カワイイ区への怒り

人気ブログランキングを見に行ったら、びっくりした :gaaan1: :ooo: 「彩のラブスピ」がみあたらない :angry: :ase: えっ 8-O アタシのブログ、どこ?? :asease: ってスクロールしたら、いた :su1: …知らぬ間にすっかりランキングが落ちていたのね… :sad: みなさん、どうか私のことを忘れないで~ :sad2: 淋しいよぉぉ :sad2:

ところで、覚悟はしていたのですが、やはりソウルはとても寒かったです。 今回は、ほとんど個人的なお買い物はしなかった…とはいえ、あまりの寒さに、ついついモコモコのスヌードや、長めの手袋、裏起毛のあったかレギンスなどを買ってしまいました。

それから愛用のかたつむりシートマスクのまとめ買いや、お塩入りのボディスクラブにボディローションなどは、意外と重たい荷物になって、しかも存在感があるので、帰って来てまたまた「どうやって収納しようか… :nageyari: 」と、途方に暮れている次第です。

実は今回は、ちょっとしたハプニングの連続で、大和撫子としてはやはりきちんと社会情勢にも敏感でいるべきで、お気楽にしていることは恥ずべきことだなぁ…なんて考えさせられたりしました。

私たち姉妹が韓国というところに行ってみて、たちまちその魅力にハマったのは、今からずいぶん前のことですから、当然、まだ韓流ブームという言葉どころか、ヨン様だってまだ、ただの一般人の少年だったろう、というほど昔のことです。 そもそもあの当時の韓国って、日本の音楽は輸入禁止で「SMAP」とか言ってもみなさん「?? :roll: 」という時代だったのよ。 草薙クンもほんとに頑張ったものだ :su2: っていうか、SMAPも今ではすっかり大御所よね :smile1:

福岡からだと東京に行くより近いのに、お買い物するのはものすごく楽しいし、ソウルの街ってエネルギッシュでとても魅力的だった。 そして、どの人も私たちに対して笑顔で歓迎してくれている…と思っていた。 少々嫌な目にもあったりしたことはあったけど、それはこの国に限らず、日本にも、どこの国にも悪い人っているからな…って認識だったのです。

私が生まれて初めて身をもって体験した反日感情は、タイのバンコクのホテルのエレベーターの中でした。 その時私が泊まっていたお部屋が、高層のホテルのかなり上のほうの階だったので、乗ってる時間がそこそこ長いわけ。 アトリウムのようになっている明るいレストランがあるフロアから、ウキウキでお部屋にもどろうとエレベーターに乗り込んだ時、たまたま先に乗り合わせていた東洋人の男性二人が韓国語で、「イルボン、イルボン(日本人、日本人)」と小声で言ったのが聞こえました。

私は何だか嬉しくなっちゃって、その頃何度か行って少しだけ覚えた、片言の韓国語で、「そうです、日本人ですよ :smile3: :!: 」って言ったら、その2人が途端に気まずそうな顔をして黙り込んでしまったんですよ… :su1: :ase:

ああ、好意的な意味で言ったのではなかったんだ…と、私はその時初めて気が付いて、そのあと自分の部屋の階に着くまでのエレベーターの時間がそれはそれは長く感じられました…。

何だかとても残念で、何ともいたたまれないというか、妙に悲しい気持ちになったのを覚えています。

このところ、小さなアイランドをめぐっての問題で、お隣の韓国とはちょっとガチャガチャしてます。 以前、とあるタレントさんが、「そんなに欲しいならあげてしまったらいいやん :nikoniko: 」的な無邪気な発言をしたことがちょっとした大問題になったことがあります。 

そもそも、こちら側の日本ではというと、そんな感じで、話が尖閣諸島とごっちゃになってる人もいたり、「何でもめるのかが解んな~い :nikoniko: :onpu2: 」的な本物の無邪気さんもいたりで、実際にこの問題自体にあまり関心がない人が多いような気がします。

小さな頃から「我が領土」という教えをしっかり叩き込まれているお隣の国と日本では、この問題の認識の仕方とか教育のあり方にしてもあまりに違いすぎるわけですから、認識の差の問題だけを取り上げればですが、そりゃ仕方ないといえば仕方ないことかもれません。

