続・長女のお話し(役割)

日曜日のBeBeの自宅で賑やかに開催された風水メイクのワークショップは、先日姉妹で買い付けてきたいろんなグッズに加え、恒例のAyaオリジナルパワーストーンアクセサリーの豪華お土産付でした :smile3: 美しいみなさんが、さらにさらに美しく変身なさって、ますますキラキラと輝いて、BeBeも私も大満足 :smile2: :heart2:

毎回、姉妹それぞれの得意分野をフルに活かしてコーディネートをしている、ラブスピ姉妹コラボのワークショップです :nikoniko: 今回の「風水メイク」のご報告はまた、改めてゆっくりさせて頂くとして…今日は「長女のお話し」の続きから… :smile3:

先日、仲良しのある素敵な殿方が、お互いの昔からの共通の友人である女性のことを、「あいつ、甘え上手だからな~ :smile3: 」と言ったのを聞いて、私は思わず、「いいな~ :happy: 甘え上手って、なんて可愛くて羨ましい褒め言葉なんだろ~ :smile2: 」と思ってしまいました(笑)

みなさんもご存じかもしれないけど、一般的に長女って甘え下手な人が多いのですよ(笑)

私の場合は、「素直に甘えられない」というより、「甘え方がわからない」と言ったほうがいいかもしれません。 でも、これは小さい頃からそうだったので、特に「おねえちゃんだから我慢することが多かったので仕方なくて… :uuuum: 」というわけではないと思います。

私が幼かった頃、まだBeBeが生まれる前のことを振り返って、母が「大人が3人で暮らしてるみたいだった :roll: 」と言うほど、私は子供らしくない子供でした(笑) とくに我儘を言うこともなく、駄々をこねて泣くこともなく、母が「絵本かスケッチブックとクレヨンさえ渡しておけば、何時間でもおとなしく一人で遊んでいた :su1: 」というほど、手のかからない静かな子供だったらしいです。

それにくらべて、妹のBeBeは本当に子供らしい子供でした(笑) 子供らしいお茶目な振る舞いで、大人たちを笑わせたり和ませたり、たまに苦笑させたりして、多分私よりは親に叱られることが多かったかもしれないけれど(笑)、私はBeBeを見て「子供らしい振る舞い方」を学んだようなものなんですよ、本当に(笑) :nikoniko:

なので、大人になって「甘えん坊」なんて言われることが(まず、ないけれど :nageyari: )、まかり間違ってうっかりそんなこと言われたりなんかした時には、私はホントに嬉しくなっちゃいます(笑) :heart:

相手が男女問わず、場所を問わず、上手な甘え方がわからないのは、私の場合は本質的なものもあるのだと思うのですが、たいていの「お姉ちゃん」は、甘えさせてもらう機会を下の子にとられて、仕方なく我慢してきた…というケースが多いみたいですよね。

喩はとっても変ですが、飲み会のとき、先に誰かが酔っぱらってしまうと、こちらは妙にしっかりとなってしまって酔えなくなるっていう、あんな感じといいますか…あ、スミマセン、ホントに喩が変ですね :nageyari: しかもお酒を召し上がらない方には理解不能な世界かも :nageyari: :ase:

子供ながらに、小さい子が泣き出すと、年上の子は自分だってホントは泣きたくてもそれをこらえて、しっかり頑張ってしまうしかないというか…人の心理って、弱いものものを見たら、こちらがしっかりしなくてはいけないという責任感のようなものが湧いてくるものではないかと思うんですよ。

さらには、家庭でのいろんな事情があったりとか、小さい頃からの環境によって、「私がおねえちゃんなんだから頑張らなくっちゃ :iyaiya: :!: 」と自らすすんで思い込んでしまう状況にあった人もいるでしょう。

逆に、小さい時から何かつけ、「お姉ちゃんでしょ :su2: 」「お姉ちゃんなんだから :poke-: 」という言葉で、したくもない我慢を強いられてきた人だと、なんでお姉ちゃんだったら我慢しなくちゃいけないわけ?? :iyaiya: :!: 」って理不尽さに不満が蓄積しても仕方のないこと。

いずれにしてもです、気負いすぎたり、頑張りすぎたりすると、誰だって疲れるものなんですよ。 何だか自分一人が無理してたり頑張ってたりするような気がして、「私だけが損してる :cry: :!: 」って気になったりね…。 

そもそも、お姉ちゃんというポジションは、自分でなりたくて選んでなったわけではありません。 そこが問題であるような気がします :smile3: 妻であるとか、母であるとか、その他の社会での役割的なものって、ほとんどが「なりましょう :su1: 」と事前に自分で決断するなり、仮にいやいややらされる場合にしても、「まぁ仕方ないか :hun: 」と覚悟を決めることができるわけです。

でも、お姉ちゃんはそういうわけではないのです。 ある日突然、妹だか弟ができたとやたら喜んでいる両親がいたりなんかして、両親の注目は小さな赤ちゃんに集中していて、これまで一人占めしていた親の愛情を、いっきに全部奪われてしまったような気分を味わった経験のある方だっていらっしゃるものかと思います。

また、逆に「妹か弟が欲しいな~ :smile2: :kirakira: 」と願い続けて、念願かなってお姉ちゃんになった人などは、子供なりにも「私がお姉ちゃんなんだから :!: 」と張り切りすぎて、いつしか疲れがたまっていったりとかね :su1:

私の場合は、先日もお話ししたとおり、自分に欠けているものをBeBeが持ってくれているし、その逆も同様なので、お互い自然にフォローし合ってきたし、補い合わざる得なかったようなところがあるのですが、おそらく他の姉妹の方々でも、大なり小なり、姉と妹とで役割分担が整っているような姉妹は、みなさん周りから「仲良し姉妹 :smile1: 」なんて言われてる方たちではないかと思うんです。

