反論するということ

子供の頃の私は、人に反論をしない子でした。 反論が苦手だったのです。 内気で言い返せなかったわけではなく、お友達から何か言われた時に、「何か言い返さなきゃ」とも思わなかったし、何よりも、とっさに言い返す言葉が思いつきませんでした。

ただ、言われっぱなしではとてもへこむこともありました。 言われた内容によってはすごく悲しくなったり、自信喪失してしまうこともありました。 それで、家に帰って、メソメソしながら、母に「〇〇ちゃんに、こんなふうに言われたよ~ぅ :sad: 」と泣きつくと、母からひどくしかれることがありました。

「だったらその時どうして、こんなふうに言い返さなかったのよ :iyaiya: :ikari: :!: 」と。

そう言われれば、「ああ、なるほど…そう言えばよかったのか :su1: :ooo: 」と思うんですが、私ったら、とっさの機転がきかない上に、とにかく言われたまま「そっかぁ… :ooo: 」と納得してしまう子だったので、散々母に叱られて、「だって、その時はそんなこと、思いつかなかったんだもの…。」と、余計しょんぼりするしかありませんでした。 もしかしたら、これは長女の特徴? よくわかりませんが(笑)

私の母は、私と違って、いわゆる「目から鼻に抜ける」ような人です。 幼かった頃の母のことを、亡くなった祖父はいつも、「この子が男の子だったらなぁ :smile1: 」と言っていたのだそうです :smile1: 1を聞いて10を理解するような性格。 そんな母なので、何か言われて言われっぱなしでいるようなことはまずありませんから、必ず、その場に応じた意見をきちんと返すことのできる人なんです。

不条理なことでも、お友達に言われっぱなしになって帰ってきては、いつもめそめそしている娘をみると、だから母は余計にイライラとしたのだと思います(笑) 

「どうしてきちんと自分の意見を言わないの。 ちゃんと主張するべきことは、きちんと言いなさい :!: 」 その頃、母が私に言いたかったことは、おそらくそういうことだったんだと思うんだけど、子供の頃の私は、そのたびに「言い返す言葉が思いつかない、とろくさい子だ… :uuuum: 」と、自分を責めて、とても落ち込んだりしていたものでした(笑)

「言い返す」というと、反論するという意味にかなり近いとこがあるけれども、例えば相手が自分に対して何か誤解していたり、実際はそうではないのだという場合は、当然、それに対して正しい事実を伝えるなり、弁解するなりをきちんと伝えることが必要になってくるシーンもあります。

言われっぱなしで黙っているのは、事実ではないことも、誤解されていることも、黙って認めてしまうのと同じなわけで、場合によっては黙っていることが、のちのち余計に大きな誤解につながることもにもなりかねないわけだから、やはり、、きちんとその場で事実や自分の思いは知らせておくことは大切なんだ…と、大人になれば実体験もふまえて、つくづくそう感じるものです。

いずれにしても、昔の私って「ハイハイ、アンタの思うように好き勝手に言ってなさい :su2: 」と、投げやりで冷めた子だったというわけではなく、とっさの機転がきかないために、ただ言われっぱなし、責められっぱなしになっていることの多い子だったわけです。

これじゃイカン :roll: :!: と思ったのは、ジュエリーのお仕事を始めるようになってからです。 

小粒の、いわゆる「メレー」と言われるダイヤモンドは、通常、0.2キャラットに満たない重さの、小粒ダイヤの通称です。 ですが、当時マダム達の間ではそれを、「くずダイヤ」と呼ぶのがわりと一般的でした。

例えば、小粒のダイヤをぎっしりと留めつけて、華やかに豪華にみせるような「パヴェセッティング」のデザインを、「でも、これはくずダイヤだもんね :smile1: 」という言い方をなさるマダムは、当時、少なくありませんでした。

グレードの良い、輝きの美しいダイヤでも、小粒であれば「くず」呼ばわりされてしまうのです。 私はなんだかそれが可愛そうで、悲しくてたまりませんでした。

単純に0.2キャラットといえば、充分にエンゲージメントリング(婚約指輪)にもセッティングされるダイヤです。 最近は、そのサイズのダイヤをカジュアルなデザインリングにセッティングしたエンゲージが人気でもあります。 

