セクシーの必要性

不安定な春先の気候のせいか、この時期ってどうしても体調のバランスを崩しやすいのですよね :smile1: 昨日から、何となく胃腸の調子が良くないという父でも食が進むようにと思って、おひなまつりのお夕食は「うどんすき」にしました :smile3:

「うどんすき」というと、私の中ではやはり大阪の『美々卯』さんです :nikoniko: 大阪に行くことがあると、滞在中は必ず一度は伺うほどのお気に入りのお店で、自宅でうどんすきを作る時も、できる限りこのお店のお味を再現したいと頑張っちゃいます :nikoniko: だったらお取り寄せしちゃったほうが確実なのですが(笑)

ちなみに写真は美々卯さんの『うどんすき』 :smile3:

 おいしそう!!

美々卯さん風に、少し甘めに昆布でお出汁しをとって、個人的には絶対かかせないのがエビと卵焼きです :smile2: :!: これが入ると何故か、かなり気分がアガルのです(笑)

我が家の家族は、両親も妹のBeBeもお酒を頂きませんから、「お酒があれば食事がより楽しいっ :nikoniko: :heart2: 」というのは、淋しいことに、家族のなかでは私ひとりなんです :su1: それでも、「今日はイタリアの赤ワインにしましょう :smile2: 」とか、「お刺身に合わせて、今日は日本酒を冷やしておこう :happy: 」などと、食事に合わせてちょっとだけお酒を用意して楽しむのは私の趣味のひとつです(笑)特にワインは安くて美味しいのを見つけるのも、楽しみの一つ :smile2:

そんなわけで、誰かを招いて食事をふるまうことも大好きです :smile3: :!: お料理を作った側にとっては、「おいしい :nikoniko: :!: 」って言葉を聞けるのが、何よりの喜びなんですよね :happy: たいして凝ったお料理はつくりませんが(おいおい、威張るなよ :angry: :ase: )、手早さだけは自慢です(笑)←なにしろ早く食べたい :nageyari: 早い話しが、「男の料理」ってやつに近いかも(恥) :su1:

ところで、昨日の「セクシー」のお話ではないけど、最近はお料理ができる男性が圧倒的にモテ度が高いものかと思いますが、私も個人的に、「家の中のことはいっさいできない :happy: :!: 」と大イバリで言ってのける殿方よりも、得意料理のひとつやふたつはお持ちだという方のほうが、絶対ステキに思えちゃいます :love:

何が素敵かって、女性にとっては重すぎて、扱いをもてあますフライパンを、軽々と片手で振っちゃう姿なんか、もう『セクシー』としか言いようがないでしょ :smile2: :heart: あの重たいフライパンや中華鍋などを、楽々と片手で振りながら、たっぷりの具材を鮮やかに返したりする姿を見せられちゃったら、そりゃもう「惚れてまうやろーーーっ :iyaiya: :!: :!: 」です(笑)

つくづく思うのですが、異性に対して『色気』を感じたり、『セクシーだな :smile2: 』って思えるポイントは、異性にしかみられない部分を感じた時でしょう :smile1: たとえば、男性が重たいものを軽々と持っちゃう姿とか、自分だと絶対に踏み台が必要な高い場所のものを、ひょいと簡単に取ってくれたとか…自分の倍もありそうな男性の大きな手や、広い肩幅…そんなパーツに女ゴコロとしては、男性としての魅力や色気を感じるものですよね :happy:

なので、逆の立場にたって考えてみたら、男性だって女性の女性らしさや可愛らしさに、色気や魅力を感じてひきつけられるのが当然ってことではないでしょうか :smile1:

ブレスのオーダーを頂く際に、お願い事は「素敵な恋愛を見つけたい」とおっしゃる方から、「可愛い感じは苦手です :su2: 」と言われると、はたと困ってしまいます。 恋愛強化となると、石もふんわりピンク系の色をした子達の得意技ってところがあり、「可愛い感じは嫌いなんです、絶対に甘口にならないようにお願いしますね :su2: :!: 」と念を押されると、正直、結構苦しみます(笑)

辛口系のデザインで何とか恋愛運アップできるようにと石を選び、ブレスを作り上げるのも、ある意味ウデの見せどころって感じで、逆に張り切っちゃうってところはありますが、やはり「女らしさや可愛らしさ、お色気」の面から強化していって恋愛につなげるというより、別のパワーから恋愛運アップを企むことにはなりますね。

