不倫の厄?

タレントのK池MM子さんが、プロゴルファーの旦那さまと離婚なさったことを、一昨日だったかネットのニュースで知りました :su1: :ooo: アイドル時代は、清楚で愛くるしいお顔だちに、舌っ足らずというのかあの独特のしゃべり方と声のトーン、そしてちょっとオドっとしたような(よく物まねされてましたね :su1: )リアクションが、なんとも可愛らしく新鮮な印象で、年代を問わず男子に絶大な人気を誇った、あの伝説のアイドルK池MM子さんです :su1:

そのニュースは特に30代後半以上の男性に、大きな衝撃を与えたのだそうです。 つい先日、たまたま彼女がナレーションをなさっているテレビ番組を偶然見かけて、「家庭があって、程よいペースでお仕事ができる芸能人の方って、女性としてもすごく恵まれてるし幸せな方だな~ :happy: 」と思ったことがあったばかりだったので、私も、「あらまぁ 8-O :ooo: 」って感じで、ちょっと驚いた。

私は残念なことにゴルフの才能には(にも :nageyari: )恵まれなかったことに、とても早いうちに気が付いてしまったため、ゴルフは禁じ手にしている :su2: なのでゴルフ関連の情報も、自らすすんで入手することはほとんどないのだけど、これまでにゴルフ好きの殿方達から漏れ聞いていた噂によると、この旦那さまのゴルフの成績というのが、ご結婚なさってからはあまり振わなかったとか思わしくなかったとか・・・(どっちでも悪いってことやないかい :su2:

あの・・・あたくし、すごく素朴なことに気づいちゃったんですけど、言ってもいいかしら? このMM子さんって方は、大人になってもお母さんになられても、あいかわらず清楚でかわいらしい方っていう印象があり、私は個人的には存じ上げないなりに、とても好印象を持ち続けている方であるわけなんですけど、すごく素朴な意見を述べれば、この方はけして「あげまん」ではなかったってことよね :poke-: :ooo:

・・・ま、まぁ、それにしてもさ~、そんな旦那さま(どんなやねん :su2: )を長年健気に支えながら、妻として母として、そしてタレントとしてのお仕事もほどよいペースで見事にこなしてこられたMM子さんなわけです。 それなのに、この旦那さまったら、こんな可愛らしい女性を妻にもちながら、あろうことか浮気疑惑も浮上してるっていうじゃない? 、特に30代後半以上の男性の羨望を、これまでずっと受けてきときながら・・・オトコってつくづくどうなのよ~って思うわけよ、あたくし :su2:

世の男性はさ、「浮気は立派に離婚の理由になる」ってことを、もう少しマトモに認識するべきだと思うのよね :su1: 浮気すること自体を少し、甘く軽く考えすぎな殿方が多いのではないのかしら? :su2:

少し前のこと、ある知人男性に「相談したいことがある :poke-: 」って呼び出されて、一緒にお酒を飲みました。 ところがその相談っていうのが、何のことはない、単なる「浮気相手と楽しくやってる自慢」だった :ooo:

しかも、もう中学生になる子供がいるというおとっつぁんの、あまりの浮かれっぷりに、話を聞かされるうち、だんだん「呆れる」を通り越して、嫌悪感と軽蔑の感情すらわいてきた :su2: :ase:

いわゆる「不倫」といわれる形になる恋愛を、私は否定も肯定もしない派です。 だって、本当にお互いを高めあい、支え合うような形で成り立っている恋愛もあるし、打算や損得勘定が全くない、ただ純粋に相手の幸せを願っているっていう恋愛もあるしね :hehehe:

「あたしゃ、結婚して楽したいんだよ 8) 」とか、「ケッコンできさえすりゃこっちのもんだ :lol: 」と、専業主婦でありながら、主婦業をほどんど放棄してるような方や、育児にまともに取り組まない方だって実際に存在するから、結婚してるのに他の女性に心惹かれる男性を、一概に責められないってことも、やっぱりあるのかもしれない :su1: :ooo:

でもさぁ、相手に不満があれば浮気は許されるのか・・・っていうか、不倫はOKになるのかというと、世間ではそうではないっていうか、線引きしようがないんだよね、そこらん :su1: :ooo:

そこで「不倫の厄」のお話なのですが、「不倫をすると、必ず厄をかぶることになる」というあの「伝説」ですが、特によく聞く、「本人に厄がくればいいけど、身内に病人が出るなど、家族が厄を背負うことが多い」といわれる、その言い伝えのワケは一体何なのだろう・・・と、ふと思ったりなんかしたわけです。

例えば風水だと、長い間一部の限られた人にしか伝承されなかった特別な「学問」であったため、風水で開運する方法と結果しか伝えられずに、その過程が伝承されることがなかったといいます。 そのため、「何故そうなるのか」という理由が抜け落ちているらしいのです・・・確かにそうなんですよね、何故この場所に「カエル」を置くのか、その理由はイマイチわからん :su2: :gaaan2:

で、いわゆる「バチが当たる」っていわれるものも、もしかしたらこれと一緒のカンジかもしれないって気がするのです :su1:  

