イライラしたり、腹が立った時に

私は、食材の買いだめ(とくに生鮮食料品)をすることがほとんどないので、わりと小まめに近所のスーパーにお買い物に行きます。 あれこれと、まとめ買いをしないことで、買い物自体の時短にもなるし、食材を比較的新鮮な状態のままで使い切ってしまえるから、ということもあって :smile1:

ただ、こまめに買い物に行けるのは、お昼過ぎの比較的すいた時間を見計らって買い物に出かけられるから、ということもありますよね。 夕方の込み合う時間だと、商品を選ぶのにも、レジに並ぶのにも、余計に時間がかかりますから、まとめ買いをすることで、スーパーに行く回数を減らすほうが時短になりますもの :smile1:

ところで午後2時前後って、スーパーの店内は比較的すいていて、ゆっくりと品物を吟味しながらカートを押している、専業主婦らしき女性が多い時間帯です。 当然、小さな子供さん連れの方もいらっしゃっるわけだけど、中には、すごい剣幕で子供さんを叱っているお母さんをお見かけすることがあって…。

お母さんも大変だろうなあと思いつつ、いかにもご自分のイライラを爆発させているってカンジで怒っている方や、子供さんに手をあげているような方に出くわすと、「気持ちはわかる :hun: きっといろんなストレスがたまっていてパンクしそうなんよね、でも、その言い方はちょっと… :uuuum: :ase: 」と、何だかとても複雑な気持ちになってしまうことがあります。

気持ちにゆとりがある時だと、そこまでヒステリックになったり、そんな言い方はしないはずのことでも、イライラがたまっていると、ついついひどく剣のある言い方になってしまうものですよね。 で、叱られているのは自分ではないんだけど、自分が母親になった経験がないからなのでしょうが、つい、自分が「子供の立場」で、そんな言い方をされたら、私だったらすごく傷つくなあ… :uuuum: :ase: と、何だか自分のことのように、テンションが下がってしまったりして… :su1: :ase:

時々、子供さんに対して、「何で?何で? :iyaiya: :ikari: 」と、疑問形で怒りをぶつけているお母さんをお見かけすることがあるのだけど、「うむむ…。 このお母さんは、いったい今、子供さんにどんな回答を求めているのだろう… :uuuum: 」と思ってします。 

きっと、「もうっ :iyaiya: どうして言うことをきいてくれないのよっ :iyaiya: :ikari: :!: 」という意味での「何で?? :iyaiya: :ikari: 」なのだろうけど、疑問形で怒られたら、怒られてるほうは、ただでさえ委縮する上に余計に混乱してしまう。 子供ならなおさらだと思う。 いや、大人だってこういう怒り方されたら困るよね :ase:

怒りで冷静さを欠いている相手に対して、「そうかい、ならば説明してあげよう、その理由はね… :smile1: 」などと、淡々と具体的に話せる人なんて、大人にだってなかなかいないでしょうし :nageyari: :ooo:

腹が立って、余計にイライラして、「もうっ、何でっ?? :iyaiya: :!: 」となってしまう気持ちはよくわかるのだけど、そこはひとつ、大きく深呼吸して、「あなたのそんな態度は、こんな風にママや周りの人に迷惑なの。 だから、そういうことをしないようにして、こんなふうにしましょう :su2: :!: 」と、毅然とした態度で、何故ダメなのか、どうすることが良いのかを諭すほうが、きっと子供さんだって理解しやすいと思う。 

少なくとも、子供の立場として、私だったらそのほうが理解できるし、納得する。 たいてい、怒られる時って、怒られる側からしたら「いきなり」に感じるものです。 しかも、怒りにまかせて頭ごなしに感情的になって大きな声を出されたり、疑問形で責めたてられたりしたら、たとえ自分が悪かったとしても、相手に対して「きちんと向き合って話しを聞き入れよう」という気持ちにはなれないものですよね。 

これって、きっと大人同士でもそうだと思うの。 例えば女性って、好きな相手に対しては、「信頼感」があるからこそ、わりと安心してこういう態度を取りがちなものです。 

相手が自分にとって身近な人であればあるほど、感情的になった時に、こんな風な態度で自分の怒りをぶつけちゃったりしがち。 それは、女性特有の「可愛さ」でもあるような気がするんだけどね :su1:

でも、男性って、面倒くさがり屋さんが多いから、笑ってゆったりとこんな態度を受け止めてくれる人ってなかなかいないのですよ。 ゆとりがないというよりも、そのことに自分が関わって、時間を割くのが面倒くさいって思うんじゃないのかなあ。

昨日の「言霊(ことだま)」のお話しではないけれど、怒っている時って、誰でも言葉がストレートになりがち。 だから、そういう時の言葉は、ひとつひとつの単語が言霊として、ネガティブだったり、否定的な言い方だったりしがちなものです。 それが、相手にとっては余計に嫌悪感を高めてしまって、不快感が増す理由になるのです。 

言霊は、自分にとっても、相手にとっても、体や心にそのまま共鳴するエネルギーになるから、なおさらその場が悪い空気で満たされてしまう。

人間だから、誰だってイラっとすることはあるし、怒りが込み上げてきて仕方がない時だってある。 私だってある :su2: :!: しょっちゅうある(笑) でも、そんな時には出来るだけ、相手に対して「何でそうなの?」と言う疑問形な感情にならないように気をつけなくちゃって、私はいつも自分に言い聞かせるようにしてるのです。 だって、いくら「何で?」って思ったところで、答えは得られないんだもの。 そしたら余計にストレスになるんだもの…。 

