年賀状のマナー

今年もあと10日になりました。

30日、31日は、毎年おせちの支度にかかりっきりなので、気分的には今年はあと8日かな。

付箋のToDoリストに、やらなくちゃいけないことを書いて、済んだものからチェックを入れていまきます。 

自分のやるべきことをリストアップしたものを、消し込むときの達成感はちょっとした快感なんですよね♬

だから、小さな用事でもあえてリストに書き出すようにしてるんです(笑) このちょっとした快感を、できるだけたくさん味わいたくてね(笑)

で、今の段階で最優先なのは父と母の年賀状作成。 

これ、いつも、自分の分は後回しにして、父と母の分を先にやるので、私は毎年、年末のギリギリになって、真夜中に大急ぎで自分の分をやる感じです。 まるで夏休みの最終日に半べそで宿題をやる子どもの気分なんですよね(笑)

父は毎年、かならずその年の干支の柄を入れるのが彼のルール。 母は逆に、ハガキを横に使い、可愛らしい縁起物の柄を入れるのが彼女の好みです。

毎年やっていると、二人の好みはすっかり熟知しているので、毎年12月に入ると、それぞれの年賀状のデザインを(勝手に)決めて、サンプルを印刷したものと、父用と母用の住所録を印刷したものをそれぞれに手渡しておきます。

両親は、この時期届く、喪中欠礼のハガキが届いた方など、今回年賀状を出せない人にチェックを入れて、住所録を私に戻します。

それをもとに、私はいよいよ年賀状の印刷に入れるわけね。

実は数日前、私と妹のBeBeの祖母の命日でした。 祖母が他界したあの年の暮れは、ものすごく寒い冬で、福岡でも珍しく、12月のうちから雪がたくさん降った年でした。 

お葬儀を済ませてから、私は慌てて喪中欠礼のハガキを印刷し、大急ぎで両親と自分の関係者に送ったのを覚えています。 その時はもう、あと数日先に大みそかが迫ってきたという時でした。

そんな自分の経験もあるので、やはり年賀状の用意は、なんだかギリギリまで取り掛かれないのです。

知らなかったとはいえ、お身内に不幸があって悲しい思いをされている方の元へ、「あけましておめでとう」のハガキは、できればお届けしたくないですから。

自分が経験したからわかるのですが、不幸な出来事…特に、身内を亡くしたという悲しい出来事があったばかりの時って、人は特に心が敏感になっているものです。 

知らずに年賀状を出してしまった場合には、年が明けてから改めて寒中見舞いを出して、お詫びのとお見舞いを申し上げると良いかと思います。

<例文>
「服喪中とは存じ上げず、大変失礼をいたしました。 
さぞかしお力落としの事とお察しいたします。 
遅ればせながら、心よりお悔やみ申し上げます。
時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。」

キーボードを打って送信すれば、ほぼ同時刻に相手に伝えたい文章が届く時代です。 あえてハガキでというのは、時代遅れだし、効率的ではないと思う方も多いかも。 

そして、子供さんの写真入りの年賀状にも、以前から賛否両論あることは、知的女子読者のマナ友ちゃん方は、みなさんご存じのことかと思います。 

お子さんをお持ちの方なら、「わが子の元気な姿をみんなに見て欲しい」という気持ちになられるだろうこともよくわかります。

でも逆に、つらい不妊治療中の方などにとって、子供さんの写真入りの年賀状に対してナーバスな気持ちになってしまうのは、仕方のないことだろうということも、私にはすごくよく理解できます。

子供さんの写真入り年賀状は、相手の立場や気持ちを考慮すること、それから特に、お仕事関係での上司の方や、目上の方など、家族ぐるみのお付き合いではない場合は、大人のマナーとしては、やはりお送りしないという方針が折り目正しい考え方だといえそうです。

もちろん、子供さんの成長を見て、一緒に喜んでくださる方にはお送りすれば良いでしょう。

家族写真だけでなく、文面にしても、誰にでもカジュアルな文章にせず、相手によって使い分けをすることを心掛けることが大切。 

こういう心遣いがやはりエレガントなマナーですね♬

いずれにしても(私の場合ですが)、なかなか会う機会はないけれど、一年に一度だけでも、新しい年を迎える機会に、「元気でいてくれてるんだな~」ってことがわかるから、そういう意味で、年賀状はとても良い習慣である気がします。←そのわりには毎年ギリギリ(恥) 

喪中以外でも、年賀状にはいろんなタブーがあります。

たとえば、「点」や「丸」の句読点を使わないこと。 つまり「あけまして、おめでとうございます。」というふうには書かないということね。

もともと、毛筆が主流だった古い日本の文章に、句読点がなかったということもあるのだと思うけれど、大事な理由は、「おめでたいことには区切りをつけない」ことがマナーだから。

他にも、「去年」という言葉を使わず、あえて「旧年中はお世話になりました」というのは、「去」という縁起の良くない言葉をあえて避けるためです。

年の初めのおめでたいことですから、縁起のよい言葉、縁起の良いものを使うということは、とっても大事な心配り。 不幸をイメージする文字や、マイナスな言葉は使わないようにしましょう。

年賀状は、とても親しいお友達や、家族ぐるみのお付き合いの方なら、子供さんの写真入りの年賀状もふくめて、自由でカジュアルな楽しい年賀状をどんどんお送りすべきだと思います♬

