プレゼントのパワーストーンをどうするべきか

「彩さん、それってトルハルバン爺さんじゃないですか? :nikoniko: 」と、わざわざ知らせて下さった方がいらっしゃいました。 え :komatta: ?何の話???って・・・昨日、私がチラリと語った、韓国チェジュ島のお土産でもらったという石像のことですわよ~(笑)

そうそう、確か「肩こりに貼ると効きそうな名前だなぁ :nageyari: 」なんて思った記憶が・・・(韓国の方ごめんなさい)

名前がわかったので、早速ウィキってみました。 どんな石像か、あの時私が受けた衝撃をみなさまと共有したくて、Wikipediaの画像でご紹介します :smile3:

じゃ~ん :!: ご紹介しましょう :nikoniko: トルハルバン様で~すっ :smile3: :kirakira:

トルハルバンとは、韓国の済州島にある石像。済州島の方言で「石製の爺さん」を意味する。 初めて制作されたのは、李氏朝鮮時代1754年頃とされている。平均高約180cm。 トルハルバンは、済州島の象徴であり、街の入口などに立てられ守護神と呪術的な宗教機能を兼ね備えている。

私はチェジュ島に行ったことがないので、トルハルバンさまの実物にはお目にかかったことがないのですが、結構ご長身でいらっしゃるのね・・・ :su1: 私がもらったのはお土産用のものなので、確か体長が20cmほどだったような・・・ :su2:

それにしても、いきなりこんなものを笑顔で渡されたら、普通、誰だってかなりドン引くでしょう :ooo: :ase: で、これをどうしたものかと考えた末、庭の木の下にさりげなくディスプレイしてみました・・・ :su1:

今日は昨日の話しの続きなのですが、昨日もお話ししたとおり、パワーストーンや、お人形って、受け取ってしまったものの、くれた相手があまり好きな人ではなかったり、もらったものが好みとは程遠かった場合、「はて、困った、どうしよう・・・ :angry: :ooo: 」ということになる可能性が高かったりするわけです :nageyari: 特にトルハルバンの場合などは、石でしかもお人形なわけですから、なおさらです :angry: :ase:

ちなみに、私がもらってしまったトルハルバンのその後なのですが・・・それからしばらくたって、たまたまチェジュ島に旅行に出かけた父が、当然ながら現地でこの有名なトルハルバンを発見、「おおお、これは確か我が家の庭にもいたぞ :poke-: 一体では淋しいだろう :su2: 」と思ったのか(おそらくそんなところでしょう :nageyari: )、なんともう一体ゲットして、連れて帰ってきてしまったのです :angry: :ooo:

心優しい父のお陰で(涙)、しばらくの間、我が家の庭には2体のトルハルバンが並んでたたずむことに・・・ :su1: あれ、でも、最近見かけないな・・・ :su1: きっと、父が飽きてしまったのでしょう。 もしやいまだ自宅のどこかにひっそりと隠れているのかもしれません。

えっと、すみません・・・ :nageyari: 今日のテーマは韓国の民芸品に関してのお話ではありませんでした :ase: 『もらったパワーストーンのネックレスをどうしたらいいのでしょうか?』という昨日のご質問に関してのお話しの続きでしたね :nageyari:

そこで、『もし「念が入る」とするならば、それはなにもパワーストーンに限らず、身の周りの物ならいろんなものが、例えば大切な思い出のものだとか、置物でも、着物でも家具にしても、何でも対象になると思うんですよね :su1: 』と、申し上げたのですが、どうでしょう、みなさんもそうお思いになりません? :su1:

いつも私は「何より大切なのは人の心」だと思っているのですが、結局、「物」にはなんの罪もないわけです。 以前の私の同僚で、頂き物のお菓子なんかに対して、「誰がくれたの?○○さん? :angry: そんならアタシ、食べないっ :iyaiya: :!: 」なんて言う人がいました :su1:

円滑な人間関係をわざわざぶち壊すタイプの人で、自分が気に入らないと思う人に対しては、あからさまに嫌悪感を表現してみせるタイプの方でしたから、一緒にお仕事をするのには、何かと神経をつかわなければならなくて大変でした。

ある時、その方が、「××さんが持ってきたお菓子なの? じゃあアタシ要らないっ :gaaan3 :!: 」そう言って、キレイに包装されたお菓子の包みごとゴミ箱にポイっと捨てたのを見た時には、思わず胸が締めつけられるような、切ない気持ちになったことがあります。

お菓子には何の罪もないのです・・・。 お菓子屋さんが心を込めて、丁寧に作っただろうそのお菓子・・・美しく包装された包みすら開かれることなく、ゴミ箱に投げ入れられたなんて、もし作った方が知ったら、一体どんな気持ちになるでしょう。

ただのお菓子とはいえ、その食材のひとつひとつにだって、たくさんの人の手がかかり、たくさんの愛情が込められているんです。 それなのに、買ってきた人がたまたま自分の嫌いな人だからって、「イヤだ、アタシ食べないっ :muki-: :!: 」って捨てちゃうなんて、なんという心が狭くて温かみのない人なんでしょうか・・・。

何度も申し上げますが、大切なのは人の心です。 基本的に、物には心はないでしょうが、人の気持ちでその物に心がこもるということはあるでしょう。 

「霊が・・・」というと、何だか恐ろしく、気持ちの悪いもののようにも受け取られがちですが、幽霊さんだって、もとは生きていた人です。 この世に形として存在するかしないかだけの違いで、生きている人の念にしても、亡くなった方の念にしても、人の心であることには変わりがないでしょう。

いずれにしても、その物自体がどうこうというよりも、結局は人の気持ちとか、人の心とか、人の念とか、あるとしたら、それだけなのではないでしょうか。 そして、何より大切なのも、守るべきものも、人の気持ちや人の心、人の思いだと、私は思うんです。

身に付けるものは好きな人(男女問わず)に頂いたものではないので、どんな気持ちで着けてよいのかわかりません。相手のお気持ちを考えますと重たいような…
着けずに置いておくのも石がかわいそうな気がして、このような場合どうすることがパワーストーンにとって一番よいのでしょうか?

