別れられないあなたへ

別れられない心理って、とってもシンプルに語ると、「ここまで頑張ったんだから…。」という思いがそうさせている場合が多いのだそうです。

もちろん、どんな方にも、どんなケースの恋愛にも当てはまるわけではなく、一般的には…って意味ですよ。

辛い恋愛なのに、別れたほうが絶対に幸せになれるってわかっているのに、どうしてもその決断ができない。 あるいは、別れを切り出したのは一度や二度じゃないのに、結局なんとなく元に戻った感じでズルズルと関係が続いてしまう…。

Twitterでちょっとした話題になっていた、パリの警察署に貼られていたというポスターの話をご存じでしょうか。

それはいわゆる、「ストップ・ザ・DV」のポスターです。


御主人に殴られた翌日、御主人は花を買ってきました。
あなたは御主人を許しました。
再び殴られた翌日、再び御主人は花を買ってきました。
最後に殴られた日、友人全員があなたに花を贈りました。
その日はあなたの葬儀でした。

DVをする男性というのは、相手の女性にひどい暴言を浴びせたり、殴る蹴るなどの暴行を加えたあとに、子供のように悲しそうにしゃくりあげながら、泣いて謝ったりする人が多いといいます。

結局、女性はそれをみて、彼が可愛そうになってしまうのだそうです。 そして、「私がいてあげなきゃこの人はダメなんだ。」と思い込んでしまったり、「私も悪かったんだから。」と、自分にも非があったから、あれほど彼を怒らせてしまったんだと思ってしまったり、とにかくそんな悪循環なのだそうです。

「別れ」という言葉には、非常にネガティブな響きが付きまといます。 せっかく出会えて愛し合い、お互いをかけがえのない人だと思える瞬間もあったわけだから、それが永遠に続いたほうが良いに決まっている。 だから努力しなくちゃ…と。

逆に、別れることなんて、いつでもできるんだもの。 女性はそんな風に思いがちなのかもしれません。
たとえ悪縁であっても、これまでの様々な辛いこと、自分にとってのマイナスな出来事や相手から受けた仕打ちなど、あれこれと並べあげれば「私って、どうしてこんなに彼に執着してるんだろう…やっぱり、別れたほうがいいに決まってる!」と、そう思うのです。

でも、「よし、決めた! 別れるんだ!」と思うと、その何倍も、彼との楽しかった出来事や、彼をいとおしいと感じた瞬間、優しくしてもらった時の幸福感がよみがえり、別れの決断が、とても恐ろしいことのように感じられてしまうのです。

お別れはだけは、誰かに決めてもらうわけにはいきません。  必ず自分で決めねばなりません。 

男女に限らず、「絶対につきあってはいけない性格・気質を持った人間20項目」というサイトを見つけました。

見てみたら、全てが「なるほどー!」と大きくうなづけるものばかり。

絶対に付き合ってはいけない性格・気質を持った人間20項目

絶対に、付き合ってはいけない性格・気質を持った人ってこんな人だそうです。

(1)何かあれば、すぐにカネをねだる人間
(2)強い者に弱く、弱い者に強く当たる人間
(3)嘘でも何でも言って真実をねじ曲げる人間
(4)自分を棚に上げ、他人を執拗に責める人間
(5)自分よりも状況が悪い人を見くだす人間
(6)自分の快楽のために他人を犠牲にする人間
(7)負けそうになると急に友情を強調する人間
(8)人のものを何でも自分が考えたと主張する人間
(9)悪いことは何でも他人のせいにする人間
(10)裏で他人の悪口・中傷を言っている人間
(11)法律や決まり事などまったく守らない人間
(12)自分が一番になった部分だけ宣伝する人間
(13)大声で叫び、自分の都合だけを押し付ける人間
(14)相手が弱ったところで叩きつける人間
(15)徒党を組んで弱者をいじめる人間
(16)勝手に他人の物を使う、盗む人間
(17)身近な人に感謝を見せることもない人間
(18)外見ばかりを気にして外見だけを飾る人間
(19)すぐに怒り、いつまでも怒りが消えない人間
(20)本質とはズレたところで相手を大批判する人間

ちなみにここに、暴力や無視をする人間。 平気で約束を破る人間。などとは書かれていません。

男と女という観念よりも、まず、相手は人間としてどうなのだろうかという基本的なことから考えてみましょう。

余談ですが、彼を生んだのはあなたではありませんから、あなたは彼のお母さんではありませんよ。

今日の応援、よろしくお願いいたします。

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

7月 7th, 2016 at 1:11 AM

最後の言葉、響きますね。
確かにそうです。
自分は親ではありません。

当てはまる項目があるので私も気をつけなくちゃ。
自分は悪くないと思いたいけど、現実はそう甘くはないですよね。
いままで以上に人に優しくいれる自分でありたいな。

Aya7月 7th, 2016 at 10:55 AM

綾さま

ご自身で、そういう風に思えるって素晴らしいことです。

私も、時々この20項目に当てはまるようなことになってないか、チェックしなくちゃ。

Leave a comment

Your comment