ただ、年賀状に限らず、自分の好きに自由なスタイルを選んでも、正式な形や、本来のルールは、やはり知っておくことが基本よね。

年賀状の本来のスタイルは、
1.賀詞 「謹賀新年」などの、新年を祝う言葉です。

2.謝辞 昨年のお付き合いやお世話になったことへの感謝の言葉

3.祝福や祈念 相手の方の繁栄や活躍を祝い、更なる発展や健康を祈る言葉。 今年も変わらぬお付き合いやご指導をお願いしますという言葉

4.新年の年号と元旦(一月一日)

という流れです。

謝辞の後には、近況を書き添えたり、何か心のこもった一言を添えると良いですよね。 本来は、送る相手によって、全て文面を手書き出来たら理想なんだけど(しかも毛筆で) やはり、なかなかそこまではできませんね・・・。

ゆくゆく、そういう時間をとって、相手の方にきちんとした年賀状を送れるような人になることが、私の理想…‼ さあ、頑張って準備しよう。

今日もご覧くださり、本当にありがとうございます。

「人気ブログランキング」・「天然石・パワーストーン ブログランキング」に参加しています! このボタンをクリックしてくださるあなたの優しさが、ブログをささえてくれます♡ どうぞ応援よろしくお願いします‼



来年 2019年版の「超開運風水暦」が発売されました。

お求めははこちらから



鮑義忠先生のブログ「道教法師鮑義忠」

♡妹のBeBeのブログ「be beaniのコソコソ話」

♢開運裏ブログ(アメブロ)「石つかいAyaのブログ -Seeds of Happiness-

☆是非お目通しくださいませ



.:*゜.::.*゜ あなたのためにできること .:*..:。:.::.*

スマートフォンでご覧の方は、左上の『MENU』を開いてみてくださいね♬ ご案内が出てきます。

あなただけのオリジナル開運ジュエリーをお作りします

開運ジュエリーオーダーのご案内
あなただけのオリジナル開運ジュエリーをお作りします。

◆ パワーストーンブレス
◆ 開運ジュエリー(ネックレス・ピアス etc…)
◆ 開運アクセサリー
(携帯チャーム・バッグチャーム・キーホルダー etc…)
◆ オリジナル開運アイテムプロデュース
(風水開運財布 etc…)

p1050019-300x225
(写真の風水開運財布は期間限定の予約販売です)

過去の作品の一部をギャラリーでご紹介しています。

”4Pillars of Destiny(四柱推命)鑑定の扉は、いつでも開いてあなたのお越しをお待ちしております

4Pillars of Destuny(四柱推命)鑑定のご案内
学問として最も高い的中率を誇る「4Pillars of Destiny(四柱推命)」による開運アドバイスで、あなたの運気アップを応援します。
あなたのパーソナル開運アドバイスが詳しく書かれた”オリジナル鑑定書”が届きます。
(※鑑定の際には、生年月日、生まれた時間、生まれた県、性別 をお知らせいただく必要があります。)
くわしくはコチラをご覧くださいませ。【新しく生まれ変わります】

オーダーや鑑定に関するお問合せ

◆よくあるご質問はQ&Aでご紹介しております。

◆過去の作品の一部をギャラリーでご紹介しています。

◆彩 監修 占いアプリ【本気で恋叶うキセキの恋愛占い-彩(Aya)】(iPhone)

.:*゜..:。.::.* ..:著書のご案内です.:*..:。:.::.*.:*.:*

img_8108-4.jpg
超開運風水暦 2018年版  鮑義忠・BeBe・Aya著
【吉日に貼るだけ! ご祈願シール付き】
吉日と吉方、凶日と凶方がひと目でわかる風水方位盤
/風水カレンダー/風水日程表365日
自由国民社

十二神将占い
あなたの運氣を劇的に高める
十二神將占い+六神獣パワー  鮑義忠・BeBe・Aya著
【巻末付録】《十二神將守護符12枚、
六神召喚護符6枚、悪因解消符1枚》
VOICE社

龍神さま開運手帖
龍神さま開運手帖 鮑義忠・BeBe・Aya 著
龍の力で幸せに近づく!はじめてのハンドブック
【特別付録:特性龍神図&護符】
自由国民社

o1512223713773199552
龍神召喚の書 鮑義忠・BeBe・Aya 著
あなたの人生を大きく前進させる「龍」のチカラ
【巻末付録】龍神さまのご加護が受けられる「龍神召喚の護符」45枚付き!
VOICE社



どうぞよろしくお願いいたします。

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Comments (2)

itaeya12月 21st, 2018 at 10:29 PM

Aya様御姉妹も暮れの不幸の御経験者でしたか。
私も祖父が亡くなった年の暮れ、12/30朝に突然死した遠い親戚(私にとっての何なのか最早分からず–;)が居まして、31日に告別式をし、年が明けました。
大晦日も元旦も、そんな心境でも無いですし、色々滅茶苦茶だった事を記憶しています。

今回の記事も、とても役立つ事が網羅されていますね。

処で、前の記事のコメントへの返信ですが…

…閻魔様が地蔵ですって!!?? @@;

何かもう、とんでも無く大きな物が逆さになった様な衝撃です。汗

Aya12月 22nd, 2018 at 1:24 AM

itaeyaさま

本当に、暮れってただでさえ気持ちが慌ただしいのに、
そのうえ不幸があるなんて、もうワタワタしちゃって何が何だか…。

そうなんですよ、私も道教の閻魔様が日本では地蔵菩薩と知った時は
「えっ!どゆこと??」って一瞬混乱しました。

Leave a comment

Your comment