それ以前に、どれほど小粒の石であろうと、ダイヤに「くず」なんて存在しないのに…そう思いました。

だから、そんな方たちに、「反論」するのではなく、けして「教えてあげる」というようなエラそうな言い方でもなく、相手に、「メレーダイヤでも素敵な子達なのね :smile3: 」って思ってもらえるような、お話しができたらいいなぁ :smile1: そう思いました :smile2:

それには、もっともっと勉強しなくちゃ :smile3: :!: 宝石の事も、ジュエリーの事も、どんなことでも幅広い知識があれば、素敵な言い回しを使って、言葉を話せない宝石やジュエリーの代わりに、その魅力を私がたくさんお話しできるようになればいいんだ :smile3: :!: そう思いました。

誤解があれば、上手く理解してもらえるように、否定的な言い方をされたら、反論ではなく、上手い切り替えしができるように…そんなプロフェッショナルになりたいな :smile2: :kirakira: そう思ったのが、私が宝石のお勉強を専門的に始めるきっかけになり、そして頑張れる原動力になった理由でした :smile1:

最近、私の知るあるスピリチュアリストさんが、偶然こんなお話しをなさっておられました。 「相手に言い返せば、自分がつらくなるだけです。 何故なら、言い返せば相手からはさらに言い返されてしまう。 以前の自分は、絶対に言い返そうとするとこがあったんだけど、それをやめてみたらとても楽になりました。」と。

なるほど、確かにファイティングポーズをとっている相手に、同じくファイティングポーズで向かってゆけば、かならず戦いになってしまいます。 そこには自分の正義を守ることと、「勝ち負け」しか存在しないからです。 :smile2:

だけど、「勝ち」とか「負け」はどうでもよくて、ちがった風に誤解をされたり、事実ではない解釈をされたりした時には、きちんと自分なりの意見を伝えること、それはそれで大切なことではないかしら、って気もするのです。

先日の、私のブログの記事に対して、『病院の食事はプロが作ってるくせにまずいし、この程度なんだって~ :roll: それに比べて、私は、こんなにお料理も上手だし、すごいでしょ~ :lol: ?調理師さんという資格のある方にもほめられたのよ~ :nikoniko: 』というようなことを感じたと言われてしまいました。

反論する気なんか全くありませんが、私はまさか、そんなつもりなんて少しもありませんでした…。 

でもどんな風に受け止めるかというのは、その人の価値感や考え方、そして、今いらっしゃる環境などが大きく影響しますから、その方にとってはそう思ったというのが、事実でしかなく、それが間違ったことだと否定される理由は全くないのです。

ただ、そう言われて私は本当に、とても悲しくなりました。 ほ~ら、私ったらこんなにスゴイのよ~ :smile3: :!: なんて、自慢する気なんか全くなかったし、そんなつもりでのお話しではありませんでした。 

先日、事故に遭ってしまい、今のところは自分では、立つことも歩くこともできない状態になったことで、入院しなくちゃいけなくなってしまった知人の女性が、「入院中のお食事がそっけなくて辛い」とこぼしていたことに、つい同情してしまっただけのことでした。

彼女は、幼いころに突然ご兄弟を失くし、そしてある日大好きなお母様が突然、天国に召されてしまいました。  その後、仲良しだったお父さまも彼女を置いて、今はお母さまのところにいらっしゃいます。 たくさんのお友達に囲まれて、いつも笑顔な彼女ですが、最愛のご家族はそばにはいません。

彼女には夢がありました。 どうしてもやりたいお仕事があったのです。 ずいぶん長い間、彼女は自分の夢のためにものすごい努力をなさってきました。 できない、上手くやれない…そう言って、涙を流しながら、何度もくじけそうになりながら、それでもあきらめず、歯を食いしばって頑張ってきました。 

そんな時、そばで励ましてくれるご家族がいれば、どれほど心強かったかしれません。 でも、一人で彼女は立派に頑張りぬき、みごとその夢を実現させた…その、ほんの数日後の事故でした。

