気持ちが軽くなるインスタント風水

昨日、深夜までかかって、ようやくトランクの中身を全部片づけたよ~。 というより、トランクの中身を綺麗に収納するために、クローゼットを片づけたといったほうがいいかな。 

今回のハワイでは、自分のものはほとんど買ってなくて、お靴3足(いつもよりは少ない) ワンピース3着、あとはヴィクトリアズ・シークレットのブラがたったの2枚にヨガ用のバッグ、それからホノルルの空港のヴィクトリアズ・シークレットで、勢いで買っちゃった空港限定ののリバーシブルトートバッグ。 あとは、ちょっとした細々したものと、仲良しさんへのお土産と、大切な風水グッズの数々…♫ 

なので、チャチャっとしまってしまえばそれだけですむことではあったんだけど…。 

だけど、これを片づけるよりも先にやるべきことが山積みなんです~~~!! メールの返信やってたら、それだけでも一日が過ぎてしまうというのに、中には、何かと手間のいる要件のメールも含まれてたりするので、早くお返事したいメールすら、深夜のご返信になっちゃったりするのです(涙) あああ、お返事遅くなっちゃってごめんなさい~!!

ところで、5月は、ほとんど自宅で生活することがなくて、一昨日の夜にハワイから帰宅して、旅行用の大きなリモアのトランクと、サブの大きな旅行用バッグを部屋に置いたら、ぎゃ~~っ!! 部屋が狭いっ!! 部屋の真ん中にドンとこれが鎮座しているだけで、なんかきゅうくつな気がして落ちつかない!! だけど、すぐに開いて整理する時間がない~~~!!
 

昔から、一緒に旅行に行った友人からには「パッキングの女王」と呼ばれるほど、実は荷詰めが得意な私。 自慢なんだけど(笑)「あれだけの荷物をどうやってこの中に収めたの??」と褒められちゃうこと、よくあるんです♫

収納好きの性格は、トランクに物を詰める際にも発揮される…のだけど、旅先で帰国の前夜に、トランクに荷詰めを準備をする時、このトランクのスペースの中に、この荷物をいかに上手く、しかも開いた時に中身を効率的に所定の位置に戻しやすいかのプランニングをしてから取り掛かるもので、その作業を始めるまでに、ちょっと腰が重くなっちゃうわけです。

コンドミニアムでの生活は、ランドリーでお洗濯も小まめにできるため、持ち帰るお洗濯ものの量はかなり少量です。 それでも、直前まで着てる服もあったりするわけで、帰ったらそのまま洗濯機に投げ込める状態で、お洗濯を分けて洗濯用ネットに入れてから真空パックしたり、トランクを開けば最初に両親に私達2人からのお土産を渡せるように、取り出しやすく仕分けたりなど、なにかと細々とした下準備をしてからトランクの中にパズルのように組み込んでゆくわけです。

自分でやりながら、「あ~、面倒くさい!!」と思うのです(笑) とりあえず押し込んでおくということが、性格的に出来ないもので、自分のその性分にメンドクサイと思うのです(笑)

その点、妹のBeBeは仕事が早い。 彼女は帰国の際の荷造りが大好きだというのです。 「わ~!こんなの買ってた♫」とか、「そっか、これも買ったんだっけ~♫」なんてウキウキしながら、帰ってからどこに着て行こうかと考えつつ、荷詰めをするのがとっても楽しいらしく、歌なんかうたいながらあっというまに仕上げてしまいます。

帰ったら帰ったで、またトランクを開くのがすごく楽しいらしくて、「きゃ~、これが出てきた~♫」「うふ~♡ これは〇〇ちゃんのお土産~♫」なんて言いながら、玉手箱のようなトランクの中から出てくるものを、あれこれと広げるのが嬉しくて仕方ないといいます。