よく、「秋茄子は嫁に食わすな」とか、「夜、爪を切ってはいけない」なんていう言い伝えの本来の理由は、実は「体を冷やすといけないから」とか、「けがをすると危ないから」という、体を気遣うことや安全確保のためだっていわれているように、いわゆる「厄をかぶる」といわれることには、もしかしたらトラブルを未然に防いだり、人が傷つかないための教えのような、ちゃんとした理由があるのではないか・・・。 なんだかそんな気がしたわけです。

いわゆる『不倫の厄』に関してだけど、よく「本人に厄がくればいいけど、家族にくることが多い」っていうような話を聞きます。 もしかしてその理由っていうのは、本人が恋愛に浮かれてて、家族の異変を見逃しちゃうことがあるからなのでは? あるいは浮気がバレないようにすることばっかりに気を取られてたせいで、大切な家族の体調不良に早く気づいてあげられる心の余裕がなかったとか・・・家族を気遣ってあげることを忘れていたとか・・・もしかしたらそんな基本的なことなのでは??だとしたら、単なる迷信ともいえないかも知れないですよね。

現に、浮気にうかれてる間に、配偶者はとっとと離婚の準備をすすめてた・・・なんて、巷でよく聞くハナシよね :nageyari: あるいは大事な身内に病気の方が出て、「これってもしかして自分のやった不倫の厄なのかなぁ・・・ :sad: 」というハナシも聞こえてきたりするんです :su1: :ase:

いずれにしても後悔先に立たず・・・大切な人を愛して守ってあげる努力をすることって大切よね :smile1: いつも近くにいるのが当たり前だと思い込んでしまうと、うっかり大切な人を気遣う思いやりを忘れてしまいがちなものです。 当たり前のことに感謝して、当たり前と思える愛情を大切にしなくちゃ :smile1: :heart:

実は浮気防止のパワーを秘めたストラップ、出来上がりました :smile2: :heart2: 今年は風水的に浮気予防の対策が大切みたい :smile1: 備えあれば憂いなし?(笑) 基本的には「健康のお守り風水」対策にデザインした、バレンタインデーギフト用ペアストラップです :smile3: 健康のために、お守りとなる「ひょうたん」を身近に持っておくことはテッパンなんだけど、ひょうたんって微妙にスタイリッシュじゃないのよね :nageyari: そこでAyaオリジナル「Yu&お魚クリスタル」を、こっそりと「ひょうたん」に見立てました :nikoniko:

後日たっぷりとご案内いたします :smile2: ってことで、もしよければ・・・今日の応援をよろしくです :oops: :heart:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

オデン2月 2nd, 2012 at 12:34 PM

Aya様

こんばんわ。
日本は天気が大荒れですが、Aya様・BeBe様のお住まいの辺りは大丈夫ですか?
私の住むアメリカはそれとは真逆の春の陽気です。

ところで、最近よく浮気の話を聞きますが。。。
今回のAyaさんの浮気に関するお考えを読んで、浮気にも色んな形があるんだなぁって思いましたが。
でも、私は基本的に浮気はダメだって思うんですよねー。それこそAyaさんが例に上げられた家事ネグレクト的な主婦の方もいるかと思いますが、その主婦の方も旦那様も、とにかく相手への思いやりや気持ちが足りないんですよね〜。
思いやり。
あと、私が主人とケンカした時にいつも反省するのが、「あぁ…親しき仲にも礼儀ありだよなぁ。申し訳ないことしたな」って思うのです。
こうして私が幸せでいられるのも主人のおかげ。そして、その主人をこう育ててくださった主人の両親のおかげ。
私はとても幸せ者で、主人の家族みんなからとても良くしてもらっています。とても愛されていると思うのです。
この家族の愛を感じるで、私も決して家族を悲しませる事や裏切るような事はしたくないのです。
結局思うのが、お互いを思いやる気持ちなんですよねー。

そう思うと、私はとっても幸せ者だと思うのです。
今回のブログを読んで、いつまでもこの気持ちを忘れないように、当たり前にならないようにしないとって、改めて思いました。

Aya2月 3rd, 2012 at 10:10 AM

オデンさま

そうですね~素敵なお気持ちです :smile2:

いつも思うのが、人が誰かのことを「魅力的だ」とか「素敵な人だな」と思う気持ちとか、
「この人のこういうところって素晴らしいな」と感じる素直な気持ちまでを
規制する権利はないと思うんです。

愛し続けることにも努力は必要だけれど、
愛され続ける努力も忘れてはいけませんよね :happy:

オデン2月 3rd, 2012 at 3:56 PM

Aya様

そうですよね。
外見がいくら美しくても、心が醜かったらやはりそれは出てしまいますもんね〜 :confuse:

人の「ここが素晴らしい」とか「魅力的だな」って感じる事には理由があって、心からの笑顔だったり心遣いだったりと、その人の気持ちがこもってるんですよね :happy:
そういうのを見た時に、私も見習わなくては!と思うんですよ。

愛され続ける努力はちょっとしたお洒落だったりも必要だけど、心磨きがやっぱり大切ですよね :kirakira:

Aya2月 4th, 2012 at 1:41 PM

オデンさま

私もそう思います :happy: :!:

Leave a comment

Your comment