愛の裏側

「愛情の反対語ってな~んだ? :smile1: :?: 」という質問に、「えぇっと~ :poke-: 友情・・・なわけないし・・・ってことは、憎しみかなぁ? :smile1: 」と答える方は多いかもしれません。 

答えは・・・残念 :!: 不正解 :smile1:
愛情の反対の言葉は『無視』なのだそうです。 確かに相手に関して無関心、興味を持たない、わかってあげようともしない・・・これは愛情の真逆と言えますね。

「あなたのこと、気にかけてるよ :smile1: 」 「いつも見てるよ :happy: 」 ということが、すなわち 「あなたのこと大好きだよ :nikoniko: 」 「大切に思ってるよ :happy: 」という愛情の証ってことなんですね :heart:

Be-Beの愛犬、うきわちゃんはとってもおとなしくて、吠えたり暴れたりしたことのないチワワです。 福岡の家に遊びに来ている時も、私がパワーストーンの製作や、メールの返信に没頭していて構ってあげられない時は、「ねぇ、オモチャ投げて :ukiwa: 」とか「おやつ食べたい :ukiwa: 」などとはいっさい言わず、おとなしくキャリーバッグの中に入ってじっと待っています :smile1:

ふとうきわちゃんの眼差しに気づいて、「うきわちゃ~ん :smile3: :onpu2: ゴメンゴメン :nageyari: 淋しかったねぇ :happy: 」と声をかけると、嬉しそうに尻尾をふりふり 「抱っこして~ :ukiwa: :heart: 」と寄ってくるのです。

そっか・・・愛情って、好きな人のことを「淋しくないかな :smile1: ?」と思う気持ちかも :happy:

子供のイジメの内訳に、最近では中傷メールなども加わったようですが(時代ですね :hun: ) やはり今でも圧倒的に多いのが、暴力的なイジメよりも「無視する」ことなのだそうです :ooo:

誰だって、無視されることはとても辛い :uuuum: たまらない疎外感。 さみしい気持ち以上に、自分が認められない、愛されていない :ooo: という気持ちは、他人から自分のすべてを否定されたような自信喪失と孤独感を味わいます :hun:

大好きな彼から 「メールのレスポンスがないの :sad2: 」 「電話してって留守録入れてるのに電話してこないの :ikari: 」なんて、そのせいで、つい不安な気持ちになってしまうというあなた :smile1:  だって、無視されるのは、愛情が足りないってことでしょ :sad2: って・・・まぁ、そのお気持はわかります。

だけど、あなたの愛情表現が、「私にかまって~っ :iyaiya: 」 とか、「愛してるなら、いつでも私のメールにはすぐに返信するものでしょっ :gaaan1: :!: 」 というような主張になっちゃうってのは、どうでしょう?

女性は、気持のつながりをとても大切にする生き物です。 これは太古の昔し、オトコ達は毛皮をまとって(多分)マンモスとかを捕りに出かけ、オンナは自然に生えている草や木の実を採ったりしながら(多分)、オトコ達の帰りを待っていた時代の名残りだといわれています。

つまり、洞窟などを住居とした集落を拠点とし、ある規模の集団生活をしないと人間が生きていけなかった時代に、女性どうしの、いわゆる井戸端会議によるコミュニケーションは、大切な生きる手段だったといいます。

つまり、共感性の低い女性は、周りからそれこそ無視される・・・本当の意味で生きてゆくことを否定されることだったわけですね :uuuum:

「昨日もね、うちの旦那がさぁ・・・ :muki-: 」 「ウチも同じさぁ、わかるわかる :smile1: 」ってな話しで数時間も会話できるのは、女性の脳にインプットされた共感性という、大切な本能なんですね。

ところが、男性の場合その間、 「よし :su1: 俺があっちから獲物を追うから、オマエはこっちからヤリで突けっ :iyaiya: :!: 」 「おうっ :gaaan1: :!: 」 とかなんとか言って、狩りに励んでいたわけだから、当然、的確な指示や、的確な解決方法を瞬時に考え行動に移そうという脳の仕組みになっています。

モタモタしていたり 「そういえば、昨日もウチのカミサンがね・・・ :deredere: 」 なんて言ってたら、仲間から置いて行かれるか、逆に獲物に喰われて死んじゃうわけです。

