夫の浮気を知っている妻

 
 もうかれこれ10数年、ご主人の浮気に目をつぶっている方を存じ上げています。
おそらくは、彼女なりに激しい嫉妬にたまらなく苦しんだこともあったと思うし、どうしようもない不安や悲しみに押しつぶされそうになったこともあるに違いないのだけれど、彼女はただひたすら黙認し続けています :ooo: おそらくこれからも。

 私の勝手な見解で、あっさり先に、結論からお話してしまうと、この方の場合は妻の余裕、本妻であることの自信・・・そういったものに支えられているというよりも、彼女はただただ、ご主人のことが好きなんです :su1: :ooo:

 彼女の夫の浮気歴も長くなってしまったので、そもそも彼女が何故、夫の浮気に気づいたかの経緯は、私ももう忘れてしまいました :su2:
 ちょっとした習い事で知り合ったその彼女が、私にその話を語るときは、私達が昔から何でも語り合ってきた仲ではないこともあるでしょうが、妻のプライドでしょうか、私よりも年上で、子供もいるということもあってか、彼女はただ淡々と、あくまで「大した問題ではないのだけど・・・ :su2: 」とでも言いたげな様子で、嫉妬や怒りなどは微塵も表さないよう注意を払っているように見えました。 

 それでも時々、ご自分の中でたまらなく思えることがあるのでしょう、「別に大した話があったわけでもないんだけど、たまにはあなたとお茶したくなって・・・」 と言っては、私を呼び出すのでした。

 ただ、夫の浮気を確信してからは、夫が浮気相手といつどこに旅行に出かけたかとか、どの日にどこで一緒に食事をしていたかとかなどは、かなりしっかりと把握していたので、どうやら夫の携帯のメールチェックや留守録確認などは、こまめに行っていたようです。

 実際、その彼のほうも、かなりガードが甘い部分もありましたので :nageyari: これは妻に対する思いやりの配慮が欠けているというか・・・むしろ私は、この彼の思惑は、妻がこの話を持ち出すことを待っていて、いいきっかけだと離婚話を切り出すつもりなのではないかしら・・・と密かに勘ぐってしまったくらいです :nageyari:

 一度だけですが、彼女はある日、夫の浮気相手の勤め先や所属部署、自宅の住所を何故だかすらすらと私に伝えました。 女性のフルネームと、親切にも名前の漢字の読み方まで・・・ :nageyari:  「ええっ :ooo: ご主人様と同じ会社の人じゃないですか・・・ :komatta: :!: 」 私が言うと、彼女は 「そう、相手の女だって、そんなことが自分の勤め先に知れたら大変でしょうにね :su2: 」 と、あいかわらず、淡々と語ります。 「○○マンションの何号室に住んでるのよ :su2:

 私は彼女の冷静さになんとコメントすべきか・・・とりあえず冗談で 「乗り込んでやればいいじゃないですか :nikoniko: :!: 」 なんて言ってみました :nageyari: (笑)
すると、「いや・・・それは・・・ :deredere: :ooo: 」 と意外なことに、狼狽をみせた彼女をみて、私はやっと気づきました :idea: ああ、この人は、それを私にやってもらいたいんだ・・・と。 :ase:

 当然、それは私の役目ではありません。 しかも私は以前、恐らく同様のシュチュエーションであろうことに、濡れ衣で軽く巻き込まれたことがありました。

 ある晩・・・深夜3時はまわっていました。 熟睡していた私は、いきなり耳元で鳴った携帯の着信音に飛び起き、反射的に電話に出ました。 すると電話の向こうからいきなり 「ああ? :angry: 」 という威圧的で何故だか疑問形の女性の声・・・ :ooo:  こんな時間に人に電話をかけてきて、いきなり疑問形? :komatta: :confuse: ・・・。

 しかも、全く聞き覚えのない声でした。 とにかくこちらは寝込みを襲われて心臓がバクバクしてます。 まず控えめに 「もしもし・・・? :deredere: 」 と言ってみました。 
 すると今度は、「名前はっ? :gaaan1: :!: 」 と、更に威圧的な質問が・・・ :sad2:  このあたりからだんだんと、私も意識がはっきりしてきましたので、深夜のぶしつけな迷惑電話に、「あの、大変失礼ですが、こんな時間にどちら様でしょうか? お名前をお聞かせいただけますか? :poke-: 」 と申し上げますと、なんだか向こうで 「・・・違うみたいよ、コレ」 と、小さな声が聞こえたかと思うと、なんと一方的に電話を切られてしまったのです。

