Merry Christmas!!☆

とても寒いクリスマスイブになりました :smile1: 福岡も、朝から時折、チラチラと雪が舞っています :smile1: みなさん、楽しい休日&クリスマスイブをおすごしでしょうか? クリスマスの夜に、アメリカに住む、私の仲良しの殿方が紹介してくれた素敵なお話しを、みなさんにもご紹介したいと思います :smile1:

アメリカでクリスマスになると、貧しく困っている人々に現金をプレゼントする男性がいた。
彼はいつしか「シークレットサンタ」と呼ばれるようになった。

1971年11月、23歳のラリー・スチュワートは会社が倒産し路頭に迷っていた。 あまりの空腹に耐えきれず、ついレストランに入って取り憑かれたように注文してしまった。

請求書を出されようやく我に返り、お金を持っていないことに気づいた。

そして、なんとかその場を取り繕おうとポケットの中を探すフリをしながらも、警察に突き出されても仕方が無いと思っていた時だった。

一人の男性店員がラリーの横でしゃがんで、20ドル札(現在約2400円)が落ちていたと渡してくれたお陰で、彼は会計を済ませることができた。

だがこの人生最大の苦境に偶然手に入れた20ドルが、後に彼の運命を変える重大な鍵となる。

1972年、運良く拾った20ドルの残りを旅費にカンザスシティに移り住んだラリーは、警備関係の会社を起こして懸命に働いた。

結婚し子供も生まれたラリーは幸せな生活を手に入れたかに見えた。

だが1977年12月、不況で会社が倒産しその日の食事代にも困るほど追いつめられた。

貧しさのせいでラリーは我を忘れ、銃を手に銀行に入り、強盗を働きそうになった。 だが、20ドル札を見てふと我に返り銀行強盗をすんでの所で思いとどまった。

改心したラリーは1978年、妻の兄からの援助を受けてセールスマンとして懸命に働いた。

だが彼はまたしても試練を与えられる。

1979年12月、会社の経営が思わしくないということで、ラリーは解雇されてしまったのだ。

もう助けてもらうあてがないと途方に暮れていた時だった。

ふと目についた売店に立寄り、ポップコーンを注文した。 店員の女性は暗い表情で、違う商品とおつりをラリーに渡した。

ラリーは彼女が困っているのだと思い、おつりの中から20ドル札をプレゼントした。

彼女は受け取れないと言ったが、ラリーは『クリスマスプレゼントだ』と言って手渡した。

この日はクリスマスだった。

女性は嬉しそうに礼を言った。

その笑顔がラリーを明るくし、彼は思いも寄らない行動をすることになった。

そのままラリーは銀行に行くとなけなしの貯金を引き出し、白いオーバーオールに 赤い服とベレー帽という姿で町に繰り出した。

そして困っているような人や貧しい人に20ドル札をクリスマスプレゼントとして手渡したのだ。

シークレットサンタが誕生した瞬間だった。

20ドルは大金ではなかったが、困っている人々にとっては大きな助けとなり喜んで 受け取ってもらえた。

それがラリーの人生にも思わぬ影響を及ぼすことになる。

家に戻ると、妻から銀行にお金が残っていなかった、と聞かれた。

ラリーは落としてしまったと答えた。

すると妻は怒るどころか、仕方がないわね、でもあなたは幸せそうね、と微笑むだけで文句を言わなかった。

翌年の1980年、ラリーは友人と長距離電話の会社を設立し、懸命に働いた。

そして、その年のクリスマスにも道に立って人々に現金をプレゼントする活動を続けた。

そしてその金額は少しずつ多くなっていった。

不思議なことにシークレットサンタとなって施しをすればするほど会社の業績が上がり、長年の切り詰めた生活から抜け出し家族のために家や新しい車を買えるまでになった。

ラリーの妻も町中でシークレットサンタの噂を耳にするようになった。

彼は家族にも言っていなかったのだ。

彼はそれからも一年も休むことなくシークレットサンタの活動を続けたのだが、 9年目の1987年12月、ついに妻にシークレットサンタがラリーであることがわかってしまった。

