ペットのサマーカットにご注意!!

ずっと以前、ある獣医さんに、「犬は5才を越えると、飼い主にも気を使ったり、いろんなことを自分で考えて行動するようになるから、子犬の頃とはまた違って、すごく面白いですよ~ :smile1: 」という話しを聞いたことがあります。

確かに、子犬の頃って行動が無邪気で、寝てても起きているときでも、とにかく全てがいちいち可愛いのだけど、犬も年齢が上がってくると、本当にいろんな知恵がついて賢くなるもので、飼い主とのかなり複雑な意志の疎通もできるようになり、確かにすごく面白いのです。

チワワのウキワちゃんも、「おやつ頂戴~ :ukiwa: 」という顔をしてやって来るので、「ダメ、さっきもらったばっかりでしょ :su2: 」と言うと、「えへへバレたか、やっぱりダメよね~ :ukiwa: 」ってカンジで、くるりと背を向けて戻って行ったりするの。 飼い主の言葉の理解度もかなり上がってくるので、「おお、今言ったこと、ちゃんとわかってるよ :smile3: 」という反応があって、本当に面白いのです :smile1:

そんなウキワに与えるおやつ選びには、私はかなり慎重です。 人間と同様、犬も食べ物が一番、直接健康を左右すると思うので。

子供の頃、お隣のお家にもらわれてきた、雑種の犬の「くまちゃん」と私は、とっても仲良しでした。 当時、親からどうしても犬を飼うことを許されなかった私にとって、お隣のお家にでも犬がきてくれるのは大歓迎でした。 おそらく2か月くらいの子犬の時にやってきたくまちゃんと私は、だからすぐに仲良くなりました。 

子犬が大きくなるのはとても速いのです。 2~3日見にいけない日がつづくと、数日前より確実に大きくなっていたりします :smile1: お手やお座りは、犬はすぐに出来るようになります。 私を見つけると、嬉しそうにしっぽを振って、転がるようにして駆け寄って来ていました。

ところが、ぐんぐんと元気に育っていたくまちゃんは、ある日突然いなくなってしまいました。 お隣の奥さんが、鶏の骨を食べさせたのが原因でした。 鶏の骨は、犬が噛み砕くと、とても細く、鋭くとがってしまいます。 犬がそれを飲みこむと、内臓を傷つけてしまうことが多く、死んでしまうことがあるのだそうです。

お隣の奥さんは、鶏の骨を与えてはいけないということをご存じなくて、それでくまちゃんはあっけなく死んでしまったのでした。 私は数日、大泣きをして過ごしましたが、幼いながらに思ったのです。 動物を飼うということは、いろんな知識が必要で、飼い主がきちんと管理しなければならないのだと。

ところで毎年、この季節になると、すごく気になってたまらないことがあります。

それは、炎天下の中、犬の散歩をさせている人がいることです。 ご存じのとおり、夏の太陽に照らされたアスファルトは、かなりの高温になります。 そんなアスファルトの上を、平気でリードをひいて歩かせている飼い主さんを見かけると、思わず「ほんの一瞬でいいので、裸足になって、どれだけ熱いか確かめてみてください~ :sad2: :!: 」と言いたくなります。 きっと、まともに立てないほど熱いはずですよ。

ウキワちゃんは、生まれてからほとんどお外を歩くことがないので、いまだに肉球が子犬のようにぷにぷにのふわふわですが、大型犬であろうと小型犬であろうと、たとえ外を歩き慣れている犬だって、夏のアスファルトの上を歩かされれば、足はやけどを起こしてしまいます。

獣医さんのお話しによると、飼い主さんが気づいていないだけで、夏の散歩によって足の裏が炎症を起こしてしまっている犬たちは、たくさんいるのだそうです。 どうか、そういう知識をもったうえで犬を飼って欲しいと思うのです。 

飼い主さんの方針で、室内のペット専用トイレで用を足す躾をなさらない場合は、たいていの犬が、お散歩の時にまとめて用を足します。 なので、トイレのために、雨の日でも風の日でも、お散歩に連れて出ないといけないとおっしゃる方を、実際に私も何人も存じ上げています。 

それはそれで、飼い主さんの方針なので、出したものを完璧に始末するというエチケットさえ守られれば、お散歩は、犬の運動やストレス解消にもなるし、とても良いことです。 でも、日中の焼けたアスファルトの上を歩かせるのだけは、どうかやめてほしいのです。 

せめて真夏の間だけは、お散歩は早朝か夜の、すっかりアスファルトの熱がおさまってる時間帯にしていただきたいです :uuuum: :ase:

お知り合いの方で、いまだこのことをご存じなく、日中に散歩をさせている方がもしいらしたら、どうか是非、このことを教えて差し上げて下さい。 どれほどアスファルトが高温になっているかを、実際にご自分で触ってみられたら、すぐに納得して頂けるものかと思うのですけど…。