というご質問でしたが、文面では「石のためにはどうしてあげるべき?」とお聞きになっているようで、お知りになりたいことは「パワーストーンって、特に相手の気持ちなんかがこもりやすいんじゃないですか? くれた方とは相思相愛ってわけではないもんで・・・ :nageyari: 」ということがご心配なのではないかしら・・・と私は勝手にお察ししております。

サクッと結論から申し上げると、正直こういったご質問はですね、完全に私の管轄外で :nageyari: つまり、Be-Beの鑑定をお受けになったほうがよろしいかと存じます。 完全に私の知識の範囲でお答えできる内容を超えているからなんですが、ただ、石の知識だけで申し上げるとすれば・・・(けして責任はもてないのですけど :hun:

物には何の罪もないわけです。 パワーストーンにだって、何の罪もないと思います。 ただ、くれた人の念がこもっていそうで、身につけるのを躊躇する・・・と思われるのであれば、わざわざそばに置いていらっしゃることもないかと思います。 もちろん、これはパワーストーンに限らずそうなさるのが良いかと思います。

お部屋の中にそのようなものが溜まってしまうのは、明らかに開運の妨げになりそうです。 私は、このブログを通じてご縁を頂けた全てのみなさんに、大切な読者のみなさんのお一人お一人に、幸せになって頂きたい :happy: :!: といつも願っています。

ですから、開運の妨げになるようなことは、たとえ小さなことでも、けしてお勧めしたくありません :su1: :!:

もし、「くれた方は好きな人ではないけれど、もらったものはとっても素敵で気に入ってるの :smile2: 」というものならば、それはお手元に来るべくしてやってきたものなのでしょう :smile1: プレゼントされた物自体には、何の罪もないわけですが、気になるならばきちんと浄化をなさって、お使いになれば良いかと思います :smile1: :kirakira:

また、このようなケースのように、受け取ってしまったものの、どうしたらよいのか迷ってしまうようなもの・・・例えば昨日の話しではないけれど、お人形だとか、神社仏閣のお守りなんかもそうだと思うんですよね、差し上げる側は本当に親切で、よかれと思って選んでいたり、とても気軽に深い意味はなく、差し上げているのだと思うんですが、これってただの自己満足や、親切の押し売りになってたりしがちです。

こういうものは、相手がとっても親しい方で、それが「本当にその方のために必要なもの」であったり、「間違いなく喜んでもらえる」確信がない限り、気軽な気持ちで差し上げることは、(もちろん深い意味で思いをこめて贈ることも :su2: )やはりマナーとして避けた方がよろしいかと思います :su1:

この方のお手元のパワーストーンも、一番自然なかたちで納まるべきところに納まりますように。 そして今回このご質問を下さった方も、これからどうかますます運気アップなさってくださいね。 ご多幸をお祈りしております :happy: :!:

出来ましたら、本日の応援もよろしくお願いします :nageyari:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

しの12月 7th, 2010 at 9:19 PM

aya様

仕事が忙しくて、ご無沙汰してしまいました~☆

戴きモノは気持ち…ですよね!モノに罪はないと思うワタシは、誰からのモノでも使っちゃう(笑)差し上げる時は、さりげなくリサーチして…気に入って頂きたいですよね!

でも、今回の記事を拝見してて思ったのですが、以前Be-Be様が記事にされてた「ちょうだい!」のヒトって…逆に、要らんモノまで貰ってる気がする様な…

取り敢えずトルハルバン様が気になります(笑)肩コリに…確かにわかる☆

弥佑12月 8th, 2010 at 3:21 AM

aya様

私の質問にお時間を頂き感謝しております。

物には罪はない…その通りですね。

私も自分だけの大切な石に出会えるよう、aya様の作られる石を楽しみにしております!
写真からとてもいいパワーを感じることが出来ますので!

ありがとうございました。

aya12月 9th, 2010 at 1:23 AM

しのさま

物に罪はないですよね :smile1:
そして、何にしても不要なものは出来るだけ身の周りに置かない、背負いこまない :happy:
シンプルで身軽でいるほうが、楽に素敵に生きられるかも知れませんね :kirakira:

確かに、「ちょうだいちょうだい」の人って、わざわざエネルギーの弱まった、不要なものまで集めこんでいるような・・・ :su1: :ase:

aya12月 9th, 2010 at 1:30 AM

弥佑さま

こちらこそです~ :smile3: :heart2:
これからも、是非しょっちゅう遊びにいらしてくださいね :nikoniko:

これから運命を感じる石との出会いを体験なさいますように・・・ :kirakira:
石との出会いは、金額の大小ではなく、お互いに惹かれ合うような感じがありますよ :happy:
人間同士とあんまり変わらないかもです(笑)

Leave a comment

Your comment