すまないと謝るラリーに、妻は 「素敵なことじゃない。これからはもっと節約してたくさんの人を助けられるように協力するわ」と答えた。

以後、家族もラリーの活動を知って陰から支えることになった。

1995年、地元ではすっかり有名になっていたラリーは匿名を条件に取材に応じた。

カンザスシティ・スター紙のマクガイヤー記者は、彼も家族も一切表舞台に出ようとしなかったと話す。 しかし報道されてから、シークレットサンタの正体への関心はさらに高くなった。

一方ラリーは多くの人に感謝されるにつれて、ある人物に会いたいという思いが募っていった。

そして1999年12月、ミシシッピ州のトゥペロという小さな町のある男性宅を訪れた。

その男性とは、シークレットサンタの生みの親だった。 28年前の1971年、一文無しだったラリーが落ちていた20ドルに救われた日のこと。

本当の落とし主が現れたら困るので逃げるように店を後にしたラリーは、我に返って真実に気づいた。 20ドルは、落ちていたものとして男性店員が彼にくれたものだったことに。

男性店員はテッド・ホーンといい、当時のことを思い出した。 ラリーは彼がしてくれたことをいつか誰かにしようと思ったのだと話した。

そして、テッドの20ドルがなかったら刑務所に入っていただろうという。

自分の人生を正しい方向に導いてくれたお礼にと、ラリーはテッドに1万ドル(約120万円)の入った封筒を渡した。

受け取れないというテッドに、ラリーは自分が今あるのはあなたのおかげだと引かなかった。

当時テッドは、警察に突き出すのではなく、自らの過ちに気づき、他人への優しさを知って欲しいと思って20ドルを差し出した。

それをずっと覚えていて、サンタ活動を続けたことには頭が下がるとテッドは話している。

テッドさんはラリーさんから渡された1万ドルを、近所の病気で困っている人たちや生活に苦しい人たちのために使ったという。

人を思いやる気持ちは健在だった。

そしてラリーのサンタ活動は全米に広がった。

2001年には、世界貿易センタービル爆破事件のあったニューヨークに行き、ホームレスや職を失った人を中心に2万5千ドルを配った。

2005年にはハリケーンで壊滅的な被害を被ったミシシッピ州を中心に7万5千ドルを配り、27年間で配った総額は150万ドル(約1億8千万円)になった。

だが昨年、シークレットサンタがついにカメラの前に現れ正体を明かした。

彼は昨年4月、食道ガンのため治療しなければ1ヶ月生きられないと宣告されたのだ。

正体を明かしたのは、自らの命の宣告を受け、身近な人への思いやりを広げて欲しいというメッセージを送りたかったからだろうと、マクガイヤー記者は話す。

その反響は大きかった。

2日間で7000通もの手紙やメールが彼のもとに届いた。 大半は自分もシークレットサンタになりたいというものだった。

その年のクリスマスも彼は病気を押してサンタの活動を行った。 そのお陰で多くの人が笑顔でクリスマスを迎えられた。

今年1月12日、ラリーは58歳で静かにこの世を去った。 それでも彼の笑顔と優しさは数えきれないほどの人の胸に永遠のサンタとして刻み込まれただろう。

生前ラリーは、シークレットサンタ協会を設立、会員資格は少なくとも1回他人への親切な行為を行うこと。 今でも世界中から登録の申し込みが後を絶たない。

:smile2: 心がほんわかあったまるお話しです :ooo: :heart2: 実は私も、ささやかながらシークレットサンタとしての活動をさせて頂きました :nikoniko: そのご報告は後日また :smile3:

それでは、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね :smile2: みなさんに、たくさんの幸せが降り注ぎますように… :happy: :heart2:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (10)

しの12月 24th, 2012 at 8:35 PM

Aya様

素敵な話です。゚(゚´Д`゚)゚。ワタシもサンタ活動楽しもう!!
クリスマスは、楽しみを分かち合うキッカケになる日なんですよねっ!

