浮気を繰り返してしまうタイプについて

浮気をする人についてのお話し、今日で3日目になっちゃいました(笑) なにしろ、「とにかく刺激を求めて、どうしても浮気を繰り返してしまう」という、タイプ2のことを語る前に、「勝手にモテちゃう人」の話が長くなっちゃったのです :nageyari: (詳しくは昨日をご覧になってね :niko: )でも、まぁこれは、タイプ2と比較するのにも必要な寄り道でしたんでご勘弁を・・・ :smile3:

それではまいりましょう :su2: タイプ2の方は、どうやらパートナーとの関係に不満や問題があって浮気するわけではなく、本人自体に問題があって浮気を繰り返してしまうようです。 たとえ周りの誰もが認めるような素晴らしいパートナー恵まれていたとしても、浮気がバレて修羅場を経験したとしても、また浮気を繰り返してしまうのです。 しかも、本人にはあまり、罪悪感がない場合が多いように思います。

恋愛は一人ではできないわけです。 問題なのは、浮気をすることによって、パートナーや周りの人を傷つけたり、不幸にさせても、心から反省できなかったり、そのこと自体にきちんと問題意識を持てていなかったりすることだと思います。

浮気自体を軽く考えていたり、ばれてもパートナーが許してくれるものだと思い込んでいたり、あるいは、ばれた時に逆ギレして、パートナーに暴言を吐いたり、最悪の場合は暴力をふるったり・・・ということになっちゃうのも、このタイプ2の方が多いようです。

実は、「タイプ2」の人の中には深刻なケースがあって、浮気の原因はちょっとした「出来心」ではなく、もっと根が深いことがあるのです。 子供時代に、家庭環境に複雑な事情があったり、小さい頃に愛情面で受けた心の傷が大きく影響している場合など・・・ :(  このケースだと、パワーストーンや風水だけではとてもフォローしきれません。 是非、きちんとした専門家の手を借りることもお勧めしたいです。

幼い頃に受けた心の傷が原因で、どこかに「自分は愛されないんだ」という恐怖心をもっていたり、「愛する人に見捨てられたらどうしよう」という強い不安を持っていたりする人は、孤独に対して異常なほど怯えていて、常に複数の愛情を求めてしまうことになるようです。 浮気をすることで、安心感を得て、心の安定を保とうとしてしまうのです。

浮気や不倫がバレることに危機感を持っていないように見えたり、罪悪感が薄いように見えるのは、浮気をしても、まさか自分はパートナーと別れるなんてことは、全く考えていないからだったりします。 

あなたがパートナーとして、こういうタイプの方を支えながら、一緒に歩んでゆくことは、なかなか大変だし、かなりの覚悟がいることだと思います。

ですが、もしあなたが、心からお相手のことをかけがえのない人だと思えるならば、きちんとした専門のセラピーや心理カウンセラーなどの力も借りて、しっかりと支えて包んであげることによって(時間は必要とするでしょうが)、お互いの絆も深まり、本当の意味でのベストパートナーとして、人生を一緒に歩んでゆけるのではないかと思います :smile1:

さて、タイプ2のもうひとつのケースとして、過去に、深刻な心理的な傷を負ったわけではないのに、「浮気がやめられない」とか、「チャンスがあれば浮気や不倫をしたい」という衝動を抑えられない人、そして、そのこと自体にあまり罪悪感を持っておらず、どこか軽く考えているような人もいます。 こんな人の場合は、幼少期のトラウマではないにしても、やはり何か自分に大きなコンプレックスを持っている人が多いように思えます。 

このタイプは、浮気をしているという満足感で、そのコンプレックスが解消されたような錯覚を起こしたり、浮気が麻薬の作用をして、満たされたような気分になるようです。 本当に浮気相手を愛しているのではなく、こういう人の関心は、実はいつも自分自身に向けられているのです。 つまり、コンプレックスのカタマリであるのと同時に、自分大好きな自己愛のカタマリだったりします。

ま、言ってしまえば『中2病』のまま、大人になってしまったイタイ男の子なわけです。 これは正直イタイです :angry:
(※中2病:思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を小児病[1]とからめ揶揄した俗語である。 ウィキペディアより)