その点、私は荷詰めの際も先に考えてから詰め込んでいくし、トランクを開く時も、段取りを先に考えてからようやく開く…。 

例えば旅先で新しく買ったことで、自分のワードローブに加わったものを、どこにどのように納めるかかなど…。 そんなわけで、荷物を詰める作業に取り掛かる時も、その荷を開く時も、なんだか腰が重い…。 先にシミレーションをしているため、取りかかっちゃえばすごく早いのだけど、「仕方ない、よし、やるか!」と重い腰を上げるのには、ちょっと気合が必要なわけです。

効率を考えるために、わざわざ自分で面倒なことにしているわけなんだけど、我ながら、何という面倒くさい性格なんだろう、と思います(笑)

つくづく、こういった作業も楽しんでやれるBeBeの性格が羨ましいし、BeBeのように、荷詰めでさえあんなに楽しめたら、同じことをやるのにしても、人生ずいぶん得だと思うのです。 

さて今回は、大して買い物をしていないにも関わらず、出掛ける前からすでにクローゼットがパンパンになっていたので、トランクの荷物を納める前に、まずクローゼットの整理から取り掛かることになりました。

ずっと着ていないけど、買うときに清水ジャンプした上質の素材のTシャツだとか、なかなか着る機会がないのに、「いざと言う時があるかも…。」ということで、ずっとしまいこまれたままのセミフォーマルな服の数々などを、この際と思ってエイヤっ!!とばかりに放り出し、クロゼットの中の風通しを良くします。

いつも、ワードローブを大処分する時に思うのだけど、これだけものがどこにどう収まっていたんだろう…ってカンジです。 ごっそりと捨てたにも関わらず、クローゼットのなかがスカスカになるってことがないのです。 どんだけ詰め込んでいるんだ、私…。

「毎年、クローゼットの中の20%の服を捨てるか、寄付するようにして、新しい服が自分の人生に入ってくるための道を作りましょう。」 リリアン・トゥーは、これを80/20の原則と言っています。 

そして、これは気持ちを新たにして、一歩を踏み出すための秘訣だと言います。 

新しい服は、言い代えれば自分にとっての新しい人生を意味するもの。 なので、これを怠ると、新しい経験が自分の人生に入ってくる隙間がないのです。 

また、リリアンは、インスタント風水として最もお手軽な方法は、家の中の不用品の処分だとも言っています。 どんな家でも、クローゼットの中に着ない服や不要なものはたまってくるもので、そうするとそれに古くて澱んだ気がたまってゆき、どんよりと重たくなってしまうのです。 

そのことによって、この家に住む人の気分が落ち込みやすくなったり、物事が上手くいかなくなってきたりするのだと言います。 重たいエネルギーに押しつぶされそうになるからです。 

着なくなった服や不要なものを捨てることにより、家の中のエネルギーの通りが良くなります。 どんどん気持ちが明るく軽くなってきます。 家の中に、良い運気の流れ込めるゆとりも出てくるわけですね。

リリアンは、「不用品の処分はウツに対抗するのに、とても有効な方法」だと言っています。 

私は秘かに、実はダイエット効果もあったりするんじゃないかと思っています♪ 物がたまってくると、何となく体も重くなってくる気がするんですよね~。

不要なものを思い切って選びだし、エイヤっとばかりに大きな袋に投げ入れて、すっきりしたところで、クリスタルチューナーを鳴らしてお部屋のエネルギーの浄化と調整。 それからお気に入りのお香をたいて、キャンドルをともし、陽の気を高める。 

本当に、片づける前まではずいぶん部屋の空気が重たくなっていたんだということを実感します。 すっかり空気が軽く、爽やかになったところで…さあ、これから気持ちを新たに6月の活動開始~~♫ 応援してくださいねっ!!

これ、ホットヨガの時にお水を入れて持って行こうと思って買ったボトルです。 ペットボトルだと色気ないもんね。

image

それから、ヴィクトリアズ・シークレットのバッグは、ヨガウエアを持ってスタジオに行くのに、とても使いやすそうです。 BeBeがピンクを持っているので、お揃い。

20150523_011316

今日の愛のワンクリックも、どうぞよろしくお願いいたします♪

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Leave a comment

Your comment