もちろん、メンズライクなお洋服や、実際にメンズものを着ていても、素敵にセクシーに着こなせる女性っていらっしゃいますから、ブレスに限らず、持ち物がキリっとクールなデザインなのに、逆にセクシーに見せることのできる技を持った女性はいらっしゃると思います。

ただ、そういう演出のできる女性は、ご本人の内面から溢れてくるような色気や、女性特有の魅力がどんなものかを知りぬいていて、その「見せ方」までちゃんとわかっている、かなり上級者に限られると思います :su1:

逆の例を挙げるととてもわかりやすいかと思うんですが、女性モノのお洋服を男らしく着こなせる男性が、世の中に実在するのだろうかってハナシです… :su2: :ase:

イギリスのポールスミスなんかのお洋服って、大柄のマッチョ系の男性より(私個人的にはタイプなんですが←誰も聞いてないし :deredere: )、どちらかというと細身の体型の男性が似合いそうに思いますが、こちらのブランドが得意な「花柄シャツ」を素敵に着こなせる男性って、やはり細身の体型ながら、男らしい色気を出せるテクニックを心得ていらっしゃる方だと思うのね。 でなきゃフツーはたいてい、オネエ風になっちゃいますもんね :nageyari:

そんなわけで、やはり男性が女性に求めるものは、男性の自分にはない部分 :smile1: 女の子としての可愛らしさや甘さ、それに、柔らかさとか優しさだと思うわけです :smile2: :heart:

「可愛いのは苦手 :iyaiya: 」っておっしゃる女性のほとんどは、「可愛いものは私には似合わない :iyaiya: :!: 」と思い込んでいらっしゃるように思います。 もちろん、フリフリのピラピラや、ピンクやお花、キラキラやハートが苦手なら、別に無理して持つ必要はないと思います。 だけど、可愛いさを自分の周りからいっさい排除するならば、内側からにじみ出る女らしさやセクシーさで異性を魅了する方法を、ご自分なりに研究する必要があるかと思います :smile1:

もし「男っぽいのはキライ :su2: 男らしいとかカッコイイとか絶対ムリ~ :iyaiya: 」って言いきっちゃう男性がいたとしたら、その方のことを「イヤン、ステキっ :love: :heart: 」って好きになっちゃいます? 

「この香りが一番落ち着くんだよね~っ :happy: :heart2: 」って、ラブリーなピンクのボトルの甘いフローラル系の香りのする、女性用トワレを愛用している男性がいたとたら、そんな男性に「抱かれたい~っ :iyaiya: :heart: 」って思わず駆け寄りたくなります?

女性としては、やはり男性には「男らしさ」とか、「カッコ良さ」とか、「強さ、たくましさ」を求めちゃうものですし、近くに寄った時には、キリっとした男性用のコロンの香りがしたほうが、思わずクラっときちゃいます(笑) :smile3:

そういう意味では、女性が「女の子らしさ」を演出するのに、いかにも女の子っぽい服装をしたり、可愛らしいものを身に着けることは、ある意味てっとり早いわけです(笑) 

『可愛いとか、女らしいというのは苦手 :gaaan3 :gaaan2: 』、というのは個人の好みですもん、嫌いなものは嫌いで仕方がないことです。 恋愛したいからって、無理してご自分の趣味を変える必要があるとは私も思いません :smile1:

でも、いくら『可愛い、女らしい』が嫌いでも、異性との恋愛を求めるならば、あなた自身に可愛さや女らしさ、つまり女性としてのセクシーな魅力を感じる部分はやはりどうしても必要です :smile1: いかにして「自分の女性らしさを魅力的に演出するか」という研究をして、魅せ方を極めることは、とても重要なことでしょう :smile1:

重要なんですぅぅ、応援してください~ :nageyari: :!:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

毒吐きBeBeちゃん3月 6th, 2012 at 8:50 PM

あたしの肩幅かなりたくましいからセクシーかね?
あと太もももたくましいよ。

Aya3月 9th, 2012 at 10:57 AM

BeBeさん

うん、あたしの筋肉も結構強そうで、この前もエステで
「何かされてるんですか?」って訊かれたよ :nageyari:
レスリングとか、ウエイトリフティングとか、やってそうなのかね :su1: :ase:

Leave a comment

Your comment