そんなときの感情を言葉にする時も、できるだけプラスに感じられる言葉を、言霊として発しようと、言葉の変換に頭をめぐらせる…(笑) 

それは、そのほうが自分にとっても良い言霊の響きが共鳴してくるからです。 もちろん相手にとってもね :smile2: 「う~ん、この気持ち、できるだけ良い言葉に言い代えるなら、なんと言おうか。。。 :roll: 」と考える間に、多少冷静さがもどってくるというメリットもあったりして(笑)

そうそう、知人の女性が、とても素敵な料理研究家の方のお料理教室を受講しているんです。 フレンチのフルコースを作ったりなど、かなり本格的なお料理をレクチャーなさるお教室みたい。 福岡にも、優秀で素敵な料理研究家の方がたくさんいらっしゃるのよね :smile3: 好きなことをそのまま仕事にできるって、素敵 :smile1: 料理研究家の方って、たいてい幸せそうにお見受けする方が多いよなぁ、って、私はずっと以前から思っていたのです :smile1: :heart2:

そしたら、知人の女性が先日のお教室で、先生から聞かされたことらしいんですが…。 「イライラしたり、怒ったりして作った料理は、お料理の中身にもストレスがいっぱいつまっている。」って 8-O :!:  わ~ :!: なるほど、ホントにそうかもっ :gaaan1: :!: ってちょっと愕然としちゃいました。

わあ、私も気をつけなくちゃ :nageyari: :!: :!: って思いました。 夕方の時間って、なぜか私は子供の時から、気持ちを急かされる気分になるのです。 なんでだろうと思ったら、小さい頃って、子供なりに、夕方は何だか「もうすぐ夜になる」って気忙しい気分になる上に、母からお使いやお手伝いなど、用事を言いつけられることが多かったからかも。 妹のBeBeも、それには同意しているので、我が家の場合はそうだっただと思います。

夕方の時間は、主婦ならだれでもバタバタするもので、手伝いに子供の手を使うのは、どの家のお母さんでもたいていそうだと思うの。 今となっては、娘ってきっと、母親のお手伝いを通して、自然と家事の段取りを学べてゆけてるものなのだな、と思うのですけどね :happy:

それに、夕方の時間帯を、ゆったりとくつろいで過ごせる優雅な女性なんて、この国にはきっと一握りよね(笑) :smile1: で、私も同じく、夕方は当然、食事の支度もあるし、特に時間が足りないと感じている時なんか、優しい気持ちで心に余裕を持って、微笑みながら料理をすることなんて、まず出来ないの :nageyari:

でも、せっかく美味しい物をつくろうと頑張ったのに、出来上がったお料理にストレスがたっぷりと詰まっているなんて、考えたらとっても恐ろしいし、すごく残念なことです。 

うん、気をつけよう :roll: :!: 深呼吸して、口元の笑顔を心がけて… :smile1: さあ、明日も頑張ろう :happy: :!: :!:

夜が明けたら、パワーチャージツアーに出かけてきます。 今回は、一人で車を運転して出かける旅で、しかも結構な距離を運転する予定なので、メールのお返事が遅くなってしまうと思います。 出来るだけ、早くお返事できるように努力いたしますが、何卒ご理解くださいませ :happy: それでは行ってきます :smile2: :!:

今日の応援、よろしくお願いいたします :smile2:  

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (5)

11月 11th, 2014 at 3:04 AM

アン ミカさんの本を読んでますが、そこに書かれていたのは感謝することらしいです。
毎日何気ないことにでも感謝するようにして、過ごすことだと。
そうしていくことでストレスフリーになるのだそうです。
これならお金もかからないし、実践するのもその日から出来るのでオススメですね!
私も実践してみて、どういう風に変わったのかわかりましたら報告いたしますね(^ω^)

Aya11月 12th, 2014 at 1:40 AM

綾さま

すごく当たり前で、人として心掛けるべく事で、
生きる上で大前提のはずのことが、なかなか守られないものなのですよね~ :nageyari:
いつでも感謝の気持ちを持てる方法を教えてくれる本が、
たくさんあるといいなと思います :smile2:

1月 25th, 2015 at 9:53 PM

貴方は母親がどれだけ大変なことかわかってもいないのに意見を言うのはやめなさい。 :hun:

チョコ1月 26th, 2015 at 3:37 PM

料理の時の気持ちって大事ですね♪
私は包丁が苦手で
一生懸命切っていると、いつのまにか
眉間にシワが!

教えてもらったとおりなのに、イマイチだったのは
そのせいかもと、
妙だけどニヤーっと心がけてみたら
味がかわった感じがしました :-P

ついつい、勝手に夕方になると
誰にも責められないのに、
何だか忙しい気分になり、イライラとします。
よく考えれば、イライラする必要なんて
なかったり :wink:

穏やかに過ごせる方が自分も家族も気持ちがいいですもんね。

穏やかに、家族の帰りを待ちます(^-^)

Aya1月 27th, 2015 at 1:41 AM

チョコさま

おっしゃるとおり、イライラする必要なんてないのに、
どうして夕方って気忙しい気分になるんでしょうね~ :nageyari: :!:

「美味しくなあれ~ :smile2: :!: 」なんてことは言わないにしても、
せめて笑顔でお料理作れるように、私も努力しよう :smile2: :kirakira:
美味しくなっちゃう気がします :smile2: :heart2:

Leave a comment

Your comment