わんわん物語に学ぶ恋愛論

気持ちの良いお天気の一日で :smile2: 早朝から、何かとドタバタと慌ただしく頑張ってるのだけど、今日一日のうちでやりたいことの半分も出来ていない~ :nageyari: なんか焦るんだけど、お天気がいいと、気分が晴れ晴れとするから、元気よく頑張れちゃうのよね~ :nikoniko: :onpu2:

さてさて、この連休はいかがお過ごしでしたか? 私はあいかわらずお仕事三昧でしたが、昨日は恒例の15日の神社参拝の日。 朝から神社にお出かけするのは、きりりと気持ちが引き締まり、いろんなことにしっかりと取り組もうという心がけを新たにすることができます :smile2:

そして、昨日のお夕食にはBeBeも来てくれたので、家族みんなが大好きなミートボールパスタを作りました。

子供の頃に大~好きだった絵本、「わんわん物語」の中で、レディとトランプが食べているミートボールのスパゲッティがとても美味しそうで、憧れてました :smile1: 大人になったら、自分で作っちゃう。

ハンバーグを作るのと同じ要領で作って小さく丸めたミートボールを、ガーリックの香りをつけて、多めに引いた油を熱したフライパンで焼き色がつくまで焼いてから、トマトソースで煮込みます :smile1: パスタはやや太めのほうが、絵本に近くて気分があがります :nikoniko:

「わんわん物語」は、お金持ちのお家の優しいご夫婦のもとで、大切に飼われていたお姫さま犬のレディと、ノラ犬だけど賢くてたくましく、ジェントルマンなトランプの愛と冒険のお話しです。 大人になって知ったのだけど、この原題の「Lady and the Tramp(レディ&トランプ)」を直訳すると「お嬢様と風来坊」って意味なんだそうです :smile3:

当時、ディズニーの絵本はたくさん持っていて、どれも大好きな宝物だったのですが、とくにお気に入りがこの「わんわん物語」でした :smile2:

トランプは日替わりで行きつけのお店を持っているのだけど、初めてのデートにレディを案内したのは、イタリアンレストラン(の厨房の裏口 :smile3: )ここに顔を出すと、親切なお店のオジサンが、トランプに食事をふるまってくれるのです :smile1:

この日は、「トランプが彼女を連れてきたよ~ :smile3: :!: 」って、お店のオジサンも大喜びで、2匹はなんと、カンツォーネライブ付きのロマンティックディナーデートを楽しむのです :smile2: :heart2:

この時出てくるミートボールパスタが、ものすごく美味しそうで… :smile2: :heart2: 絵本の中でも、後に観た映画の中でも、私の一番大好きなシーンです :smile2: :kirakira:

是非ご覧になって~ :smile2: すごく幸せな気分になるから :heart:

わんわん物語「ベラ・ノッテ」

精悍な感じでとても頼りがいがあるスマートな、グレーの犬のトランプはすごくカッコ良くて、小さな頃の私の憧れの男の子でした(笑) そしてお嬢様育ちでおっとり可愛いのだけど、お茶目でいざと言うときには、小さな体でびっくりするほど勇敢に頑張っちゃうレディーは、私にとっての憧れの女の子のイメージ :smile2:

レディはコッカースパニエルという犬種の犬なんだけど、茶色のお耳が可愛い巻き毛のようで、お姫様チックなところもとってもキュート :smile2: :onpu2: 優しい飼い主の奥様からプレゼントされた、ティファニーブルーの首輪とダイヤ型のチャームがとっても素敵でした :smile3:

パスタとネックレスに注目していた私って、小さい頃から食べ物とジュエリーが大好きな子供だったんだなぁと、今になってつくづく思うのです(笑)

このディズニーの映画が最初に公開されたのは、1955年だというから、今からもう半世紀以上も前のことなのですね~ :smile1:

レディの飼い主の、若くて優しいお金持ちのご夫婦のもとに赤ちゃんが生まれるとき、赤ちゃんのために用意された可愛らしいベビー用品や、特にガラス製の哺乳瓶がとても美しく、エレガントな描写がとても素敵で、幼心にうっとりとした気分で観たものです :happy: :kirakira:

ディズニー映画が大人も子供も楽しめるというのは、この年になってとても納得がいくことで、このわんわん物語にしても、改めて大人目線で見てみると言ってることが結構深いのよね~ :smile1:

自由奔放なノラ犬トランプは、かなりの遊び人(犬)で、実はこれまで大勢の女性(の犬)と散々浮名を流してきているわけです。 で、それを知ったレディがちょっと怒るというシーンもあったりします(笑) カッコイイだけに、やっぱりかなりのモテ男だったりするわけね :smile1:

そもそも、お嬢様のレディが、なんでノラ犬のトランプと街をうろつく羽目になったかというと、飼い主さんのご夫婦が、赤ちゃんを置いて旅行に行かなくちゃいけなくなって、ベビーシッターのおばさんがお家にやってきます。

このおばさんが連れてきた2匹のネコってのがすごく悪いヤツなのよ。 まともな教育は受けてないくせに、元気だけはいいっていうカンジの、いかにも品のない意地悪なネコで、お行儀悪くてお家の中でやりたい放題なの :muki-:  