どれほど不安なことか、どれほど心細いか…いつ元通りの元気な体になれるのかわからない入院生活は、どれほど彼女を悲しく、辛い気持ちにさせているか…毎日、笑顔で病室をのぞいてくれるご家族がいれば、せめて少しは救われるだろうに…そんな彼女が気の毒でたまらなかった私は、彼女が写真で知らせてくる「残念なお食事」を見て、作り手側のお立場も考えずに、単純に「かわいそう… :ase: 」と、同情をしてしまったのでした。

それが配慮が足りないと言われてしまえば、本当にその通りなのです。 まさか、全ての病院の、すべてのお食事を作るお仕事をなさっている方々とお食事を非難するつもりなんて全くありませんでした。 でも、大勢の方達にそんなふうに思われちゃったのかなぁ… :uuuum: :ase: ごめんなさい。

ここの病院で、不安な気持ちで過ごしている彼女や他の患者さんたちが、少しでも楽しくなれるような、ちょっとした工夫とかがあれば素敵なのに…そういうのが愛情ってことだよね :smile1: と、とても軽率ながら、そう思ったことをそのままお話ししちゃいました。

いつも申し上げている様に、わたしのこのブログは、誰か特定の人を非難したり、批判したりすることを目的とはしていません。 ただ、言い訳するつもりはないのだけど、5年の間、日々、自分の思ったことや感じたことなど、いろんな気持ちを書き綴っていたら、どうしても何かに疑問をもったり、何かに憤りを感じたり、時には批判的な言い方になってしまうこともあったかと思います。

結局、それが私の個人的な意見を一方的に告げているように思われたり、評価するような偉そうな態度にとられてしまうこともあるかと思います。

ブログに対して何かご意見を頂く際に、よく、「あなたのブログを友達にも見せたけれど、友達も私と同じ意見だったわよ :su2: :!: 」という言い方をされることがあります。 「2対1なんだから、アンタの負けよ :su2: 」っていう意味で言われているわけではないと思うんだけど、「意見の多い方が正しいんだから、間違ってるのはあなたよ :!: 」という意味なのかしら…って気がしないでもありません。

少なくとも、そう言われたら、何だか自分には味方がいなくて一人ぼっちなんだ…という気持ちにさせられるような効果はあるような気がします…。

私は始めから、まさか誰かと戦う気なんかこれっぽっちもないので、私にとっては「勝ち」も「負け」も存在しません。 なにしろ、私の意見や考えなんて、本当に狭い世間の中で、偏った、とてもちっぽけな知識と経験の中で語っていることだけなんです。

そこに、誰か特定の人を傷つけるようなことは、けしてあってはならないことだけど、私の思ったこと、感じたこと、伝えたいことをお話しする以外に、私は誰に向けて何を語ったらよいのでしょうか…。 

パワーストーンのことをお話ししたところで、専門家の方で、私とは違う意見をお持ちの方や、私とは違う解釈をなさっている方は大勢いらっしゃるのです。 風水にしても、本当にたくさんの流派があります。 流派によっては「え、うそ、逆?? :roll: 」と思えるようなやり方すら存在するのが事実です。

何度も言うように、このブログは、誰か特定の人を非難したり、批判したりすることを目的とはしていません。 配慮がたりず、誰かに嫌な思いをさせてしまったり、傷つけてしまったりすることがあれば、本当にそれは心からお詫びを申し上げたいと思います。 

中には誰が正しくて、誰が間違っているという問題ではないようなことも、たくさんあると思います。 

そして、もちろん、私の意見なんて、始めから絶対ではないのです。 でも、私の思ったこと、感じたこと、伝えたいことをお話しする以外に、私は一体、どなたに向けて、どんなことを語ったらよいのでしょうか…。

何だかとても悩んでしまいました。 彩のラブスピは、何気ない日常の中から、毎日たくさんの「楽しい :smile3: 」や「嬉しい :nikoniko: 」や「ステキ :kirakira: 」をみつけたい… :smile2: そんな思いがいっぱいに詰まったブログにしたいなっていう気持ち、それはいつも変わりません :smile3:

