あなたはお花

先日、東京でお会いした、大切なお友達に教えていただいた本が届きました。

風水などの専門書には、文庫本になっているようなものはまず存在しないので(というか、日本語の本自体があまり存在しないのですけど)、ハードカバーの本は、わりと普段から手に取り慣れているものではありますが、教材や文献以外の「読み物」としてハードカバーを買うのは久しぶりのことです。

この本は、今週末から出かける関西セミナーの新幹線と、ホテルのお部屋でゆっくり読もうと思って楽しみにしています♬ 

なにしろその前にやらないといけないことがてんこ盛りなので、すぐに開きたい気持ちをぐっと抑えてます(笑)

「強く、しなやかに ―回想・渡辺和子-」

ノートルダム清心学園の理事長をなさっていたシスターで、大ベストセラーの「置かれた場所で咲きなさい」の著者だと言えば、「ああ、あの本の!」と思い出される方も多いかも。

その「置かれた場所で咲きなさい」という本は、私もかつてから、評判になっていることは知っていたのですが、なかなか読む機会がなかったのですね。

で、数年前のある日、待ち合わせの時間までの暇つぶしに立ち寄った書店で、たまたま見つけて手に取り、何の気なしに購入したのでした。

人としての、とても当たり前のことが書いてあるのですが、どれもが新鮮な気付きを与えてくれることばかりです。

一瞬、「そうよ、その通りよ。 そんなの知ってる、分かってる」と思ったりすることもあるのだけど、じゃあ、最近の自分って、ちゃんとそれが出来ている?と自分に問うと、「いや、ごめんなさい。 わかっているのにやっていませんでした。」と思えることが多くて(恥)

それから、実はわりと最近まで、私のバッグの中にはいつも、この「置かれた場所で咲きなさい」の本が入っていて、移動の電車の中や、ちょっとした空き時間の合間には、すぐに読みかけのページを開いていました。

ある時、駅前のカフェで仲良しの殿方を待っていた時、この本を読みながらエスプレッソを飲んでいたら、私を見つけて近づいてきた彼が、

「女性が本を開いてる姿って、なんかいいよね。 スマホをのぞき込んでるよりも、ずっと雰囲気が素敵に見える」と褒めてくれたので、

「あらヤダ!そぅお?嬉しい‼」な~んて、素直に喜びつつ…。

確かにスマホより、本のほうがずっと理知的に見えるよな~なんて思ったのだけど。

でもきっと、この本の内容が、とても心を優しく穏やかにしてくれるから、もしかすると、私が普段よりも優しい表情をしていたのかもしれないなぁ…。 とも思ったのでした。

自分に自信が持てない方
頑張ってるのに報われないと心がくじけそうな方
今の在り方で良いのか迷いのある方は、
是非、この本を読んでみてください。

修道女の方がお書きになった本ですから、確かに「キリスト教の宗教色が強い」という感想をお持ちの方がいらっしゃるのも当然かと思います。

ですが、本来、宗教という概念で特別視せずとも、どの宗教も人の心の在り方や、生き方、他人に対する思いやりや配慮などを伝えるものであって、みな本質は同じ、どれが正しくどれは邪道だと区別するものではないような気が私にはしています。(もちろん、怪しい新興宗教や、穿った捉え方を伝える教団などは除いて)

大切なのは「人のために進んで何かをする」こと。
「人に迷惑をかけない」からもう一歩進んで、
「手を差し伸べる」気持ちが愛の実践につながる。

と、読む人によっては「ただのきれいごと」だと聞こえるような言葉も、心を素直にして耳を澄ませて聞こうとすれば、とてもシンプルに腑に落ちるはずです。

人に迷惑ばかりかけている自分が嫌いだと思えば、まずは人のために何かしようと思わずに、迷惑をかけない自分になる努力をすることが先だ…という気づきがあります。

人のためにばっかり頑張っていると思える自分に、嫌気がさしている人は、「私は誰にも迷惑をかけず、一歩進んで人のために愛を注げている」と、自分に自信を持つことが出来ます。

「置かれた場所で咲きなさい」という、「置かれた場所」という言葉は、「自分はけして、こんなところに居たいわけじゃない‼ 自分を発揮できる場所は、こんな所じゃない‼」
「何も居たくてこんな場所にいるわけじゃないんだ‼」と、現状にままならない大きな不満を持った方にとっては、もしかすると不快に聞こえるかもしれません。

でも、ちょっと視点を変えてみてください。 例えば、私にとっての「置かれた場所」というのは、まさに「環境」。 つまり風水で言うと、「天の運」に当たるものです。

あの両親がいて、あの妹のBeBeがいて、私は今、ここでこんなふうに生活している。

たくさんの素敵なクライアントに恵まれ、先週に引き続き、今週も、「楽しみです~♬」と、私のセミナーを心待ちにしてくださっている大好きな受講生の方々がいてくださる。
(8月19日関西セミナーのお申し込みは締め切りました。)

その環境(宿命)の中で、しっかりと花を咲かせること、咲かせるために力を尽くすことが大事なんだと思うのです。

あなたはお花です。 どうか置かれたその場所(環境)で、堂々と自信を持って美しく咲きましょう。

さてさて、昨日からお盆に入りました。

最近私の周りに、わりとご自身が無宗教であるということをあえて強調するかのように仰る方がいらっしゃることがちょっと気になっているのだけど、ご自分にたとえ信仰心がなくても、心の支えとなる神や仏がいないとしても、ご自身の生まれ育ったお家や嫁ぎ先のお家代々の宗派と、あなたの生きる信条とは、全くの別物です。

ご自分が宗教的なものに否定的だからと言って、ご先祖様のご供養にも無関心だったり否定的だったりするのは、それは私は違うと思います。

お盆のこの時期、どのようなスタイルであれ、ご先祖さまやお亡くなりになった身近な方々を思い出し、懐かしんだり感謝の気持ちを持つことは、とても大切なことであるような気がします。

先日、東京でお友達に頂いた絵本、「ねこの絵集」です。 庭園美術館にお出かけになった際に見つけて、私のために買っておいてくださったのだそう。 嬉しいな~♡

眺めるだけで、自然と笑顔がこぼれてとっても癒されます。

いろんな猫さんがたくさん。

たくさんの猫さんたちの中から、庭ネコのシロちゃん、クロちゃんに似た子をつい探してしまいます(笑)

このページは特にお気に入り。 鮑先生の愛犬ちゃんに、ちょっと似た可愛い子も見つけました♡

日本の浮世絵も乗っていますよ。海外の猫さんと比べて、明らかに画風は変わりますが、をれがまた際立って魅力的‼ 赤い首飾りが粋ですね♬

お盆の過ごし方や注意点などは、アメブロのほうでご紹介しております。 後ほど、最新投稿しますので、どうぞお楽しみに!



今日もご覧くださり、本当にありがとうございます。

ポチっとクリックして応援してくださいね‼
「人気ブログランキング」・「天然石・パワーストーン ブログランキング」に参加しています! このボタンをクリックしてくださるあなたの優しさが、ブログをささえてくれます♡ 

Please click these Ranking buttons♪
人気ブログランキング にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
関連記事もどうぞ♪

Leave a comment

Your comment