論理型ネガティブジャイ子

はい、それでは今日はネガティブジャイ子の中でも難しいタイプのパターン。 ネガティブすらも論理的に考え、しかも物事を、深く掘り下げて考え始めたらもうとまらないという、『論理型』なネガティブジャイ子についてお話ししたいと存じます。

このタイプの方達は、考え始めたらとことん掘り下げて考えてしまいます。 掘って掘って掘りまくり、地球のマントルってあたりまで、軽くたどり着いてしまいそうな勢いです :nageyari:

物事を深く考えようとするのは、当然ながら、考えることで答えを見つけようと思うからなのでしょう :su1: つまり、このタイプのジャイ子はネガティブとはいえ、非常に理知的であり、思慮深く、物事を慎重に深くとらえる、とても真面目で頭の良い女性・・・子供のころは成績も良くてお行儀も良く、大人たちからも信頼されるタイプの、優等生だったという女の子に多かったりするんじゃないかしら、と思います :smile1: :pen:

ただ、ジャイ子というからにはやはり、「自分のネガティブを、自分だけで処理することができず、結局、他人を巻き込んでしまうことには変わりありません :su2: :ooo:

嫌なことがあったからといって、すぐに「相談、相談~ :sad2: :asease: 」と誰かに泣きついていく、依存心のカタマリのような「末っ子甘えん坊型」のネガティブジャイ子と比較すると、こちらの「論理型」のジャイ子は「答えを探す」努力をしようと頑張るだけ、独立心もあって、ある意味前向きです :su1:

とはいえ、そもそも「考えて答えを探す :su2: :!: 」ということに、ひたすらこだわることが、結果的に前へ進めなくする足かせとなって、暗闇の中でモンモンと悩み続けることになってしまっている方が多いのです。

このタイプの方は、真面目で成績も良い優等生だっただけに、「どんな難しい問題にも、必ず解答があるのだ :su2: 」 と、どこかで信じているように感じます。 「諦めてしまっては良い点がとれぬ。」とばかり、悩んだ先には必ず報いがあるのだと思っているように見える時もあります :su1: 真面目なのです。 

きっと子供のころから、何度も「もう無理っ :sad2: 」と投げ出しそうになっても、真面目さゆえに中途半端で投げ出すことも許せず、時間をかけてでも頑張ったことで、結果が出せたり褒められたりした体験をたくさんなさったのでしょう。 

「悩みぬいたことで、ちゃんと問題が解けた」という体験が、逆の意味でのトラウマになっているのかもしれません。

だけど、大人の社会では、試験で良い成績を取って「どんなもんだいっ~ :muki-: :!: 」と自分を誇示できるような機会はほとんどありません。 そもそも人間性は試験で判断されるようなものではないわけだし。 しかも、自分の評価は自己採点ではなく、他人の判断に任さなければならないことのほうが多いわけです。 ものすご~く当たり前のことなんですけどね :su1:

何と言っても、どんなことにもあらかじめ用意された解答があるわけではないのですから、正解を知りさえすれば全て解決するなんてことも、あり得ないわけです。 大人の社会は『答えの見つからないこと』ばかりがたくさん起こります。 それなのに、論理型ジャイ子は何か問題が起こるたびに、明確な答えを見つけようとしてもがき苦んでしまうわけです。

そこで、誰かにアドバイスを求めようとします。 これって、一人ではどうしても解けない問題を、「勉強教えて~、どうしてもこの問題の解き方がわかんないの :nageyari: 」というのに似ています。 「答えは教えなくていいからさっ :nageyari: せめて解き方だけ教えてっ :deredere: どうしても行き詰っちゃって~ :ase: 」って感じかな :smile1:

なので、このタイプのネガティブジャイ子は、「どうしてだろ :hun: ねぇ、何でだと思う・・・? :uuuum: :ase: 」と、質問形式にして他人を巻き込もうとするケースが多いようです :su1:

こちらの「大丈夫だよ、何とかなるんじゃない? :smile3: 」 とか 「放っといたら、そのうち解決するんじゃない? :nikoniko: 」なんて答えはけして許しません。 論理型ジャイ子にとっては、何か明確な答え、もしくは問題が解けるための確実なヒントしか受け付けるわけにはいかないのです。 あいまいさやいい加減さは全て却下です :nageyari:

「ねぇ、私はこういう人間だから、こういう風にしかやっていきようがないの・・・だけど、どうしてだろ・・・ねぇ、もし私がやり方を変えて、どっかで妥協するとしたら、何をどうしたらいいんだと思う? :uuuum: :ase::ooo:

「今のやり方でいいんじゃない? :smile1: 」なんて言おうものなら、「ダメよ、ダメだから問題が起きてるの。 何か答えを見つけなきゃ・・・ :sad: 」と言う風に、けして納得はしてくれません。

依存心の強い末っ子甘えん坊型が、「うん、そっかわかった :smile1: アドバイスありがとう :smile3: 」ってカンジで、とりあえずどんな答えも有効なのに対して、論理型ジャイ子は自分が協調できる意見しか有効としませんから、納得してもらうにはなかなか大変です。 

場合によっては、「違うの、そうじゃなくて~ :poke-: 」とか、「あなたはいつもそんな風な考えだから :gaaan1: 」なんて、逆にあきれられたり、説教されてしまうこともあるので、こちらにも慎重な対応が求められるわけです :nageyari:

さて、論理型ジャイ子が、自分のネガティブを周囲の男性にぶつけた場合、下手すると朝まで生テレビ状態で大激論にまで発展してしまう場合もあります。 

話しが結局だらだらと堂々巡りをしていても、「うんうん、わかるわかる、そうよね~ :smile1: 」と、答えの出せない話しで何時間でも盛りあがれる女性と違い、通常の男性ならたいていの方が、持ちかけられた相談には「ズバっと何か答えなきゃ」と思うみたいです。

ところが論理型ジャイ子的に、彼の出した答えに納得がいかない場合は、正直に「それは正しい答えだとは思わない :poke-: 」ってことになってしまいます。 それで解決するわけがない、と思うのだから、仕方がないのだけど・・・結果的に相手には、「そんな風に言うんなら、何も俺に相談する必要ないだろ :su1: :ooo: 」って思われてしまうことにもなりかねません。

お相手がお付き合いしている男性だった場合、「あいつはどうせ、俺が何を言っても否定するし、相談とか言っても結局、自分の納得する道しか選ばないんだから :hun: 」って、彼にも根が残ってしまうこともあるわけです :su1: :ase:

「オマエは強いから一人で大丈夫だけど・・・」という理由で、彼が他の女性を選んでしまったという苦い経験を、過去にしたことがあるというのも、この論理型ジャイ子に多いような気がします。

「アイツは一人じゃ何もできないから、俺がいないと・・・ :nageyari: 」な~んて言って彼が選んだ女性ってのが、弱々しく可愛いというより、どこから見たってただのおバカそうな女性だったりして・・・ :nageyari:

「ヒドイ、私、全然強くなんかないのに、私のことなんかちっとも理解してくれてないのね・・・ :sad2: 」 しかも、「あんな頭の弱そうな女が好みだったわけ :gaaan1: :ooo: 」・・・なんて、ダブルのショック :sad2:

おそらく、彼がそのバカ女(あら、失礼 :su2: )の方を選んでしまったのは、きっと彼女のお股のユルさだけでなく、彼女の頭のユルさにも理由があるかもしれません :smile1: 良い言い方をすれば、心が柔軟というか・・・おそらくあまり自分の考えを持たない分、人の意見を受け入れるスペースが広い・・・と言うか・・・ :su1:

「へえスゴイ、そうなの~ :smile2: 」とか、「そっか、わかった~言うとおりにしてみる~ :smile3: 」てな感じで、彼の意見を受け入れている(かのように見える)ところが、(実際はスルーしていても)彼にとっては、「あいつは自分を持ってるから俺の意見は必要としていないけど、こいつはおれが守ってやらないと・・・ :smile1: 」なんて風に、妙に男心のポテンシャルを引き出してしまうのかもしれませんね~。

また、男性に限らず、ネガティブをぶつけたのが女性のお友達だったとしても、何を言ってあげても納得してもらえなければ、「もういい加減にしてっ :deredere: どうせ私の言うこと聞いてくれないんなら、私に相談しないでっ :komatta: 」って思われてしまう場合もあるでしょう。

論理型ジャイ子だけに、「ロンリー :sad2: :ase: 」になってしまわないように(上手いっ :iyaiya: 座布団一枚っ :run: )、相手の意見が正しい答えとして納得できない、とか、もっと悩み抜いて答えを見つけるのだ :muki-: :!: とか、深く悩まないで、「まあいいか、世の中、答えのないことだらけだわ :smile1: 」って風に楽観的にとらえることは、自分を楽にしてあげるための一番の答えかもしれません :smile1:

そもそも『答えの見つからない問題』は、ご自分がつい小さなことにこだわったり、納得がいかないことを見つけてしまう真面目な性格のせいで、わざわざ自分で「問題」を作って考えているような場合が多いように思えます。

一般的にだけど、誰だって日常に何か小さな不満を感じていたり、自分自身に不満を持っていたりする時は、ネガティブになりがちです。

物事を突き詰めて深く悩もうとすると、何故だか自分がとてもダメなヤツに思えてくることがあります。 そんな時に、他人を否定したり批判することで、自分を正当化してみたら、一時的には楽になった気になれたりするものです :su1:

その上、どれが正しく、どれが間違っているという発想にとらわれすぎると、「あの人のあんなところはいけないと思うのよ、その理由は・・・ :poke-: 」なんて、他人の悪い所が原因のように思えてきたりして、解決どころか余計に泥沼にはまることにもなりかねません。

結果、誰かを悪者にしてしまって引っ込みがつかなくなったり、そんなつもりじゃなかったのに、自分が孤立してしまったりすることにだってなりかねないような気がします :su1: もともとは、そんなこと望んでもいなかったのに、悩みすぎた結果、解決どころか余計ややこしい方向に進んじゃった~ :sad2: ってことになったりしますよね :nageyari:

本来は、『答えがみつからない』と悩むなら、もっと建設的に考えるべき。 でも、それ以前に「ま、いっか~ :nikoniko: 」と忘れちゃうことが、何よりポジティブな解決方のような気もします。

たまには「いい加減」でいいじゃないですか :smile1: そんないい加減さに、周囲の人は意外と 「ほっ :happy: 」とできたりするものですよ :happy:

あの、ぽちっとしてください :su1: ランキングが下がるとついネガティブになります :angry:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

しの7月 23rd, 2010 at 8:12 PM

aya様

わ~…若かりし頃のワタシに似てる(;^_^Aただ、一つ違うトコは「お勉強出来ない」って…コレは、最悪じゃないの!?(苦笑)

自分の欲しい答が決まっているンですよね?自分に自信がナイから、他人に言って貰って(言わせて)安心したい(認めて欲しい)、失敗したくないってコトなんでしょうか…

おバカなワタシは理論的に成り切れず、答が合ってるか解らないので「考えずに行動」するジャイ子になっちゃいました☆だって、周りが何と言おうと答(やりたいコト)は決まってるンだモン!!

aya様に座布団1枚っ!更に、ポチポチ付きっ(笑)

aya7月 24th, 2010 at 11:43 AM

しのさま

まさに『やらずに後悔するよりは、やって後悔した方がずっと良い :smile1: :!: 』ってヤツですよね :kirakira:

でも、やってみれば後悔することは意外と少ないような気がします :smile3:
やはり悩むよりやってみるべき :nikoniko:

Leave a comment

Your comment