赤ちゃんを守ろうとしたレディは、オバサンに口輪をはめられ、お家から追い出されるようにして飛び出すのです。 ああ、なんと理不尽な… :sad:

その後、人間に捕まえられて、とっても怖い保健所に連れていかれたりするんだけど、頼もしいトランプが勇敢に助けに向かい、無事に助け出されるわけね :smile1:

そして、めでたくお金持ちの優しい飼い主さんご夫婦のもとに戻り、2匹は結ばれ、暖かなお屋敷の中で可愛い子供たちにも恵まれて、幸せに暮らすことになるのです :smile2: すっかり飼い犬になったトランプの首には、高価そうなチャーム付の首輪が光っていたのが、とても印象的だったのを覚えています。 あ、ネタばらしでごめんなさい(今さらかい!!)

つまり、自由奔放に、気ままに暮らしていたトランプは飼い犬になったのです。 これって考えたらなかなか深いです :su2:

愛するお姫様のためには身を呈して戦うこともいとわないトランプは、大切なレディのためならば、自由を捨てることもいとわなかったということでもある。 それはまた、大勢の魅力的な彼女たちも捨てて…ってことでもあるわけです :su2:

とにもかくにも、ハッピーエンドでめでたしめでたしなのであります。 この先、レディとトランプがどうなったのか…それはハッピーなディズニー映画である以上、末永く幸せあってもらわねば困ります(笑) 間違っても、数年たったころには、トランプには外に愛人(犬)が…な~んてことはあってはならねぇわけです :nageyari:

いずれにしても…女性にモテようがモテなかろうが、男の人ってのはある女性に入れ込んだらば、その女性のために自分の時間をそそぐものです。 その女性のために注げる時間ってのは、その人の立場や状況によって、かなり差がでるけども、それでもとにかくその人なりに、可能な限りの時間を注ぐわけです。 その女性を想うことにつかう時間って意味でね :smile1:

どんなに忙しくて時間が足りなかろうと、好きな相手に対してつかう時間(その人のことを想うということも含めて)はある意味、別腹なのですよ。 お腹がいっぱいでもデザートのクレームドブリュレは別腹みたいなもんですかね(全然違うか :su2:

だから、私は男の人が、「忙しい :su2: 」といったら、「ああ、この人は私に対して気がないのだな」と思う。 あるいは、「気持ちがなくなったのだな」と。

なぜなら、気持ちが向いている女性に対しては、男性はけして「忙しい」とは言わないから。 「忙しいけどなんとか時間をつくるから、キミもボクのために時間をあけてくれない? :smile3: 」とか言うものです。 

つまり、どんなに忙しかろうと、好きな人のために作る時間は別なのよ。 だから男の人から「忙しい」という言葉が出た時には、極論かもしれないけれど、さっと身を引いたほうが良い、というのが私の恋愛論です。

「オレ、この日しかあいてないからこの日に会おうよ。 忙しいから、日を伸ばすとオレもいろいろ予定が入ってきちゃうんでさ :su2: 」なぁ~んて言うのも同じくってカンジです。 

ホントに相手に夢中ならば、男の人ってのは、何としてでも予定を合わせようとするものです。 そんな上からな発言をされた時点で、女はさっと身を引いたほうがいい、と私は思っています。

「待つ」のと「すがる」のは、全く意味が違うのです。

オンナの潔さってのは、さっと身を引くところに美学があると私は思う。 いつでも、そういうカッコイイ女で私はありたい :nikoniko:

image

さあ、そんなわけで、ハッピーエンドの素敵な恋愛を助ける必殺アイテム :smile2: :onpu2: Ayaのラブスピ6周年記念、スペシャル企画の第2弾は、久しぶりの「モテピアス」です :smile2: :kirakira:

効果はすでに実証済みよ :smile3: ご希望の方は、完全オーダー制でお作りさせていただきます。 明日また詳しくご紹介しますね :smile3: お問い合わせは「Ayaにメール」からお願いします :smile2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

9月 17th, 2014 at 3:22 AM

こんにちは。
可愛い映画ですよね〜。そしておいしそうなスパゲッティ。。。 :love:
ソース作る時、お砂糖入れますか?

私はあのシャム猫達が一番好きなんです。。 :twisted:
あの態度の悪さがなんとも言えなくて。悪役の方が好きだから余計なですね。笑

Aya9月 17th, 2014 at 9:19 AM

明さま

以前、プロの方から仕上げに一気に強火にすると、
トマトがとても甘くなるよって教えてもらってから、
トマトソースのお料理の時は、必ずそうしています :smile2:
でも、それでも酸味が強い時には少しお砂糖を加えます :smile3:

あのシャム猫さん達、レディを苛める悪いネコさんってイメージしかなかったけど、シャム猫さんファンもいたんだ~(笑)
小さな頃、ネコ好きの女の子は『おしゃれキャット(The Aristocats)』
犬好きの女の子は、『わんわん物語』って支持がわかれてたような気がします :smile2: :heart2:
私はどちらも大好き :nikoniko:

Leave a comment

Your comment