天秤といっしょで、どちらかに負荷が偏っていると、当然バランスが悪いので関係がよくない。。。そして、片方に不満や疲れがたまっているものではなかろうかと思います。 世間一般的に、姉妹でも話が合わなかったり、お互いの気持ちが全く理解不能だとおっしゃる方々もたくさんいらっしゃいますものね。

片方の出来が妙によくて、それに比べてもう片方は何をやってもイマイチだ~ :komatta: とか、片方が妙に美しくて、それに比べてもう片方は、どうもイマイチさえない~とか :sad: 何故だか親が、どちらか片方だけを溺愛しているとか…世の中には不条理な不公平ってもんも存在したりして、神様、一体どうして~ :sad2: っていうケースもあったりしますよね。

そうなってくると、「長女だから我慢ばかりさせられてきた :muki-: 」とか、「長女だから甘えさせてもらえず、無理して強がってきた :( 」とか、「長女だから、自分が頑張るしかなかった :!: 」とかいう事情は超えて、単なる世の不公平の不思議・・・ってお話しに飛んじゃいますが… :nageyari:

姉のポジションに限らず、妹のポジションだってそうなのですが、いずれにしてもこれは自分で選択したわけではないのです。 どっちか好きなほうを選んでいいよ :smile1: って言われて選んだわけではない。 だからこそ、余計に「望んでこうなったわけじゃないのに~ :gaaan3 :ase: 」っていう気持ちになるってものです。

いずれにしても、長女って、お姉ちゃんだからという理由で、小さい頃から何かと我慢を強いられてきた人も、親から特にすり込まれたわけではないにしても、やはり「しっかりしなきゃ、頑張らなきゃ :iyaiya: :!: 」っていう気負いを持っている人は多いような気がするんです。

でも、先日も言ったように、私は思うのです。 自分が与えられた役割をこなすこと、それに対して頑張ることが、いけないことなのだろうか…と。 それはある意味、今世の使命そのものではないのだろうかと。 

時々「自分の生まれてきた使命が知りたい。」とか、「「今世において、自分がやらなくてはいけないことを見つけたい。」とおっしゃる、とてもまじめな方がいらっしゃるのですが、その答えのひとつはこういうことなのではないかと、私は思うんです :su1:

運命ではなく、『宿命』と言われることです。 

たとえば自分がこの人とこの人の子供として生まれてきたこと、性別が女であること。 長女であること…そんなことは変えようのない、宿命といわれるものです。 いわば、今世で与えられた自分の役割そのものなわけです。 

その役割をしっかりと果たすこと…それってシンプルに、自分に与えられた使命ではないかって思います。 そしてそれはある意味、神様から与えられたギフトでもあるのではないかと…。

私は、いまだ不器用ながら、このポジションをなかなか気に入ってます :smile2: それはもちろん、妹のBeBeのフォローあってのことでもあります :smile1:

神様は、自分に背負えない荷物は背負わせないときいたことがあります。 自分のポジションを気に入っている方も、不満に思っている方も、大変だと感じている方も。。。このポジションは与えられた贈り物なんだと思って、楽しみながら役割をこなしてみませんか?

今日も応援よろしくお願いします~ :smile2: 『人気ブログランキング』と『天然石』の枠を、どちらも忘れずクリックして頂けると嬉しいな~ :smile2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (6)

しの11月 29th, 2012 at 3:53 PM

Aya様

自由にしたいと思っていたら、ある日「自由にして良いよ」と言われて戸惑うみたいな…すんません、表現が下手で(笑)
いえ、「思い込み」ですよね…家の中ではお姉さんでも、社会に出たら違う。言っても良いんだよね!!断る!!ってやってみたら、スムーズに出来ちゃったりするし(^_^;)
我慢は「最後の手段」ってね。我慢強いから厄介だよ~って職場のみんなを脅してます(笑)

ワタシも、今の役割も自分も気に入ってます~!!妹とも仲良し♪
「早く宿題を終わらして、ゆっくりしたいタイプ」だと公言してます。
確かに…妹は「前日に慌てるタイプ」だ…
姉妹なのに逆なのは、何ででしょうね~??不思議で面白いですよね!!

毒吐きBeBeちゃん11月 29th, 2012 at 11:48 PM

私・・・お姉様と同じ教育を受けておりますが、お茶もお華もノーセンス・・・。ぷぷぷ・・・。

Aya12月 1st, 2012 at 5:31 AM

しのさま

わかります~ :smile1: :!:
私も家のなかではお姉さんでも、外では一番下っ端になったこともあります(笑)
結構、自分って頼りなかったんだ~ :su2: :ooo:
なんて、思っちゃいました :su1:
そういえば子供の頃、夏休みの宿題を手伝う係りは、やはり姉だったな~(笑)

Aya12月 1st, 2012 at 5:32 AM

BeBeちゃん

あなたのお花のセンスは、ある意味斬新で、前衛的ともいえるかも… :smile1:

emi12月 1st, 2012 at 12:21 PM

Ayaさま
長女もAyaさまのように、お姉ちゃんのポジションが楽しいと思ってくれるように育つよう、見守っていきます。宿題は手伝うというより「やってあげるの!」と言ってるので、妹が分からなかったら教えられるように勉強しておいてね :bikkuri: と話しています。

Aya12月 3rd, 2012 at 10:28 PM

emiさま

か~わいい :nikoniko: :onpu:
お姉ちゃま、張り切っちゃってますね~ :smile3: :heart2:
時間がたつのって早いものです :smile1:
すぐに何でも話せるような姉妹になられますよ :smile3: :kirakira:

Leave a comment

Your comment