前世の不思議 過去に生きる人

宮崎に行くといつも思います。 実は私はこの土地で生まれ、歩き始めた頃には父の転勤でその地を離れているので、宮崎にいた記憶は何もないのです。

ですから、久しぶりに訪れてみると、懐かしいという感覚よりも、むしろ違和感を感じないという表現が的確といいましょうか、これは正直 「あ、なんだかここ、昔来たことがある :smile1: :!: 」 という、デジャヴのような感覚ではないことは確かです。 もっと、懐かしい :kirakira: とか、なんだか知ってる気がする :smile1: とか、そんな感覚を体験してみたいのだけど。

東京が本社の会社に入社して、すぐに宮崎に赴任することになった父は、いわゆる転勤族でしたから、私が生まれてまもなく宮崎を離れたその後も、私たち家族は転居の機会が多いこととなりました。
 
ただ、不思議とこれまでに海のない土地には住んだことがなく、そのせいか、いつでも私は海を見ると妙に安心したりするのです。

以前ある方から、私は宮崎と、その海に関係の深い神様にご縁を頂いていて、生まれたときからその神様に、とても守られているのだと言われたことがあります。 さらに私の前世は 「巫女」 だったんだよと。 

生まれは宮崎だとお話しすると、その方はしばらく 「そうか、なるほど、ほ~そうか、は~なるほどねぇ :su2: 」 と納得を繰り返していらっしゃるので、人って生まれるときからあらゆる方面から、たくさんのご縁を頂いて、たくさんの助けを得て今日に至ってるんだなぁ・・・なんて改めて感じたものです。

意外に思われるかもしれませんが、私は 「前世」 というものを全く否定しませんが、全く意識もしていません。 これもまた不思議なもので、例えば前世は 「巫女」 だったと言われても、「あ、なるほど、そんな気がする」 というデジャヴのような感覚というより、同じくただ何も違和感を感じない、という感覚です。 もっと詳しく言うならば、当たり前のことのようにすんなりと受け入れられる、というカンジでしょうか。

ところで、Be-Beも時々言っていることですが、占い師さんなどからご自身の前世について何か聞かされ、それに対してとても意識をなさったり、こだわっていらっしゃる方ってわりと多いのですよね。

私の存じ上げている殿方は、たまたまお目にかかる機会のあったある有名な霊能者の先生から、いきなり 「あなた、かなりのオンナ好きでしょ :poke-: 」 と言われたことがあるのだとか :nageyari:

私が存じ上げている限り、その方はかなりのオンナ好きでいらっしゃるので(苦笑)、思わず 「当たってるやんっ :nikoniko: :!: そうですけど何か?って言った? :smile3: :?: 」 と、大喜びで質問してしまいました。

彼は、「いや、『どうしてですか?』って聞いた・・・ :ooo: 」 と苦笑しながらも真面目に答えました。

その霊能者の先生のお答えを、まぁ、かいつまんでお話しすると・・・ 彼は前世でいわゆる隠密だった。 非常に重要な使命を受け、ある土地からある土地まで(これはとても具体的な地名を挙げていた)行かなければならなかった。 でも女性と関係をもつと、使命が果たせないから(つまり情報の漏洩を危惧したわけですね)彼は隠密として、相当な禁欲生活を送ったのだと。

「なるほど、だから現世で我慢した分を取り返そうと、今頑張ってるわけやね :deredere: :shuku: 」 私は妙に納得しました。
「うん、そういうことらしい・・・ :ooo: 」 彼も否定はしませんでした。

へぇ・・・面白いお話だこと :smile1:  前世で果たせなかったことを、現世で果たそうとする。 確かに建設的だし、理にかなっています。 自分に課せられたテーマがあるとしたら、生きる意味もあるし、それに取り組むことが今の課題であるならば、確かに人生の目的もあるというもの。

ところが、その殿方が、別の時にまたポツリと言うのです。 「オレの前世、ハワイのフラの先生だったらしい。 だからオレって異常にハワイが好きなんだな、きっと :su1: 」 
:!: :angry:  隠密はどうなったの、隠密は :nageyari: :?:

彼の解説によると、人は過去に何度も生まれ変わっているから、前世が何回もあって不思議ではないのだと。 彼の場合は過去にハワイのフラの先生を3回続けてやったし、フランスだか、ドイツだかでは有名な映画監督か何かだったこともあるらしい。 

もうこのあたりで私は真剣に彼の話を聞く気がなくなってきたのでちゃんと覚えていないのだけれど・・・そもそも私は彼の遠すぎる過去が何をやっていた人でも、どうでもいいわけなのです。 だって、私の目の前に今存在するのは、隠密でもハワイの人でもない、彼そのものです。 そっちのほうが大切です。

彼は何かにつけ 「『前世』がそうだったからなんだな~」 と、いつでも不思議な納得を繰り返していて、しかも今世には何の意味もないしやる気もない、生きているのも面倒くさいと口癖のように言います。 何しろオンナ好きな方ですから、今現在、仲良くしている女性は常に何人かいらっしゃるのだろうけど、過去に大好きだった女性のことばかりよく思い出している様子。

彼は過去に生きる人なんだ・・・。 そんな気がしました。

今、自分の周りでかかわりのある人が、遠い過去にもご縁のあった人・・・というお話には、確かに不思議な魅力を感じます。

でしたら、過去がそうだったのだから、今もこうで仕方がない・・・のではなく、今世でそれを良いほうに変えていく、というテーマを与えられているということなのかも知れません。 そうでなければ人間、死んでもこの先、何度も同じことの繰り返し・・・そんなのつまんないですよ :nageyari:

その彼の周りの女性達も、今を生きている人たちです。 過去の人にならないと大切に思ってもらえないというのも、なんだか可哀想に思えます :hun:

私は今と未来に重きをおいていて、私にとっての過去が大切だと思えるのは、そこから何か教訓を得たり・・・それから、たまに懐かしい思い出に、にっこりしたり、時には少し胸がせつなくなったりする、あの感覚でしょうか。

これはみなさんそれぞれに、考えや思いが違うので、どんな考えが正しいという答えはないことですよね。 ただ、私は、過去を懐かしむこともたまにはステキな感覚を楽しめることだけど、今と未来について考えること、これもなかなか、わくわくする感触を得られると思うのです :smile1: :onpu2:

ところで今現在のお話なのですが、ブログランキングがどんどん下がってしまって、あまりに下がりすぎてもうやる気がなくなってきました :su2: (嘘)
 
「ブログランキング」 の緑色のボタンは、この下と、ブログのページ、右上にもひとつございます。 どちらのボタンでも構いませんので、一回「ぽちっと」押して頂き、わたくしのモチべーションアップにもご協力くださいませ :sad:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (4)

礼子11月 25th, 2008 at 12:22 PM

Ayaさま

 こんにちは :onpu2:
Ayaさまのブログを楽しみにしている読者がここにおります :niko: :heart2:
ブログを読んでいると、優しい気持ちになれます :heart:
毎日の更新でなくてもいいですから、これからも続けてくださいね :peke:

aya11月 25th, 2008 at 2:45 PM

礼子さま :smile2:

わ~い :heart2:  嬉しい・・・ :sad: :heart2:
その暖かいお言葉で、とってもやる気が出てきました。 ありがとうございます(涙) :happy: :kirakira:

ゆみ11月 26th, 2008 at 7:07 PM

先程 ブレスレットが届きました :niko:
見ただけで癒されて・・ ほんと感激です
石は出会うべきして手元にやってくるというのは本当なんですね :happy:
主人のが届いたときはこんな感動なかったのに・・
手書きのメッセージカードも すごくうれしかったです :heart:
本当にありがとうございました :!: :!:

aya11月 26th, 2008 at 9:29 PM

ゆみさま :!:

強力パワーチャージをすませたばかりの石が、早速ゆみさまの癒しにとりかかっているようですね :kirakira:
頑張っておくれよ :!: 石ちゃんたち :smile3: :onpu:
石との出会いは偶然ではなく、石もちゃんと人を選んでいます。
とっても頑張ってパワーを発揮すると思います。
ゆみさまのご開運をお祈りしています~ :nikoniko:

Leave a comment

Your comment