Aya12月 24th, 2012 at 8:54 PM

しのさま

頑張ってくださいね :smile2: :!:
誰もが毎日を精いっぱい頑張って過ごしてるから、
何か「特別な日」がなくちゃ… :happy: :kirakira:
素敵なクリスマスになりますように… :smile2: :heart2:

miyuki12月 25th, 2012 at 7:50 AM

クリスマスにふさわしい、すてきなお話をありがとうございます。
お金や物を振る舞う余裕はないけれど(笑)
出会う方へ、嬉しくなる言葉とともに笑顔を贈りたいな。
物より気持ちを、届くといいな♪

麻衣子12月 25th, 2012 at 9:12 AM

Ayaさま

Merry Christmas!!

素敵なお話ですね。
私も、発展途上国の子供たちと行き場のない動物たちの為に、ほんの少しですが、サンタさんにプレゼントを頼みました。

ところで、2週間前にサンタさんにお願いしたAyaさま&BeBeさま宛のプレゼントですが、まだイギリス国内をさまよっているみたいです 8-O
先週お願いした甥っ子宛のプレゼントはとっくに日本に着いているのですが :ooo:
やってくれます、イギリスのサンタさん。。。 :sad2:

May peace, Joy and happiness be yours at Christmas and throughout the new year :heart:

KYE12月 25th, 2012 at 11:59 PM

メリー☆クリスマス^^♪ Aya様

大変お久しぶりです^^;
お元気&素敵ですね(*^_^*)♪ 前記事の写真拝見しました^^
ショート似合っています!! (本当に可愛いです^^♡)

このお話もとても素敵ですね^^
マッキーの「僕が一番欲しかったもの」を思い出してしまいました。
大好きな歌です♪
あと、見てはいないのですが、「ペイ・フォワード」という映画も^^

この方のように、自分に余裕がない時にもできるかどうか…
自信はありませんが…
自分ができることをできるだけ自分もしていきたいと思います^^

ところで、
Aya様に作っていただいたブレス!!
大事に使わせて頂いています(^o^)丿☆
気のせいか少しずつ透けてきているように見えるので…^^;
きっと、私のこと守ってくれているのだと感じつつ
感謝しながら時々眺めたりしています♪

素敵なブレスを ありがとうございました^^♡

毒吐きBeBeちゃん12月 27th, 2012 at 1:39 AM

彩様
24日のイブにホノルルを出発したら・・・日本についたら25日の夜だった。あたしのXmasのほとんどは機内生活・・・。

Aya12月 28th, 2012 at 1:50 AM

miyukiさま

本当に…モノより気持ち :kirakira:
おっしゃっている意味、とっても心に伝わります :happy:
自分のことを想ってくれているということだけでも、
とても嬉しかったりしますものね~ :smile2: :kirakira:

Aya12月 28th, 2012 at 1:54 AM

麻衣子さま

いつもありがとうございます :smile2:
ロンドンのクリスマスって、きっと素敵なんだろ~な :happy: :heart2:
ネットで、クイーンエリザベスのクリスマススピーチを拝見しました。
いつも凛となさり、本当に素敵な女性だと憧れています… :happy:

それにしても、ロンドンのサンタさんったらお茶目。
何か、固さと緩さがのさじ加減が解んない所も、英国の魅力って勝手に思ってるんですが…
とにかく憧れの街です :smile2:
そんなロンドンで頑張っている麻衣子さまも素敵 :nikoniko:
来年が、ますますの飛躍の年となりますよう、お祈りしております :smile3: :kirakira:

Aya12月 28th, 2012 at 2:00 AM

KYEさま

ありがとうございます~~ :love: :kirakira:
髪を切って、ストレスは減りましたが、顔周りはやはり縮れたままです :nageyari: しかし、頭が軽~いっ :nikoniko:
軽やかになったところで、もっともっと軽やかに動き回りたいです :smile2:

「ペイ・フォワード」…私からもオススメの映画です :smile2: お正月休みにお時間があれば、是非ゆっくりと…あ、タオルを用意なさってね :smile1:
汗ではなく、涙をふくためです :wink:

お手元に行った子達が頑張ってくれてるみたいで、嬉しいです :nikoniko:
KYEさまのために、しっかりいい仕事して頂戴よ~!! 頼みますよ~ :nikoniko: :onpu2:

Aya12月 28th, 2012 at 2:01 AM

BeBeさん

ってことは、24日のイブがごっつ短かった・・・ってことやね~ :su2:
うむむ… :roll:

Leave a comment

Your comment