セレブティックなワイン会のご報告とワインの表現のお話し

福岡市の中心にありながら、市民の憩いの場所となっている美しい湖の公園、「大濠公園」 :smile1: 先一昨日参加したワインパーティーは、この湖畔にたたずむ、とっても素敵な老舗のフレンチレストランにて開催されたのでした。

ここは、ワイン通であればもちろんのこと、特にワインに精通していなくても、福岡にいて、多少美味しい物や美味しいお酒を愛する人であれば、この方のお名前を知らない人はいないだろうというほどのスーパーカリスマソムリエ、黒木氏が支配人をおつとめでいらっしゃることでも有名なレストランです。

素晴らしい景色に素晴らしいお料理、そして、素晴らしいソムリエによるサービスが提供されるこのお店は、実は過去には、あのマリリン・モンローもお忍びで訪れたことがあるというほど… :smile2: :heart2: 当然ながら、普段は私にはちょっぴり敷居が高すぎるレストランなのですが、なんと先日の会は、平成元年に、天皇陛下をお迎えするために特別に作られたという、特別なバンケットルームで催されたのでした :kirakira: 信じられないくらいのスペシャルなパーティに参加できたなんて、ホントにラッキー :smile2: :heart2:

スーパーカリスマソムリエの黒木氏は、ソムリエとしての技量はもちろん、人望も厚く、しかもイケメンでいらっしゃるから、神様ってもしかして、素晴らしい才能をお持ちの方には、惜しげもなくいろんなギフトをお与えになっちゃうのかしら…なんて、つくづく思ってしまいます :smile2: :heart: :kirakira:

憧れの天才ソムリエとの2ショットで、キンチョー気味の私… :oops:

せっかくだから、お料理も…(笑)

鴨のコンフィー :smile3:

牛ロースのソテー :smile2:

ワインはシャンパンからスタートして、アルザスの白ワイン、そしてスペインの赤ワインと、最後にデザートワインを頂きました :smile2: もう、なんというか…ため息の出ちゃうようなセレクト :smile2: :heart2:

私はけして、「私の血はワインでできているの :smile2: 」というほどのワイン通ではないし、ほとんど知識もないですが、九州人のわりに、好みのお酒の中には焼酎が含まれておらず、お酒は特にビールとワインが好きなんです。 

いずれ日本酒ももう少し詳しくなりたいな~ :happy: と思っているところに、最近、日本酒通の方から「日本酒の会」のグループにお誘い頂く機会を頂きました。 気持ちの中でポジティブに願っていたら、こんなふうにご縁って引き寄せることができるんだなぁ :smile1: :kirakira: と、つくづく感じているところです :smile2:

ただ、お酒に限らずのお話しですが、何にしても極めようと思えば奥が深く、日本酒にしてもあまりに繊細かつ、作り手の愛情や、これまた神様からのギフトに値するほどの天からの恵みとの両方のコラボレーションによって作られるもの :ooo: ちょっとやそっと、聞きかじったり味わった程度でウンチクを語れるようなものではありません :su1: もちろん、それは日本酒だけでなく、ワインもとても良く似ていますよね :smile1:

永い時間をかけて培われてきた歴史と、人間の試行錯誤や経験や、努力と知恵と、神様からのギフトのような自然からの恵みや偶発性…たった一本のガラス瓶に詰められた単なるお酒であっても、たくさんのいろんな力や愛情をかけられて、今こうして自分の目の前にあるんだな~ :smile1: と思うと、心して味わわねば :smile2: :!: と、ふたを開けた瞬間の香りや、最初に口に含んだ時の感触を、丁寧に感じとろうと思ったりするのです :smile2:

ワインを少し勉強してみようとおもったきっかけは、丁寧に味わうためには正しい知識があったほうが良いと思ったからです :smile1: ワインと宝石は、とても共通するところがあって、まず、地図を広げて産地と産地の気候や土壌などの特性、そしてそこで採れるブドウや宝石の特性から学んでゆくところなどは全く同じです :smile1:

宝石に対して、昔から私はけしてマイナスの表現を使いません。 たとえば、「色が汚い」とか「傷が多い」とか「安もの」とか、う~んあとは何だろな~ :roll: そういった表現を一切使わないために、逆にすぐには思いつかないくらいですが(笑)、石に対する愛情がそうさせてきたのか、とにかく大地の中で、ありえないほどの偶然が重なって作り上げられた宝石です :smile1: どんなにチビッコでも、どんなに規定外のものでも、それは全てその子の個性 :happy: それぞれみんなが特別な存在なんです :smile2:

同じく、一流のソムリエと呼ばれる人や、私の尊敬するワイン通の方々はみなさん、ワインに対して決してマイナスの表現をなさいません :smile1: 私の尊敬する方々は、みなさんワインに限らず幅広いことに知識が豊富で、柔軟な発想をお持ちだし、何に対しても好奇心旺盛 :smile3: 共通して常に学ぶ姿勢で、いろんなことを自分の中に取り込もうと、目を輝かせているところが男女問わず、どの方もみなさん魅力的でキラキラしています :smile2: :kirakira:

食に対してや、ワインなどの嗜好に対してもとても上品に向き合っていらっしゃることも共通していて、そして、みなさん必ずといっていいほど、お食事やワインに対してのネガティブな言葉やマイナスの表現をなさらないのです。 

ワイン通を気取った方の中には、「うむむ…このワインは渋すぎるね~ :su2: 」とか、「うわ、酸っぱい :iyaiya: :!: 」なんて言葉を使って『評価』なさるかたもいるのだけれど、私の尊敬する方たちは、決してそんな言い方はなさいません :smile1:

たとえば、渋い味だとしたら、「ふむふむ、これは粗い舌触りだね :smile1: 」とか、酸っぱすぎると感じるような味だと、「ほぉぉ・・・酸味が勝った味だね :smile1: 」などと、どれもマイナスに受け取れるような表現をなさらないのです。 その表現力の豊さと、感性の幅広さにいつも私は感動してしまって、そんなふうに愛情が深く、心の豊かで知性溢れる人に近づきたくて、ワインを学んでいるといってもいいくらいなんです :nikoniko: :kirakira:

同じことを表現するにしても、言い方ひとつで伝わり方って大きく変わります :smile1: たとえば、私のように身長が低い人に対して、「あなたってチビね :su1: 」と一言で言えば、それで充分、相手のことを背が低いと感じていることを伝えることができるでしょう。 だけど、心が豊かであたたかく、表現力豊かな人ならば、「あなたって小柄でまるでお人形さんみたいね :smile2: 」なんて、言われたほうはうっとり、まるで雲の上にでも乗っかっちゃったかのような気分にさせることができるんですよね~ :smile1: :heart2:

たとえば、「太ってるね :su1: 」とか、「デブだね :poke-: 」と一言で言ってしまえばそれまでなことでも、「ふんわりしてお砂糖菓子みたいに優しい感じの人ね :happy: 」とか、「あなたのその人を包み込むような柔らかそうな感じには、いつも安心させられるわ~ :nikoniko: 」などと表現してあげられれば、もしちょっぴり太めなことを気にしている人なら、とっても幸せな気分になっちゃうだろうし、そう言ってくれた相手のことだけでなく、自分のことだって好きになれそうな気がしませんか? :happy:

なんだか、このお話し、長くなっちゃいそうなので、明日に続くってことにしちゃおうかな :nikoniko:

さてさて、このところ、やたらと外食(ごちそう)続きだったので、昨日はゆっくりとお家でワインを楽しむことにしました。 

いつものように、冷蔵庫の中にあった材料で作ったものですが…白菜とベーコンのクリーム煮、小ぶりのフランスパンは軽くくりぬいて、チーズのソースと絡めたショートパスタをつめました :smile2: アボガドとツナのディップ、わきにそえたピクルスもお手製です :nikoniko: ワインは赤のスパークリングワイン :smile1: イタリアのピエモンテのもので、アルコール度数が低く、イチゴやラズベリーの香りのする、フルーティーなジュースのような味わいです :smile3:

明日また、続きをお話ししますので、今日の応援も忘れないでね~ :nikoniko:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

ソナム9月 24th, 2012 at 8:31 AM

素晴らしい場所で、素晴らしい食事、素晴らしい人たち、いいことづくめの時間ですね。
これぞ魂へのご褒美、ってものでしょうか。
でも、私は、Ayaさんのゴハンの方が食欲をそそられました^^
どちらかをごちそうしてもらえるなら、迷わずこちらを選びます。
パーティのお食事も量がありそうなのは意外です。
やっぱり福岡は、質だけではなく、その辺も満足させてくれるお店が多いのですね。

しの9月 24th, 2012 at 10:51 AM

Aya様
もぅ、お腹空きました (>。<)ご自宅でもオシャレプレート…美味しそう☆
何食べようかなぁ♪仕事してないのに、既に、ご飯の事ばっかし(笑)

Aya9月 25th, 2012 at 2:47 AM

ソナムさま

きゃ~ウレシイ :love: :heart2: ありがとうございます :smile2:
食事を作る醍醐味って、「美味しい」って言って食べてくれる人がいるのが一番ですが、次に嬉しいのが、「美味しそう :smile2: 」って言ってもらえることですね :happy: :kirakira:

先日のフレンチレストランのお食事は、単なるワイン会だからといっていっさい手抜きされることなく、通常のディナーコースにサービスされるメニューと同じ内容だったんですよ :smile2: :heart2:
手抜きをされない対応をされることって、やっぱりすごく嬉しいんだな~ってことを改めて実感しました :smile2:

Aya9月 25th, 2012 at 2:49 AM

しのさま

酒飲みって、いろいろ並べてちょこちょこ食べるのが楽しいんですよ~ :nageyari:

これってまさに、お酒を楽しむために並べた料理ってカンジです(笑)

Leave a comment

Your comment