開運☆パワーチャージ♪ 宮崎編

高千穂では朝のうちに「天岩戸神社」に参拝いたしました :smile1:

みなさまもご存知の、かの天照大神が天岩戸に閉じこもってしまわれて、世の中が真っ暗闇に包まれた・・・という神話の天岩戸があるところです。 
今日では芸能の神様とされる天鈿女命(アメノウズメノミコト)が岩戸の前で舞い、天照大神が外の様子を覗いたその時に、今だとばかりに田力雄命(タヂカラオノミコト)が開いた岩戸を投げ飛ばしました。 この雄雄しい田力雄命は今日スポーツの神様でもいらっしゃいます :smile3:

この岩戸の一枚は、なんと長野県まで飛んでいったといわれています。 長野県の戸隠神社は屏風のような岩山のふもとに建てられていて、それが天の岩戸だという伝説があるのだそうです。 (驚くことに地質学的に、そのあたりには存在しないはずの岩があるのだそう :!: ) 
そして岩戸のもう一枚はというと、宮崎の阿波岐原へと飛んで行ったのだそうです。 さて、次に私達が目指すのはその阿波岐原 :smile1:

阿波岐原へ進む道。

 ← 舗装のされていない森の小道を進みます。 

少し歩くと小さな神社があります。 そのあたりが阿波岐原。

そこから今度は松林の中を進んでゆきます。 向こう側は海なのですが、松に囲まれて見えません。 しんとした静かな所です。
松林の間には椿の木もあって、丁度今が満開でした。 雨上がりで、椿の花びらも輝いて見えます。

 

 ← 白椿さん
ピンク椿さん → 

小鳥の声が聞こえるだけで、とても静かです
しばらく歩いていくと、からりと視界が開け、目の前に禊池が広がります。

イザナミの神に逢いに黄泉の国まで行ったイザナキの神が、戻ってここで穢れを洗い清めたと言われる禊池。
とても強いパワースポットなのだそうです。

             

季節には、スイレンの花が夢のように水面に開きます。

さて、3泊目。 この日のお宿はシーガイヤリゾートホテルのコテージです。

お部屋に着いたら、、ゆったりとしたバスタブに、ラベンダーの入浴剤を入れてゆ~っくり浸かりました :happy:

旅行中の週間天気予報では雨でしたが、幸いこの日も移動中には雨に降られず、その晩は深夜から、雷雨になったものの、また翌朝にはすっかり雨も上がってくれました。 何よりも、暖かさにびっくり :komatta: :!:

福岡を出発したときは小雨で寒い日だったので、私達はダウンのコートやニットのロングマフラーと、防寒対策万全でした :nageyari: でも、この暖かさではコートを脱いだところで汗だくです・・・ :ase:
そんなわけで、朝食を摂ったら、まずはBe-Beとお洋服を買いにお出かけしました :smile1:

この時期、宮崎にはプロ野球チームやプロサッカーチームがキャンプに訪れます。 丁度、同じホテルにも選手の方が宿泊していらっしゃいましたが、この暖かさですものね、わざわざ宮崎までいらっしゃるのも納得 :happy: みなさん、あの暖かい土地で、きっといいトレーニングをなさっていることでしょう :kirakira:

本日の :down: ぽちっともよろしくお願いします :happy:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

kantsuki3月 3rd, 2009 at 9:50 PM

Ayaさん、こんばんは :star:
今朝、広島が銀世界でしたが帰ってきたら東京も雪でした :yuki:
昨日ケイタイからまたチャレンジしましたが
健闘むなしく :sad: コメントはまたどこかへ行ってしまったようです・・・
なので、気をとりなおして :onpu:
長野の戸隠神社のお水を取り寄せることがあるので
そんなお話があったとはびっくりしました :idea:
普段、何気に通っている近所の神社仏閣にもいろんなお話があるんでしょうね。
ちょっと知りたくなりました :happy:
今回もたくさんの素敵なお話、ありがとうございます :heart:

そして・・・オヤジ並みに野球好きの私には今の時期の宮崎訪問がうらやましくてなりません :love: :love: :love:

aya3月 3rd, 2009 at 10:14 PM

kantsukiさま

戸隠神社のお水がお取り寄せできるのだとは :!:  なんと耳寄り情報 :love:

そうそう、いましたよ、宮崎にはわんさとプロ野球選手の団体さんが(笑)
宮崎の青島神社には、選手の方たちが奉納した絵馬がたくさん :nikoniko: 有名な選手のお名前がずらりとならんでます :smile3:
宮崎の神様は忙しいですね(笑)

Leave a comment

Your comment