女の子は政治のことに関わるもんじゃない :su2: というのは、亡くなった祖母が生前、よく言っていた言葉で、それにあまりに大きすぎるこの問題に、私がここで自分の意見をコメントするのはあえて控えておくけれども、今日の私が何に怒っているのか(怒ってるんです :su2: )まあ聞いてください。

「カワイイ区」廃止へ 「男女差別助長」の声 福岡市

「カワイイ区」というのをご存じでしょうか。 恥ずかしながら、わが街福岡市にあるとされる、地図上には存在しない『区』です :su2: URLを貼り付けときながらいうのもなんですが、わざわざリンク先まで飛んで見に行ってもらうのも申し訳ないので、ここでこの記事の内容をそのままご紹介するとですね…。

福岡市がインターネット上に設けた仮想行政区「カワイイ区」に「男女差別を助長する」などの苦情が寄せられたとして、市長の諮問機関「市男女共同参画審議会」(藤井千佐子会長、18人)は21日、「カワイイという言葉の受け取り方に配慮し、広報の見直しを行うこと」とする報告をまとめた。これにより、高島宗一郎市長が肝いりで設けたカワイイ区はわずか半年間で廃区は避けられない見通しとなった。
                   ◇
カワイイ区は昨年8月末、首都圏などに福岡の魅力をPRするために開設。AKB48のメンバーで福岡県糸島市出身の篠田麻里子さんが区長に就任したこともあり、4万2千人が区民登録した。

これに対し、市民から「カワイイ女子の奨励は女性の自立を阻み、固定的役割分業意識を助長する」などの苦情や批判が昨年11月から2月にかけて5件寄せられた。

これを受け、審議会は2月7日に苦情処理部会を開き、カワイイ区のあり方を検討。委員からは「性別を理由に役割を固定化するのは男女共同参画の阻害要因になる」とカワイイ区の廃止を主張する意見も出ていたが、最終的に見直しを求めることで一致したという。

私の周りでも、いい大人の殿方が(ていうかつまり、いいオッサンね :su2: )が、「住民票ゲット~ :nikoniko: :!: 」とか言って喜んでいた。 当然区民になるにはお金が要るのだ :su2: でも一体、そのお金ってどんなカワイイ諸経費なのか? :su2: :ooo:

どうでもいいけど、篠田麻理子サンはとっても可愛いけど、福岡県の出身ではあっても福岡市の出身ではないぞ。 そして、区長として区の行政に一体どんな貢献度を示すのか? 可愛いのがお仕事か? 

そもそも、住民登録費用としての諸経費は、一人当たりわずかなものだと言っても、何しろ4万2千人の区民がいるのだ。 集まったそのお金は、架空の区の一体何につかわれるのだ?…例えばですよ、冷静に震災以降のこのニッポンの状況を考えてみましょうよ、あまりにお気楽すぎてアタクシは何ともお恥ずかしい :su2: :ooo:

多数決って問題ではないけど、4万2千人の区民に対して、たった「5件」の苦情が寄せられたことで、区自体の存在があやうくなるってのもまた、コメントしがたいところです。 しかも、この男女差別とやらの問題に対して篠田麻理子サンが区長を退任してしまった :su1: 「篠田サンが辞めるなら区民を辞める~ :sad2: 」と、すぐさま区を退出してしまった人たちがいるのはいいとして、一連のこの問題に対して、「つまらん苦情を言うな~ :iyaiya: :!: 」などと、怒りをあらわにしている可愛いオジサンたちが、私の周りにも大勢いらっしゃるというこの実情ったら一体… :su2: :ase:

福岡市という街は、アジアの玄関口といわれるほど、地方都市の中ではアジアの各都市にアクセスの良い場所です。 お隣の韓国にも空の便だけでなく、海の便も充実している。 そしてとってもアジア各都市に近い、まさにゲート的存在の街なのです。 当然お隣の国やその他アジアの近隣の国の方々との行き来も頻繁であり、身近なわけ。 そういった意味では立地として重要な場所でもあるわけですよ、福岡市って。 身近なだけに、ここに住んでいる我々は、国際社会情勢に高い関心をもち、市政を中心として国際交流に高い意識を持つべきだと私は思う。

何かと大変なこの時期に、「カワイイ区」とかでガチャガチャやっとる場合なのか? ああ恥ずかしい :su2: :ase:

怒ってる私にどうかみなさんの愛のクリックを… :oops: :heart2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Leave a comment

Your comment