スピリチュアルなお告げ

今回、種子島に行くことになったのは、親戚の集まりごとがあったわけでも、何か行事があったというわけでもないんです。 そもそものきっかけというのは、実は、かなりスピリチュアルなお話しになります :ooo:

私達姉妹は、日ごろから何かの折に自分達の出来る範囲の、小さなボランティア活動をさせて頂くよう心がけているのですが、ある日、ちょっとしたお手伝いのために、BeBeと一緒にでかけたお寺でのこと。 ふいにご住職さまが、雑巾がけをしていた私の背中越しに声をかけられ、このようにおっしゃいました。 「あんた、ご先祖さまにご挨拶に行って来んね :smile1: (ご先祖さまにご挨拶に行っておいで)」

あまりに唐突だったのですが、何故か「ハイ、そういたします :smile1: :!: 」と即答してしまいました(笑) :nageyari: 実はその方は、福岡藩(黒田藩)の重臣(とってもとっても有名な方です)の、なんとご子孫にあたる方でいらっしゃるのですが、 私達姉妹の種子島のルーツをさかのぼっていっても、同様な古い歴史があることで、何だか不思議な導きのようなものを感じたのでした :smile1:

種子島って、やはり九州の南の島なので暖かい所です :smile3: 「真夏になると暑いから、気候の良いうちに行こう :nikoniko: 」と思っていた矢先、3月のあの震災が起きました :ooo: 私とBeBeは、全ての予定をキャンセルして、何か自分たちにも出来ることがないだろうかと、思いつく限り、少しでも何かお役に立てることを探して過ごしました。 そうこうしているうち、バタバタゴタゴタと夏が過ぎ、あっというまに秋になったある日、また別のあるご年配の方にこんなことを言われたのでした。

「あなたのご先祖様はどこの方? どこかちょっと遠いところだねぇ、お世話になってるんだから、ちゃんとご挨拶に行って来なさいよ :smile1:

私とBeBeのラブスピをしょっちゅうのぞきにいらしてくださっている方ならご承知のとおり、この頃、私達姉妹はフレネミーにやられて(お金までむしりとられて :nageyari: )、すっかりまいっている時期でした :nageyari: 何かとごたごた続きでちょっぴりへこんでいたこともあり、しばらくご無沙汰していたBeBeの大お師匠様のところに、ご挨拶がてらお邪魔させて頂いたのです。 すると驚いたことにそこでも、これまた唐突にそう言われたのでした。 BeBeといっしょに出かけてらっしゃい、とにかく行けば理由はわかるから :smile1: と・・・。

おおお、そうだった :poke-: 種子島に行かねばと思っていたのに、なんだかんだでそのままになっていたんだ・・・ :su1: :ooo: そうだな、いつ行こうかなぁ :roll: なんて思っていた矢先、今度は私達姉妹がとっても大好きな、ある女性の易の先生にお目にかかる機会がありました。 するととっても驚いたことに、その先生からも同じことを言われたんですよ 8-O

そりゃもうすぐにでも行くしかないでしょ :smile3: :!: ところが、種子島は、何か特別に注目されてるスポットってわけでもないと勝手に思いこんでいたのが、どうやら甘かったのです :gaaan1: 失礼ながら、同じ九州だし本当に簡単に行けると信じていたのに、無知でした~ :angry: :ase:

ホテルが取れない・・・なんでだ? サーフィンのシーズンは終わっているはずなのに・・・ 8-O :?: すると、BeBeが理由をかぎつけてきました。 最近、ここがパワースポット満載であることがばれちゃった?らしく(笑) どうやら秘かに注目されつつあるようで、こっそりと訪れる人が増えているみたいなのです。 な、なるほど・・・それで 8-O :!:

ところで、BeBeは昔から、「身内のことは視えないよ :su2: 」といって、私のことは視てくれません(ホントなのかな~・・・ :nageyari: ) だけど、そのBeBeがものすごい根性見せてくれて(笑)ステイしたかったエリアのホテルを、ちゃんとおさえてくれました :heart2:

次にやることは、頼れる叔父に連絡すること・・・ :smile3: 郷土史研究家だけに、種子島の歴史はもちろん、ご先祖様のことだって何でも知っているのです :smile1: その叔父に電話をして、種子島に行く予定の日程を告げると、驚いたことに、「丁度良かった :smile3: 」という返事・・・あちこちにひっぱりだこの超多忙な叔父は、なんと前日まで種子島にはいないのだとのこと、「その日ならちょうど帰ってくるよ :smile1: 」ということで、これまたちょっとびっくり :smile2:

すげ~ 8-O なんだか仕組まれたみたい・・・(笑) :smile1: そうしてBeBeとウキウキ出かけた種子島でしたが、実際に行ってみて、「行けばわかるから行っておいで :smile1: 」と言われた意味が、何となくわかったような気がしたんですよ :happy: :kirakira:

何と言ってもすっかり浄化されたこの感じ・・・ :happy: :heart2: 憑きものが落ちた・・・っていうと、何となく、憑いてた悪いものは行き場を失くして、とりあえずその辺をさまよっていそうなイメージがあるんだけど(笑)、なんというのか、種子島で体感したこの浄化された感覚っていうのは、憑きものが落ちたというより、その憑きものもキレイに洗われて、幸せなエネルギーに変化していったという感じ・・・ :smile2: :kirakira:

この感覚と言うのは、単なるスッキリ感など超越していて、まるで生まれ変わったかのような感覚とでも言うのでしょうか、「解放された」という表現がぴったりあてはまる感じです :smile2: :kirakira: 種子島のスピリチュアルパワー恐るべしです :!:

そのお陰で、自分の中に、とても上質なエネルギーチャージができた気がするんです :smile3: :kirakira: これからますます毎日たくさんの「嬉しい :smile2: 」や「楽しい :nikoniko: :!: 」や「ステキ :happy: :onpu2: 」を見つけて、みなさんと共有していきたいな :smile3:

そして、これまで以上にパワフルな開運ジュエリーの製作ができそうな気がして、何だかとてもわくわくしてます :happy: :!: 頑張っちゃうぞ~ :lol: :heart2:

そんな私に、今日もぽちっと応援をよろしくお願いします :happy:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (6)

mari12月 19th, 2011 at 3:30 AM

毎度お邪魔して、すみません :niko:
まさにお告げ :star: その日その時にその場所に行くように
なってたのでしょうね :idea: あたしには不思議な力はないですが
何だかスゴいな :onpu: って思います。また、周りの方のお言葉って
有難いですね :kirakira: ご先祖様に会いに行ってきたら…
みたいにさらっとした助言。それも数回も!本当にスゴいな♪
何より、Aya様が生まれ変わったかの様な感覚 :kirakira:
エネルギーをチャージ出来た事 :up: 良かったですね :peke:
これからも開運ジュエリーの製作頑張って下さい :-P
応援してます!
種子島の海キレイ :kirakira: お写真見れてあたしも
テンション上がります :!:
いつもありがとうございます☆

しの12月 19th, 2011 at 5:00 PM

Aya様

最近思うのが「親しき仲にも礼儀あり」だと思うンですよね~…神社の境内は掃除するのにお墓は放ったらかし…
神棚は手入れするのに仏壇は放ったらかし…
「親しき仲こそ礼儀だよ!!」
って思います。友達、知人に限らず、家族とご先祖様。

好きなことだけやって自己満足しちゃダメですよね(;^_^A

九州から種子島、沖縄は宝くじ当たる「予定」なんで、近々…行けるはず(笑)

Aya12月 20th, 2011 at 12:09 AM

mariさま

そうなんです~ :smile1:
「呼んでもらってる、行かなきゃ :smile3: :!: 」って、ワクワク出かけました(笑)
ホントに、不思議な導きだったんですが、
何の抵抗もなく、「ハイ、行ってまいりますっ :smile2: :!: 」ってカンジで・・・ :happy:

写真は安納のほう、東の海を見下ろせる展望台です :smile3:
西之表からはお山を越えて、すぐですよ~ :lol: :onpu:

Aya12月 20th, 2011 at 12:19 AM

しのさま

ご利益もらえそうなところばっかりに、一生懸命つくす態度をしてみせるってのは
ゴマスリばかりのヨイショ社員と似た感じってことですよね~ :roll:
うんうん :!: ←妙に納得

私も、近くのお墓には頻繁に出かけてましたが
ずっと前の代のご先祖様の墓所には、数年に一度しか出かけていなくて・・・
でも今回、「いらっしゃい :smile1: 」って呼ばれたカタチで行くことになったことは
すごく嬉しかったし、何か特別な意味がありそうな予感が・・・ :kirakira:
ホントに不思議な話なんですけどね~ :smile1:

mari12月 20th, 2011 at 8:06 AM

おはようございます :onpu2:
写真は安納なんですね :: 安納芋とっても美味しいですよ :!:
安納は西之表にいる父のお兄さんのお嫁さんの実家があるところ
です。行ったことないので、今度行ってみたいです。
あたしも三年前に種子島に行ったのは、おじいちゃんに呼ばれた
気がして…行って来ました!おじいちゃんはあたしが産まれる前に亡くなって
いるので、会った事はないのですが…ある日子供がケータイであたしの写メ
を撮ったらなにかが写っていたのです。不思議と怖さとか感じなく。
もしかしたらおじいちゃんかな?見たこともないのに、そう思いました。
写メを父に見せたらおじいちゃんに似てると…
そこから、そうだ!種子島に行こう!ってなり、種子島のおじいちゃんの
お墓参りに行ってきました :idea: 勝手な素人判断でしたが、その時に行って良かった
事を覚えてます!ご先祖様を大事に想うことって大切ですね。ご先祖様から
お呼びがかかるのも、それが何らかの形で伝わるのも本当にスゴい!事ですね♪

Aya12月 21st, 2011 at 12:40 AM

mariさま

わかる気がします・・・ :happy: :kirakira:
種子島って、そんな不思議なパワーに満ちたところなんですよね
世界中にある聖地的な土地って、「呼ばれた人しか行けない」と言う言い方を
なさる方がいらっしゃるのだけど、
それも何となく理解できるような気がするんですよ~ :smile1:
今回の日程も、何らかの力にアレンジされたとしか思えないんですもん(笑)

安納あたりの東側の海も、ゆったりとしていて、
と~っても幸せな気持ちで胸がいっぱいになりました :happy: :heart2:

Leave a comment

Your comment