

(続きを読む→)Read the rest of this entry »

←Older