男は狩りから帰ってきたら、大急ぎで子孫繁栄の大仕事も済ませ(笑) 急いで眠って英気を養わないと、明日も命がけの狩りが待っているわけです。 

当然、「アンタ、3軒先の洞窟の奥さんがさぁ、亭主の浮気を疑ってんだけど、実際あそこの亭主は最近狩りに顔だしてるのかい? :smile1: :?: 」 なんて話に付き合ってる暇はありません。

「モシモシ~ :smile3: 聞いて~ :ase: 今日ね、同じ課のM子が寿退社だって辞表出したの~ :ase: 今でも忙しいのに、すぐに人を補充してくださいって言ったんだけど、部長が無理だって言うんだよね・・・ :sad: 」・・・とあなた。

「実際人手不足なら、派遣社員でも入れてもらうべきだろ、上司にちゃんと頼んだのか?」と、彼。

「え~、でも多分言っても無駄だと思うし・・・あ~あ、アタシも早く会社辞めたいなぁ :uuuum:
「いや、そんな問題じゃなくて、実際に一人じゃ負荷が大きいんなら、しっかり会社に対応を求めてだね・・・ :poke-:
「もういいっ :iyaiya: :!: :!: なんでアナタはいつも、わかるわかるってアタシの話し聞いてくれようとしないのっ :iyaiya: :ikari:

女性の得意な 「そうだよね~ :smile1: わかるわかる」 は、逆に男性には理解できないことだといいます。 男性の脳は 「解決案を考える」 というしくみになっているからです。

「ただ、わかるわかるって言って話しを聞いてくれればいいだけなのよ」 が通用するのは、若い女の子に鼻の下伸ばしてるチョイワルなオヤジくらいなものでしょう :nageyari:

「そっか~、わかるよ~ :smile1: キミはえらいね頑張ってて :happy: 」・・・とかなんとか、女の子の話にテキトーに相づちうちながら、(えっと~ここでメシ喰って、あとはホテルに行って・・・11時までに家に帰れば、カミサンには残業ってことでごまかせるな・・・ :su2: ) なんてこと考えてたりするわけよね :ase:

つまり彼らだって 「う~ん :happy: わかるわかる :smile1: 」 とテキトーな相づちを打っているだけで、話しの内容なんか聞いちゃいないわけです :nageyari: つまり、共感はしていないということになりますね :smile1: :ooo:

昔で言うなら狩猟の能力に長けた男性、今で言うなら仕事の能力が高い男性は、物事の重要性を瞬時に判断して、対応の順位を決めようとします。

だから、 あなたからの、「今日ムカついた事があったの~ :poke-: 」 なんていうメールは、彼にとっては重要レベル低・・・返信の必要なし :su2: という判断

「オハヨ :heart: 今日は忙しいの? 頑張ってね :nikoniko: 私もガンバル :happy: 」 的なメールには 「はいはい忙しいですよ~ :su1: 俺もガンバル」 の独り言で終わり :ooo: :nageyari:

そもそもオトコとオンナは脳の作りが違うんだから、「無視された :gaaan1: つまり、愛されていないのねーーーーー :sad2: 」 と、単純には結び付けられないところが恋愛の面白いトコロでもあるわけです :happy:

愛情は、「寂しくないかな?」 「疲れてないかな? :smile1: 」 と相手のことを気にしてあげられるってこと思えば、彼からの連絡を待つのも大してつらい時間じゃないかもしれませんね :happy: :star:

Be-Beの鑑定と、№8のブレスレットのコラボ企画、「ちょっと気になるかも~ :smile1: 」 と思われる方は、是非とも無視せずまずは「お問い合わせ」を・・・ :smile2: :heart:

本日も愛情溢れるぽちっとをお願いいたします :nikoniko: :onpu:

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

かほ6月 16th, 2009 at 10:04 PM

Ayaさんはじめまして :heart:

いつもAyaさんのブログを楽しみに拝見させて頂いてる隠れファンですが、今回勇気を出して初めてコメントさせて頂きました。

Ayaさんのブログ、とっても勉強になる事が多くて‥ :star:

これからもAyaさんの益々のご活躍を陰ながら応援しております。

突然失礼しました :happy:

aya6月 16th, 2009 at 10:38 PM

かほさま

初コメントありがとうございます~!! :kirakira:
ホントホント?? ためになっちゃってます??? :iyaiya:  
嬉しいです~ :nikoniko: :heart: そう言っていただけると張り切っちゃいます :!:  ←単純 :nageyari:

これからもどうぞよろしくお願いいたします :happy:
これを機に、しょっちゅう遊びにいらしてくださいねっ :smile3: :onpu2:

Leave a comment

Your comment