なにしろ気持ちは中学2年生ですから、浮気や不倫にもきちんとした問題意識を持っていません。 

私に言わせれば、中2病に感染したまま大人(オッサン)になってしまった人は、社会常識に疎く、社会的責任を軽く考えている人が多いです。 タイプ2にありがちな、会話をすると、どこか幼いという印象を受けるのが特にこのタイプです。 まぁ気持ちは中2のまま成長していないのですから、それも仕方ないかもですが・・・ :su1:

浮気をしてパートナーの信頼をなくすことや傷つけてしまうことも、不倫が発覚することで、最悪は離婚にまで発展することや、慰謝料、親権などの法的なことも、周囲の人を巻き込んで迷惑をかけるという社会的信用についても、現実的なことはどうも深く理解できていない人が多いというか、見た目は大人でも、なにしろ気分は「盗んだバイクで走り出す~ :onpu2: 」お年頃のままですから、社会の規律に反することに憧れる、夢見がちな少年なのです。 

注意しても、「行儀よく真面目なんてクソくらえだ :onpu: 」と思っていますから、これはちょっと性質が悪かったりします。 (中2代表、尾崎豊クンを知らないよい子は、お母さんに聞いてね :smile2:

私が個人的に考えるには、このタイプは甘えんぼちゃんが多く、中2くらいの子供が何でも大人のせいにしたがるように、大人になっても何でも社会のせいにしているような気がします。 コンプレックスから目をそむけ、自分の努力で克服しないことは棚に上げて、浮気することでイケメン気分にひたって、自分をごまかしているだけなんです。

きちんとしたパートナーがいても、ミクシィやフェイスブック、携帯ゲームなどを使って、必死で浮気相手を検索しちゃうのはこのタイプです。 「恋愛している自分」に満足するのが目的ですから、エッチしたい欲求を満たすのに、風俗などのお金で済む方法よりも、浮気の相手を探すほうを選びがちです。

彼女や妻のことも、母親の代わりにしか思ってないところがあるので、妻の妊娠中に浮気をしたり、妻が子育てに悪戦苦闘している時期に平気で浮気するのもこのタイプです。 とにかく自分自身が成長できていないお子ちゃまなのです。 

問題を起こしても、「ママが何とかしてくれるだろう :smile1: 」とか、「ママは許してくれるも~ん :smile1: 」と甘く考えていますから、思い通りにならないとすぐにすねていじけたり、ひどい時には暴言を吐いたり暴力をふるったりってことになるわけです :gaaan3

このタイプのことを詳しく語ると、まだまだもっと長くなってしまうので、またの機会にいたしますね :nageyari: ただ、こういう人をパートナーとして選んでしまった場合、あなたの苦労は目に見えています。 お母さんに徹する覚悟があるなら別ですが、自分が助けを必要とするときに、守ってもらうことや、包んでもらうことを期待するのはちょっと無理だと思います。 

パートナーの浮気には、時には寛容さも必要でしょう。 また場合によっては自分の接しかたを振り返り、反省することも必要かもしれません。 でも、お相手の浮気のタイプを見極め、適した対応や付き合い方そのものを考えることが一番大切なことのような気がします。

是非今日の応援もよろしくお願いします~ :smile3:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

ちこ3月 25th, 2012 at 9:49 AM

彩様

こんにちは!!

まさにドンピシャの解説です!タイプ2の中2病パターン!!

彩様、スゴすぎます!!

あぁ!そぅそぅ!!ってすごい納得でした!!

ワタシはまさに彼のお母さんになっていたんだなぁって思いました。

タイプ2中2病パターンの生態について…

特に別れた後の元彼女の扱いや、心理状態など…

(図々しくもリクエストしてしまい、スイマセン…)

また詳しくお話してくださるコトを期待しております♪

ありがとうございました!!

Aya3月 27th, 2012 at 2:30 PM

ちこさま

タイプ2の中2病パターンでしたか :ooo: :nageyari:
私にいわせれば、これが一番厄介かもです :su2:
タイプ2の中2病のケースは、自分のコンプレックスに向き合う勇気もなく、克服する努力もしない、甘えんぼちゃんが多いのが特徴です。
自分大好きで、マザコンな方が多いというのも特徴でしょう :su2:
リクエストにお応えして、またこのケースの方について詳しくお話しいたしますね :smile3:

Leave a comment

Your comment