これからも、毎日たくさんの「楽しい :smile3: 」や「嬉しい :nikoniko: 」や「ステキ :kirakira: 」を、みなさんと一緒に見つけて行けますように…今後もっともっと魅力的な楽しいブログにしてゆけるように、努力してまいります :smile2: :!: 大好きなみなさん、こんな未熟者の私ですが、どうぞ今後ともよろしくお願い致します :iyaiya: :heart: :heart2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (24)

10月 11th, 2013 at 5:59 AM

あやさま、

ほんっっっっっっとにいろんな奴。。。人が居ますね。言葉をひね繰り返して意味を違くとる人。誰かから注目をもらいたいんでしょうね。。 :su2:

あや様は一人の大人の人間だし、もし万が一意見があわなくてもそれがあや様の意見なんだから、それはそれで受け止めるって言う近代社会の大人の態度ができないのですかねぇ。算数の答え合わせじゃないんだから。。

私は何年もストーカーの如くお二人を付け回してますが、今まで以上にこれからも楽しみにしてます。 :heart: :heart2:

イカの唐揚げランチを食べながら興奮してしまいました。 8-O

ひろこ10月 11th, 2013 at 8:11 AM

Ayaさん、
私はAyaさんのブログがとても楽しみなので
このまま、今までどおり続けて欲しいです。
私も入院経験があるので、Ayaさんとお友達のおっしゃる意味が
少しわかります。
栄養のバランスのとれた入院食は後々、体には良いのだろうと
理解できますが、入院中に凹んでいる私を元気づけてくれるもの
では無かった気がします。
目的が違うので仕方が無いですよね。
プラスチックのお盆に乗ってるゼリーはちょっとウキウキしますが。

そんな時に、病室を訪ねてくれて、ちょっとした文句も聞いてくれる
Ayaさんのような友人が入院中のごちそうなんだろうなと思います。
お友達が、早く元気になりますように! :lol:

しおん10月 11th, 2013 at 8:23 AM

Ayaさま

いるいる~、こういう人~。
アタシは違う意見を持ってますよ~、って言ってるだけのに、人格否定されたと思っちゃって、敵意丸出しでにらんでくる奴とか(笑)
色んな意見があっても、いいやんね~♪

むしろ、みんな同じ方がキモいし、オモロクない…
私はこう思ったけど、貴方はそう思ったのね…それだけのことですやんね。

これからも、Ayaさんが見たこと♪感じたこと♪美味しかったこと♪(笑)を楽しみにしてま~す :onpu2:

まいほ10月 11th, 2013 at 9:55 AM

人の数だけ思いや考えがありますよね :nikoniko:

他人のブログ読ませていただいて、私とは違う考えだなって思うこともよくあるし、そこで私は、『あ〜、この人はこう思うんだな』って勝手に受け入れるというか解釈してます

ayaさんのブログ、誹謗中傷なブログだなんてこれっぽちも思ったことがなくて、今回この記事読んでびっくりしました

これからもストレートに、ayaさんの日々の思いを綴っていってください :onpu:

私は、ayaさんの言葉や生き方、大好きです :heart:

ぴよ10月 11th, 2013 at 9:42 PM

このブログを偶然見つけて、私にはキラキラしていたりあったかかったり…。そして何よりもご自分の仕事にとても誇りを持ってらっしゃるんだなぁと感じています。今のスタンスで良いと思いますよ。気候不順なのでお身体お気をつけ下さいね。

carbuncle10月 11th, 2013 at 10:41 PM

Aya様

言葉だけで伝えることは本当に難しいですね。。。
受け取り方はその人それぞれだけど、
私もAya様のお人柄と愛のあふれるブログが大好きです。
お料理の写真で感心したり、私もこうありたい!と思わされたりで
癒しと女子力促進の両方の効果を存分に受けておりますよ :happy:

その時々の心の持ちようで、言葉の受け取り方は変わってしまうけど
読者の一人として、これからもAya様のブログを楽しみにしてまーす♪

Yoshibay⭐10月 12th, 2013 at 2:22 AM

Ayaさま
ベタだけど….大好きな曲がありまして。。。その歌詞をふっと思い出しました。『世界に一つだけの花』です(笑)
私が過去に凄く落ち込んでいた時に丁度ブレイクしていたのがこの歌でした。
言葉は受け取る人のその時の心の状態で変わってしまったりしますよね。。。発信している側にも言葉に隠れた心情があって、受け取る側もまた同じで。。。
心の中の柔らかい内側までは見えないもの。。。でもそれが当たり前なんじゃないでしょうか。
こんな事いったらいけないのかもしれませんが、神様じゃないんだから、きっとそれでいいんだと思います。
その時に感じた感情を大事にしていければいいんじゃないでしょうか?
そして、ありのままの自分でいるのが一番!
な〜んて、なんか偉そうな感じになっちゃってごめんなさい :asease:
こんな事書きながら、自分にも言い聞かせたりしています :ase: :ase:

これからもAyaさまのブログ、楽しみにしています!!

白虎10月 12th, 2013 at 2:37 PM

初めまして白虎です。
わたしは男ですが、彩さんのお料理を拝見するのが楽しみです。

『病院の食事はプロが作ってるくせにまずいし、この程度なんだって~ それに比べて、私は、こんなにお料理も上手だし、すごいでしょ~ ?調理師さんという資格のある方にもほめられたのよ~ 』というようなことを感じたと言われてしまいました。

これ送りつけて来た人・・・最低な人ですね。
でも、こんな人が見るブログになったって事も問題だと思います。
こういう輩が簡単に閲覧出来ないように会員制にしてみてはどうでしょうか?
あなた方姉妹のブログを拝見していると、惜しげも無く情報を提供している節があります。
無料で情報を提供するからこういう馬鹿者の神経を逆撫でするんですよ。
自分に何も特技が無い人間というのはとにかく攻撃的。
恥を知るべきですね。
まぁ、恥ずかしいなどというまともな神経を持っていれば他人様にこういう不愉快な事は言わないでしょうがね。

ブログ楽しみにしている人間がいるんです。どうか頑張って下さい。

毒吐きBeBeちゃん10月 12th, 2013 at 5:09 PM

あたしも毒吐き女だけど・・・・随分と酷い事いう人がいるもんだね。
なんだか悪意を感じるね。
てか・・・ブログってあくまでも私達個人の日記みたいなものだから内容がムカつくとか、そんな事でイチイチ喧嘩売られても困るなぁって部分もあります。

でも、上の白虎さんの意見も一理あると思う・・・こういう人が見てるブログってことが既にエネルギー低いって事かも?
有料化・・・・ニヤリ(笑)

りこ10月 12th, 2013 at 9:32 PM

aya様
こんばんは。
世の中にはいろいろ方がいらっしゃるから全員に伝えようとするのは大変で、たったひとりにでも思いが伝われば御の字です。
でもaya様は素敵!
こうやってたくさんの人に寄り添っていただけてるのですもの。
「ほ~ら、私ってこんなにも幸せなのよ。エッヘン。あなたにもおすそ分けしてあげたいわ」と威張っちゃいましょうよ :wink:

Aya10月 12th, 2013 at 11:15 PM

明さま

いつもありがとうございます :smile1: :heart:
この件に限定してってわけでなく、一般的に…って話しですが、
「自分には絶対に反論してくるはずがな~い :roll: 」と思われる立場の人は、どうしてもターゲットにされやすい気がします :su1:

実は、デパートやブランドブティックでは、どこでも名の通った有名なクレーマーさんっていらっしゃいます。
相手が自分に反論するはずがないって自信があるから、荒探ししては突いてくる。 そんな人に何か言うと、それこそ「倍返し」で戻ってきます(笑)
きっとどこか満たされないところがあって自分に注目を向けてほしいのですよね、明さまのおっしゃるとおり…。 

それにしても、イカのから揚げ :-D :heart2: レモンかけて、ケチャップとかもついてる感じのやつかしら~~ :iyaiya: :onpu2: おいしそ~~!!