さてさて、先日たまたま知る機会のあったことで、私ってまだまだ知識不足だな~と感じたことがありました。 わんちゃん、ねこちゃんのペットを飼っていらっしゃる方は、是非ともご一読くださいませ。 実は、暑い夏にペットを思ってやっている、いわゆる「サマーカット」は、犬や猫にとっては大変危険なことなんですって 8-O :!: :!:

詳しくはこちら、『涼しいはずが逆効果!! ペットの「サマーカット」にちょっと待った』をご参照くださいね :smile1:

ゴールデンやシーズー、G・ピレニーズなどの毛の長い犬を飼われている方で、夏は暑そうと全身をサマーカットされる方がいらっしゃいます。 確かに見た目は涼しそうですが、実はこれが犬にはえらい迷惑、30℃超えの日々は地獄となるでしょう。 何故なら、彼らの長い毛は、寒さだけではなく暑さ対策においても優れものなのです。

ジュースなどを冷やしておくための保冷バッグのように、犬の被毛はこの断熱材と同じ働きをしているのだそうです。 人間のように、汗で体温の調節がスムーズにできない犬は、「なるべく外気温の影響を受けない様にすること」で自衛をしているのです。 被毛の隙間に空気の層を何層も作り出し、その内側にある本体を守っているんですって。

犬の皮膚の角質層は人間に比べ薄く、外的刺激に弱く、そのため、全身が被毛に覆われて外的刺激から守っています。

夏になると外的刺激になるのは、直射日光や太陽の紫外線で、被毛は弱い皮膚を直射日光や太陽の紫外線から守ってくれているのです。

でも皮膚が見えるほど被毛を短くしてしまうと、紫外線のダメージと、直射日光から受ける高温を皮膚がダイレクトに受けてしまいます。 被毛は、断熱の役割で直射日光から受ける高温を断ってくれているんですって。

また、バリカンで短く毛を刈ってしまうことで、毛質が変わったり、元のように被毛が伸びてこない場合もあるのだそうです。

特に、下毛と上毛のダブルコート(2重毛)のポメラニアンやシェルティなどはあまり短くしすぎるとホルモンの異常を起こして生えてこなくなることもあるので要注意なんだそう。

ウキワちゃんはたままた、スムースコートのチワワなので、夏でも冬でも同じスタイル。 定期的に、お顔まわりのひげをカットしてグルーミングする程度で、サマーカットの経験はたまたまありません。 だけど、私のまわりのペットちゃん達で、長毛種の犬猫は、夏になるとはライオンカットにされている子が結構いるんですよ。 

私もこれまでは、知り合いの方のペットのサマーカット姿の写真を見せてもらっては、「きゃ~可愛い :smile3: :heart2: 涼しそう :happy: :onpu: 」なんて大絶賛していたのですが…知らないこととはいえ、暑いだろうからと思ってやっていたことが、実はかえって可哀そうなことをしているということなんですね… :uuuum: :ase:

ペットも家族の一員ですし、生き物を飼うということは、大切な一つの命を守るということです。 正しい知識で正しく飼育するということは、飼い主の責任でもあり、ひとつの小さな命との縁があって、その子を自宅に迎える人間としての責任でもあるのだと思います。

image

犬や猫は、家事の手伝いも、家計の援助もしてはくれませんが(笑) その分、家族に対して笑顔や癒しをたくさんプレゼントしてくれますものね :smile1: 小さな命からも、これほどに学ぶことがたくさんあるのかと、気づかせてもらえることも多いのです。

ところで、犬を飼うと、なんと寿命が10年ものびるという報告もあるそうですよ :smile1: :!:
驚異のアンチエイジング効果!「犬を飼うと10歳若返る」ことが判明

今日の応援もよろしくお願いいたします :nikoniko:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

8月 26th, 2014 at 2:02 AM

お久しぶりです。

相変わらずウキワちゃんの笑顔がまぶしいですね。 :smile3:
その横のネコがかわいい。。。

本当はネコに牛乳を与えてはいけないのだけど、うちのフーは牛乳とヨーグルトが大好きなんですよ。なのでスプーンの1/4程度をあげてしますね〜。もうすぐ17歳ですが、最近普通に会話が成り立っていてぶったまげてます(「あれ、そっち行くの?」「うにゃ」ってな感じ)。本当は人間か?って思う程、ちゃんとした会話なんですよ。こないだなんてお小言言われました。。。 8-O

Aya8月 26th, 2014 at 1:56 PM

明さま

お久しぶりです~ :smile2: :heart2: お元気ですか?
フー王子も?? :smile3: :heart:
ウキワのお隣のネコさんは、筒型のクッションなんですが、
仲良しのグレースちゃんに似ているので、
うちに遊びに来たときの、ウキワのお友達なんですよ :nikoniko:

ネコちゃんに牛乳がダメだというのは、私も最近知ったのです 8-O :!:

永く共に暮らしていると、ペットは飼い主の心配までしてくれえて…
気持ちが通じてることを実感しますから、ますますかけがえのない存在ですよね :smile2: :heart:

Leave a comment

Your comment