 強烈な迷惑電話・・・ :komatta: 真夜中にいきなり起こされて、一方的に叱られそうになって勝手に電話切られて・・・。 
 でも何となく状況が読めました :gaaan3  きっと、旦那様か彼の浮気に悩むお友達のために、私がひと肌脱いでやるっ :muki-: :!: と立ち上がったこの女性。 彼の携帯から、怪しそうな女らしき番号を控え、片っ端から電話をかけている・・・といったところではなかったのでしょうか :nageyari:

 お相手の男性がどの方なのかは私には見当もつきませんが、とにかく私の電話番号が電話帳なり履歴なりにあったことは事実でしょう。 でもそれは逆にやましくないって証拠でしょう :nageyari: ?それにしても、何とも迷惑な話です :gaaan3

 話は先ほどの彼女にもどりますが、おそらく彼女が私に伝えていることは、自分の夫の浮気相手の情報として、確実に掴んでいることでしょう、だから見当違いな濡れ衣ってことはないに違いないけれど、もちろん浮気相手の女性のところに乗り込んでゆくのは私の役目ではないし、実はその頃すでに、わたしは彼女のことを気に病まなくなっていました。

 彼女が2人目の子供を妊娠したからです。 もちろん、正真正銘その浮気を続けている旦那様の子供を、ですよ :smile1:
 そっか・・・夫婦のことは、その二人にしか分からないことなんだ・・・私は、その時知りました。 夫婦の問題はその夫婦だけのもの。 他人が関与できることでも、意見するべきことでもないんだと。 その夫婦のことは、他人には計り知れない :hehehe: 私が気に病むことではなかったんだと。

 それからさらに数年がたちました。 彼女の夫が、浮気相手と別れたという話はききません。 だけど、当初は20代前半だったお相手の女性も、今では30代半ばになっているはず・・・ :uuuum: きっと、いまではすっかりお仕事もベテランの域に入っていることでしょう。 後輩として入社してきた方たちが、どんどん結婚してお母さんになっていっているかもしれません。 そしてその間、不倫をしている自分の彼の家庭には、新しい家族も増えました。 

 この不思議な結束の固いトライアングルの中で、一体だれがどのように幸せなのだろう・・・とは思います。

 最初にお話したとおり、妻の立場であるその方は、ご主人のことがただ好きなんです。 彼は同じ大学で同じサークルで、彼女は学生の頃から周りには全く目もくれないほど彼に夢中だったと、結婚式の2次会で同級生の方が話していました。 そして彼女は、社会人の経験がほとんどないまま、大好きな彼とめでたくゴールインしたのでした。

 離婚しても、社会復帰の手立てを持っていない・・・子供が片親ではかわいそうだから・・・そんな理由もあるのかもしれません。 でもおそらくそれ以上に、彼女は大好きな夫を離す事は考えられないんだと思います。

 夫婦は百組あれば、百通り・・・。 夫婦の問題を解決するのは、その夫婦の力なのでしょうね・・・。

 いつもブログランキングの話しちゃってゴメンねゴメンね :nageyari: でも、やっぱり金のカップのほうがモチベーションあがるんで、よろしくお願いします :ooo:
ここんとこ :down: 「ぽちっと」ね :iyaiya:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

Be-Be2月 8th, 2009 at 4:18 AM

ごきげんようお姉様♪
わたしがどうしても気になってしかたないのは….
その不倫相手の当時は20代だったろう女性が今では30も
半ばを過ぎまだ懲りずに不倫をしているのならどれだけの厄を
ひっかぶるのでしょうかね?

通常不倫でかぶる厄はおおざっぱに計算しても10年くらいと
すると…10年以上も不倫をしてるってことはたいそうな
厄をひっかぶってしまう計算に…。
彼女生きてるうちに精算できるのかしら?

不倫って結局は『倫理(道徳)』の倫ならずってことですからね…そこに人並みの幸せを得ようとする事事態が間違っている
のかもしれないって事に早く気づいて欲しいな?。

とはいえ、奥様の方もそれだけの証拠が握れる程に旦那様
から別れて欲しいオーラが出てるって事にも気が付く
べきだわね…..。っていうか男が悪いよね…一番.。

aya2月 8th, 2009 at 9:39 AM

Be-Beさん

ごきげんようBe-Beさん :nikoniko: 忙しくてゆっくり会えないわね(笑)
たまには鑑定をお休みして一緒に遊びましょ :smile3: :onpu2:

そうよね、こういうのを男運が悪いっていうのかしらね :nageyari:
女を幸せにできる男がいい男・・・女を不幸にする男は・・・ :su2: :ase:
こんな男とはむしろ別れるくらいじゃ何も相殺できないって気もするわね :poke-:

Leave a comment

Your comment