Aya10月 12th, 2013 at 11:25 PM

ひろこさま

ありがとうございます。
なんだか優しい言い回しのメッセージの中に、ひろこさまの思いやり溢れるお人柄がにじみ出てます… :happy: :kirakira:
私が入院した時…作ってくださる方、運んでくださる方、様々な方のお手とご苦労が加わったものだから、有難く、もちろん文句など言わず、頂いた記憶があります。 でも、どんなものを頂いたのか、今思い出そうとしても、全く記憶に残っていなくて… :ase: 病気の時って、病気と闘うのに、ホントに体が頑張りすぎていて、余裕なんかないのかもしれないですね。
でも、あの時のバランス良いお食事が、私を元気にして、また仕事ができるカラダに戻してくれたんだな~って思います :smile1: :kirakira:
そして、私の場合も、周りの方達の応援が、すごい活力剤になったかもです~ :nikoniko: :onpu2:

Aya10月 12th, 2013 at 11:53 PM

しおんさま

真面目な人って、これが正しいと思ったら、違う意見は「間違っている!」と認識しちゃいがちなことがあるかもですよね。
まっすぐな人って、自分の信じていることに否定的な言い方をされたと感じたら、
とても傷ついたり、時には相手を攻撃してまで自分の信念を守ろうとしたり…

しおんさまがおっしゃる通り、いろんな考えの人がいるから面白い…
あ~、でも、そんなふうに「面白い :nikoniko: 」って言えるのも、ある意味心のおおらかさ :smile2:
それこそが、ゆとりかも… :smile2: :kirakira:
良いお話し、ありがとうございます~ :happy:

Aya10月 12th, 2013 at 11:56 PM

まいほさま

ありがとうございます :happy: :heart2:
うわ~ :smile2: そんな風に思っててくださる方もいるんだ~ :heart2: :heart: って、
何だか心があったかくなりました :smile2: :kirakira:
「そっか、この人はそう思うんだ~ :nikoniko: 」っていう受け入れ方こそ、
ノージャッジメントの基本なのかも :kirakira: 素敵です :heart:

今後ともどうぞよろしくお願い致します :happy:

Aya10月 13th, 2013 at 12:08 AM

ぴよさま

ありがとうございます :sad2: :kirakira:
そんな風に言って頂けるなんて…本当に嬉しいです :happy: :heart:

偶然に見つけて頂けて、ご縁がつながる… :kirakira:
私にとって、すごく嬉しくて幸せを感じることなんです :smile2:
こんな嬉しいメッセージを頂けることも、そうです :smile2: :heart2:

今後ともどうぞよろしくお願い致します :smile2: :kirakira:

Aya10月 13th, 2013 at 12:23 AM

carbuncleさま

ありがとうございます :happy: :kirakira:

おっしゃる通り、受け取り手のその時の状況や気持ちで、感じ方って変わりますね…。
普段なら何とも思わずスルーしちゃうことでも、状況によっては何かひっかかるってこともあったり…。
carbuncleさまとも、思えばずいぶん長いお付き合いを頂いています :smile2:
今後ともどうぞよろしくお願い致します :onpu2:

Aya10月 13th, 2013 at 12:29 AM

Yoshibay⭐さま

ありがとうございます :smile2:

好きな映画…って、例えばそれを見た時の状況や心の状態がすごく反映されてたりしますよね。
心にストンと落ちるのって、自分が何か共感しちゃう状態だったりするんすよね…。
どなたの心にも同じように響く言葉でメッセージを送るなんてこと、
確かに神様じゃないから、私には無理… :smile1:
でも、誰かに伝わればそれでいいし、違う意見があるのも、それはそれでまたいいことなのですね… :smile1:
ありがとうございます :smile2: :kirakira:

Aya10月 13th, 2013 at 12:35 AM

白虎さま

はじめまして :smile1:
男性の読者の方もいらしてくださることがわかると、
そのつど嬉し恥ずかし…って気分になってしまう私です。
鋭い視点からの貴重なご意見、有難く頂戴いたします :!:
今後ともどうぞよろしくお願い致します :iyaiya: :!:

Aya10月 13th, 2013 at 12:36 AM

BeBeさん

うぬぬ… :su2: :ooo: :ase:
会議、しますかね。。。焼肉とか食べながら。。。 :roll:

Aya10月 13th, 2013 at 12:53 PM

りこさま

ありがとうございます :sad2: :heart2: :kirakira:
まさに、私もりこさまがそうおっしゃってくださったことと同じことを感じて
心がほんわか…
りこさまと、こんなにたくさんの方達の優しさが
まるでふんわりあったか毛布で私をすっぽり包んでくれてるみたいです… :happy: :kirakira:

本当に、ありがとうございます… :smile2: :heart2:

emi10月 14th, 2013 at 12:31 AM

Ayaさま

まさに最近、似たような思いをしたので胸が痛くなりました。

4年ほど前にお世話になった叔母が亡くなったのですが、告別式の日に娘が高熱を出してしまいました。実家が遠く頼れる身内がいない私は義姉に相談したところ、仕方ないので治ったら早めにお焼香に行けばいいと言われたのでそうしたのですが・・・つい最近、ふとしたこときっかけに私は不義理をしたと責められました。4年前のことだし義姉は自分が言ったことをすっかり忘れているようで・・・何で今さらその話??とビックリして、反論できなかったし、4年間ずっとそういう風に思いこんでる人に今さら言ってもと思い、する気にもなりませんでした。これからずっと私はそういう人間だと思われるんだなぁと考えると気が重いですが・・・色々思うところもあり義姉と距離を置くことに決めました。気持ち良くお付き合いしたいと思えばきちんと話をする気にもなるのですが、ならないってことはその程度の関係なんだなと。
身内だから複雑ですけどね。

Aya10月 14th, 2013 at 1:16 AM

emiさま

不義理って…すごく胸に突き刺さる言葉ですね :ooo: :ase:

今日に限って、、、って時に、子供さんの体調がわるくなることがあるって、お母さん方はよくおっしゃいます。

私の祖母は昔よく、「生き神様が先 :smile3: 」って言ってました。
神棚、仏壇より、生きてるものが優先っていう意味で、神棚やお仏壇より先に子供たちの食事を出しちゃった時などに、よくそんな風にお茶目に言っていたみたいです。
でも、母親ですもの、そういうことですよね。

いつかお義姉さまも何かの拍子に、「あ、あの時って、そういえば… :komatta: :!: 」って、自分の言ったことを思い出してくれたらいいな…。
何も言わずに言葉を飲みこんだemiさまのお気持ちが、いつかきっとお義姉さまの良心に届きますように…」。

里奈10月 16th, 2013 at 11:37 AM

AYA様
いつもたくさんのありがたい教えをありがとうございます。
初めてこちらのブログでお料理のお写真を拝見したとき
「ええええええ!!!!!! どうみても三ツ星レストランか老舗料亭のご馳走」とAYA様の超人的お料理の数々に驚き勇みました。
不特定多数の方がご覧になり様々な御意見がAYA様のお耳に入ると思います。中には心無い人達も居るだろうと拝察しております。
AYA様御本人にしかわからない心境もたくさんあると思います。
でも私のようにAYA様のブログを楽しみに待っている読者もたくさんいらっしゃいます。
これからもどうぞお導きよろしくお願い申し上げます。

Aya10月 16th, 2013 at 10:38 PM

里奈さま

きゃ~~~~ :love: :heart2: :heart:
そんなに褒めて頂いてもいいのでしょうか…嬉しいなぁ :smile2: :kirakira:
私、褒められて伸びる子なのです :iyaiya: :onpu2:
いっきにパリコレの舞台に立てるほどの身長に伸びた気分 :happy: :kirakira:

そんな優しい応援が、私にとってはどんな御馳走よりも心と身体に栄養を頂けるのです… :nikoniko: :kirakira:
ありがとうございます :smile2:
こちらこそ!! 今後ともどうぞよろしくお願い致します :smile2: :heart2:

Leave a comment

Your comment