種子島の文化伝承館

昨日、福岡市の都市高速道路のトンネル内で、オスの鹿が車にはねられたというニュースを見て、びっくり 8-O 現場は私の自宅のほんの近くで、外出先から都市高速を使ってそのトンネルを通って、さきほど帰りついたばかりだったのです :!:

山が近くにあるとはいえ、そこは大きな大学のグランドの下を抜けているトンネルで、市内の住宅地の中を走る道路でもあります :poke-: そんな場所の近くに鹿が住んでいたということにも驚いたのですが、可哀そうなことに、高速道路に迷い込んでしまい、車と衝突してしまったということもショックでした :cry:

幸いなことに、車を運転なさっていた方にはお怪我がなかったようですが、「トンネルに入ったら鹿がいて、間に合わなかった :uuuum: 可哀そうなことをしてしまった・・・ :hun: 」とコメントしておられ、大事故につながらなかったことは幸いだったとはいえ、この方も悲しいお気持ちでいらっしゃることもまた、とてもお気の毒です・・・ :sad: :ase:

ところで、種子島にも鹿がたくさん住んでいるみたいです :smile1: 種子島の鹿は、住宅地が迫った福岡の山に住む鹿と違って、ずい分のんびりと幸せに暮らせているような気がします :smile3: :kirakira:

今回は残念なことに、種子島で実際に鹿に会うことはできなかったのですが、叔父の所有する山まで、お土産にもらうレモンを採りに寄った際、ログハウスの庭先で、鹿の足跡を見つけました :nikoniko:

 何となくハート型

つま先が割れてて何ともキュート(笑) :nikoniko: :heart:

美しい海と山とが同時に楽しめてしまう、パワースポット満載の種子島ですが、古くから栄えた港を見下ろす場所は、今も城壁が残っていて、当時の高尚な文化を、今に伝える様々なものが遺されています。

歴代島主は上方文化を摂取することに努めたのだそうですが、なかでも、室町時代の12代島主、種子島忠時の時代に持ち越された上方文化が特に顕著なのだそうです。

当時、連歌師宗碩との交流や千利休との交流もあったと言いますが、そんな種子島文化の中心となってきた、赤尾木城の城壁と木々を借景に、200年前に建てられた武家屋敷が、「文化伝承館」として、美しい状態で遺されています :smile3:

島の人たちから親しみを持って、「お屋敷」と呼ばれ愛されてきたこの邸宅は、今は『赤尾木城文化伝承館・月窓亭』という愛称をもらって、単なる文化財としてではなく、種子島の文化を伝承する社交の場として、大活躍をしています :smile3:

叔父にここに案内してもらった時に、まずBeBeと驚いたのが、このお屋敷がまた、最高のパワースポットであるということ :love: :!: なにしろ、風水的にも最高の条件で計算されつくしたとしかいいようのない、風水の完璧を追求したかのように整ったお屋敷なのです :smile2: :heart2:

お庭を拝見しながら、お茶を頂けるという贅沢なおもてなしサービスもあるんですよ :smile2: (とても優しいスタッフの方がお茶を出してくださいました :happy: )いきなり時代をタイムスリップして、高貴な子女に変身したかのような、ハイソサエティなラグジュアリー感が体験できちゃいます :smile2: :heart: うっとり・・・ :happy: :kirakira: しかも風水パワーもプラスされて、ここに座っているだけでエネルギーが高まる~ :happy: :!: :!:

お隣の屋久島のお水はとても有名ですが、実は種子島のお水もびっくりするほど美味しいんです :smile3: :kirakira: なので、淹れて頂いたお茶の、これまた美味しいこと・・・ :happy: :kirakira: 地元で採れるサトウキビから作られた、混ぜ物が一切入っていない黒砂糖のまろやかな甘さは、大和撫子の心をとろけさせるような優しい優しいお味・・・ :smile2: :heart2: お茶碗に入っている紋は種子島家の家紋です :smile3:

こんなふうに、宝物の数々が、ごくあたりまえのように飾ってあるのです :nikoniko:

 階段を上がって

二階も探検 

2階のお部屋がまたステキ :love: :!: 碁盤が置いてありましたが、なんと優雅なのでしょうね :smile3: 住みたいっ :iyaiya: ここに住みたいっ :lol: :!:

美しい写真を始め、様々な情報は、『月窓亭だより』のHPから配信されています :smile1: BeBeが先日ブログでお話しをさせて頂いた、生き人形の「山の井さま」も、こちらにいらっしゃるの :smile1:

この方は、お姿はお人形ですが、生きていらっしゃるといわれているだけあって、引き込まれてしまいそうな不思議な魅力をお持ちのお方なんです :happy: とても素敵な大島紬のお着物をお召しでいらっしゃいました :smile2: 江戸時代に、徳川家の将軍様のご寵愛を受けたというのもうなずけるほど、なんともたおやかな魅力を放っていらっしゃるお方なんですよ :smile2: 本当に、また是非お目にかかりたいな・・・ :happy: :heart:

月窓亭のご門から入ってゆくと、すぐにお姿を拝見できます :smile3: 失礼にならないよう、遠くからパチリ・・・ :smile1:

山の井さまです 

お目にかかれて本当に嬉しゅう存じます :smile2: またご挨拶に上がらせて下さい :happy: :kirakira: みなさまには本日の応援をお願いしたく存じます :nikoniko: :heart:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

mari12月 14th, 2011 at 11:08 PM

こんばんは♪
鹿さんのお話、かわいそうでした :cry: 運転手さんの
無事と優しい心に少し切なくなりました :cry:
種子島2日鹿さんがいるみたいですよ 8-O あまり警戒心も
なく、ゆったり過ごしているみたいです :heart2: 前に従妹から
鹿さんの写メが送られてきました 8-O えっ?鹿?とビックリ(笑)
でも、ゆったりとカメラ目線の鹿さん :onpu: 愛らしかった :heart2:
BeBeさまのblogも拝見しましたが、山の井さま :idea: 何か写真を見ただけで
気持ちが高まります :nikoniko: 是非今度伺いたいです
父の実家が西之表にあります。昔は板敷鼻から飛び込んで、家の近くまで泳いだそうです。
あこうの大木も聞いたら知っていると言ってました :smile1: 今度案内してもらいたいです。
Ayaさまのblogお勉強になります。ありがとうございます!

Aya12月 15th, 2011 at 1:46 AM

mariさま

まぁ :!: 西之表がお父さまのご実家ですか :smile3: :kirakira:
それでは月窓亭には、きっと歩いて行けちゃうのでは?? :smile2:
一日中居たいな~って思うほど、素敵なところでした :smile2:
お茶とお菓子のサービスがまた嬉しいのです :happy: :heart2:

とにかく種子島って素敵な場所がたくさんで・・・ :onpu2:
ホントに楽しいところです~ :love: :kirakira:

Leave a comment

Your comment