いくつになっても努力をやめないこと♪

母の日の日曜日は、みなさんどのようにお過ごしになりましたか? :smile2:

私は夕食に、母の好きな魚介類を使ったお料理を作って、母をおもてなし(笑)しました :smile1: アクアパッツァと鯛のカルパッチョ :smile3: そして、軽く冷やした白ワインで乾杯~ :smile2:

白ワインは「シャルドネ」を選びました。 シャルドネはブルゴーニュワインの代表的なぶどう品種ですが、南のあたたかい地方で育つブドウよりも、ワインの糖度が低いのです。 そして、私の一番好きな白ワインです :smile3:

糖質制限を実践しようとしたら、意外なことに、和食は結構危険だったりします。 ヘルシーなイメージばかりの和食なんですが、白ご飯一杯には角砂糖15個分の糖質がふくまれているのだそうです。 これはイチゴのショートケーキ1ピースに含まれる角砂糖の量10個分よりはるかに多いらしい 8-O

ここで私が栄養学のことをあれこれ語ると、また「素人のくせに知ったような口をきくな!! :gaaan1: :ikari: 」とお叱りを受けそうなので、あまり聞きかじっただけのことを言わないようにしますけど、すみません :nageyari: でもまあ、そんな感じで糖質の含まれたものを極力避けて食事をしようと思うと、親子丼とかカツ丼とかがNGになってきちゃうんだよね、でもたまには食べたいよね :su2: だって美味しいもん(笑)

ところで、先日ご紹介した低糖質の食事法を提唱していらっしゃるドクター、江部先生のご監修なさる、『糖質制限の「主食もどき」レシピ』というお料理本を取り寄せてみた。 開いてびっくり!! 8-O :!: スゴイ、凄すぎる…。

なにがスゴイかって、白ご飯の代用として、ゆで卵の白みをザルで裏ごししたものとか、えのきだけをひたすら細かく刻んだものだとかが使われている :su2: :ooo:

うむむ…もしや、大切な家族が深刻な病気であったりしたならば、間違いなく私も刻むだろう…エノキをひたすらお米に似せて。 だけど、ちょっとこれは今の私にはちょっと非現実的な技だと思った… :ase: それよりも、やっぱりたまにはガッツリ食べちゃうな、白ご飯もカレーもオムライスも(笑)

そんなゆるい感じで、糖質制限を実践しながら、最近の食生活を送っているのでした :smile1:

そうそう、母の日のギフトのおでかけピヤオちゃんをお届けし終わって、私も少し気持ちがほっとしました :smile3: なにしろ、直前まで船に乗っていて、何も作業ができなかったので、戻って来てからは毎日、ほぼ徹夜状態でしたから…。 でも、とても楽しく準備を進めてました :smile3:

母の日って、一年のうちのこの日にだけ感謝するってわけではないのだけれど、誰でもが普段、かしこまって言う機会がないだけに、「ありがとう」を言う日があるということは大切ですね。 

私の知人はお母さまの墓前に、母の日にはかならずお花を持ってお参りすると言っていました。 それを聞いて、全ては「気持ち」なんだなって気がしました :happy: :kirakira:

母の日のギフトに、私はお出かけピヤオちゃんのバッグチャームと、ゲルマニウムのローラーを母に贈りました :smile3: 女性である以上、きれいであること、きれいにすることを怠ってもらいたくないですからね :smile1: いくつであろうと、「あきらめること」が自分の限界をつくってしまうことだと思うのです。 

そういえば、以前にご長寿ツインズとして一世を風靡した、「きんさん、ぎんさん」の双子のご姉妹は、マスコミで話題になってテレビの取材などをよく受けるようになった頃から、ご自宅で簡単な筋トレを始められたそうなのです :smile2:

そしたら、だんだんと筋力も上がってきて、初めは握って数回しか上げ下げできなかったダンベルも、やがて何十回も上げ下げできるようになったのだとかで、筋力って、たとえ100歳になってもつけようと努力すれば上がるものだと聞いて、思わず私も見習わなくちゃ!! と感激したのでした。

それに、人の注目をあびるようになってから、おぐし(髪の毛ね)の量も、以前より増えてきたのだそうで… :smile2:

「もう年だから… :nageyari: 」って言った時点で自分で止めてしまうのです。 筋肉だって、いくつになったって鍛えあげられるものだというのに、自分で早めに自分の限界を決めて止まってしまうのは惜しい話です。

これで、あのあたりの肉や、このあたりの肉をぐいぐいとつまみ上げるわけです。 実は、自分用にも買ってみたのだけど、効果のほどはまだわかりません… :nageyari: でも、かなりしっかりとつまみ上げてくれるので、もしや痩身効果があるのでは?? などど、ちょっぴり期待したりして :nikoniko:

何か効果を感じられたら、またご報告いたしますね :smile3: :!:

さてさて、写真は、ボイジャー・オブ・ザ・シーズのメインストリートとなる4階吹き抜けのプロムナードで行われる、パレードの様子です :smile3: ちびっこからお年寄りまで大盛り上がり :nikoniko: :onpu2: カンフーパンダの見事なダンスに、私もBeBeも大興奮でした(笑)

みて~ :smile2: :shuku: ホントに楽しそうでしょ~ :nikoniko: :onpu2:

非日常的なこの時間を作るために、パレードのスタッフたちは、きっとすごいトレーニングをして、ご自分のお仕事をとても愛して、すごく誇りをもって頑張ってるんだと言う気がしました。 人を心から引きつけられるって、いい加減な関わり方では無理なのです。

さ~私も頑張ろう :smile2: :!:

本日の応援、よろしくお願いいたします :smile3: :!: :!:  

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

himuneko5月 13th, 2014 at 11:21 AM

Ayaさん

私も母の日は、大~っぴらに『ありがとう :!: 』と『大好き :heart2: 』を言う日にしています :nikoniko:
アメリカのドラマなどを見ると、電話を切る前や帰る際に『I love you』なんて普通に言うけれど、日本ではなかなか日常的に言わないし、言えないですもんね :asease:
言えるときに言うようにしていますが、やっぱり母の日があるって素晴らしいことだと思います :happy:

因みに私の母は鼻が少々低いのを気にしておりまして、鼻筋を通し高くするというシリコン製の洗濯バサミみたいのを買っていました :hehehe:
かなり前だったけど、使ってるのかな、あれ :ooo:

Aya5月 13th, 2014 at 11:59 AM

himunekoさま

アメリカにお住いの方に以前、「母の日おめでとう」って言うときいて、
そっか、日本ではおめでとうって言わないな~って思いました。
英語はいろんなことに「Happy」をつけて祝うけど、素敵な感覚ですよね。

母であることに感謝されて、母であることを祝われる日って
母ではない女性からしたらうらやましいなとも思える気がします :happy:

himunekoさまのお母さまって可愛らしい :smile2: :heart2:

Leave a comment

Your comment